2016年5月14日 建物捜索訓練(東京都町田市)


『東京映像美術株式会社』本社におきまして、運用中の社屋を使用した定例の建物捜索訓練を実施させていただきました。

  • 実施日時:2016年5月14日(土) 9:00~16:00
  • 会  場:東京都町田市
  • 参加頭数:5名/救助犬4頭
  • 協  力:東京映像美術株式会社/東京Mix株式会社

↑↑ヘルパー(仮想被災者役)が隠れ場所に向かいます。犬たちはこの光景を見ていますが、過剰に興奮することはありません。
↑↑練習では、犬が自信を持って捜索に向かうことを大きな目的の一つと考え、組み立てて行きます。
↑↑今回新たに設けられた隠れ場所にひそむヘルパーを発見、確認する若い犬。
↑↑床に設けられた上蓋から立ち上る匂いは高い場所にわだかまるため、経験の足りない犬には特定が難しい捜索となりました。
↑↑出入り口の障害物を乗り越え、ドアの隙間から空気を吸い込んで匂いを確認し、自信を持ってアラートしました。これはドアをあけてヘルパーに褒めてもらっているところです。

本年より定期実施させていただくこととなった、東京映像美術株式会社社屋での建物捜索訓練です。

使用場所は前回と同じですが、荷物の配置などで条件が変わっていたり、新たな隠れ場所が設けられたりと、新しい要素も加わりました。また、継続的な室内練習の成果で、犬たちの鼻使いが安定してきていることも確認でき、有意義な練習となりました。

会場と機会をご提供下さいました東京映像美術株式会社ならびに今回も細やかなご配慮をいただきました施設管理スタッフの皆様に感謝申し上げます。


▶株式会社東京映像美術HP→こちら













































.