※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勇者  「どうぐ、全部僕が持っちゃって悪いね」
魔法使い「べつに。私がどうぐを使わせるまで待っていると思ってます?」
勇者  「それもそうか」
魔法使い「それじゃ…」
勇者  「うん…」

勇者  『さよなら』
魔法使い『さよなら』


 魔法、爆発音


勇者  「フランベルグ!」
魔法使い「レーヴァンティン!」
(武器呼び出し)


魔法使い「雷よ 我が名に答えよ トートブリンガー!」
勇者  「聖衣よ輝け ウリアスターレイ!」
(魔法詠唱)


王様「ど、どういうことなんじゃ、丘の向こうで、勇者様と魔法使い殿が戦っておられる……」
僧侶「近づいてはなりません! これは二人の戦いなのです」


魔法使い「切り裂け、ハークオブライディーン!」
勇者  「うおおおお!!」
魔法使い「はああああっ!!」

 剣が交わされる音、魔法の爆発音


王様「凄い衝撃じゃ。それでいて美しくもある。さすが国の英雄と名高き二人……だが、なぜ争うておられるのか」
僧侶「わかりませんか……ほら、聞こえるでしょう。風に乗って、二人の声が――」
王様「おお――!」

魔法使い”10万ゴールドも新しい鎧に使って! 何考えているんですか!!”
勇者  ”うるさい! 僕が稼いだ金を何に使おうと僕の自由だ!!”
     君こそ新しい魔法書にいくらつぎ込んだ!!”
魔法使い”言ってダメなら体でわからせるしかありませんね!!”
勇者  ”それはこっちのセリフだ!!”

王様「夫婦……喧嘩か……」
僧侶「国最強と名高い勇者と魔法使い。誰にも、止められはしません……」


ナレ「恐るべき魔王をも打ち倒した、最強の勇者と魔法使い。
   その激しい戦いは恒例行事として国に制定され、
   王国の観光スポットのひとつとなるが……それは まだ 先のお話」

お題:名物 魔法使い 年間