2016年11月26日 建物捜索訓練(東京都町田市)


2016年1月より毎月定期開催させていただいている『東京映像美術株式会社』本社社屋を使用した建物捜索訓練を実施しました。

  • 実施日時:2016年11月26日(土) 9:00~15:30
  • 会  場:東京都町田市
  • 参加頭数:7名/救助犬6頭
  • 協  力:東京映像美術株式会社/東京Mix株式会社

↑↑この階段を上がったら・・・
↑↑ものすごく楽しいことが待っている!と考えて首を伸ばす犬たち。
↑↑新しい「救助犬候補生」も室内練習に初参加。まだほんの幼稚園生のこの時期に、ていねいに「人との作業」のベースを作ってゆきます。
↑↑小さな先輩犬。体格を活かし、マットレスで覆われたヘルパーのもとへたどり着きました。
↑↑室内でのコンスタントな練習の成果として、足場の悪い場所でも精緻に鼻を使い、告知することができるように成長してきました。


東京映像美術株式会社社屋での15回めの定例建物捜索訓練です。

前回に引き続き、障害物の設置を変化させ、単に障害をクリアするだけでなく、犬たちに考えさせ、頭を使わせるセットとしました。
また、異なった条件の中でもしっかりと鼻を使い告知することを学習できるよう、設置物の工夫で新しく「暗い空間」を作ってみました。

救助犬の作業を作り上げる過程で、さまざまな「経験」をさせることは大切ですが、すべての条件を経験させることは不可能です。そこで「経験」ではなく「学習」に重きをおいたセットを組むことを、訓練者が頭をしぼり心を砕いて工夫してゆきます。
その「工夫」のためには、このような室内や瓦礫の環境をご提供いただくことは、大変にありがたいことです。

会場と機会をご提供下さいました東京映像美術株式会社ならびに今回も細やかなご配慮をいただきました施設管理スタッフの皆様に感謝申し上げます。


▶株式会社東京映像美術HP→こちら













































.