2016年8月13日 建物捜索訓練(東京都町田市)


毎月第2土曜日に定期開催させていただいている『東京映像美術株式会社』本社社屋を使用した建物捜索訓練を実施しました。

  • 実施日時:2016年8月13日(土) 9:00~15:30
  • 会  場:東京都町田市
  • 参加頭数:5名/救助犬3頭
  • 協  力:東京映像美術株式会社/東京Mix株式会社

↑↑練習では、この棟の2、3階部分全体を自由に使用させていただいています。
↑↑自分の犬は、コマンドと同時に弾けるように捜索に向かっているか。捜索スキルの向上以上に、犬の表現の観察と判断に神経を注ぎます。
↑↑一見簡単そうですが、換気扇やヘルパーの位置などから、犬が自信を持って告知するまでに時間がかかるセットとなりました。
↑↑難しい捜索作業を完遂した犬の姿には充実感と自信が漲ります。ハンドラーはさまざまなアプローチから犬がそのような表現をすることを目指します。
↑↑暑い中での作業を終えた犬の身体を、しっかりと冷やします。この犬は小さいながら暑さに強く、まだまだ作業し足りない様子です。


東京映像美術株式会社社屋での11回めの定例建物捜索訓練です。
前回の訓練内容や反省点をふまえ、セットを組み立てました。
たとえ同じセットであっても、気温や気流、犬の学習などの条件により、犬の挙動には変化があらわれます。同じ場所、同じセットを使用しての練習には、犬とハンドラーの成長にとって、大きな意義がある、ということが確認できる内容となりました。

会場と機会をご提供下さいました東京映像美術株式会社ならびに今回も細やかなご配慮をいただきました施設管理スタッフの皆様に感謝申し上げます。


▶株式会社東京映像美術HP→こちら













































.