『男を繋ぐ鉄鎖』


兄貴。
そう、その目だ。
海の底に沈んだ泥のような色の瞳。
それでいて鷹のような鋭い目つき。
冷たいぜ。哀しいぜ。痺れるぜ。
兄貴のその目が、俺を狂わせる。

兄貴。
そう、その背中だ。
均整のとれた逆三角形の筋肉
3つの弾痕と24の裂傷が刻まれた肉体
大きいぜ。凄まじいぜ。頼れるぜ。
兄貴のその背中が、俺を狂わせる。

兄貴。
そう、その匂いだ。
研ぎ澄まされた戦士の佇まい
泥と煙草と硝煙のくすんだ匂い
強いぜ。恐ろしいぜ。美しいぜ。
兄貴のその匂いが、俺を狂わせる。

兄貴。兄貴。兄貴。
なあ、兄貴。
兄貴は誰にも負けはしない。
兄貴は誰にも殺させはしない。
兄貴は俺のものだ。
兄貴。
兄貴を殺すのは、この俺だ。
待っていてくれ。