『うさぎ』

A:謎の歌のひと。CかDかEあたりが兼任するといいと思うよ。
B:ナレーション。一人だけ世界観が違う気がする。
C:うさぎどん。厨二病うさぎかもしれない。
D:うさぎさん。毒舌うさぎかもしれない。
E:うさぎガー。旅のうさぎかもしれない。特に名前に意味はない。


A01「春だぴょーん!ぴょん、ぴょん♪うさぎがぴょん♪また来てぴょんぴょん♪3羽そろえば…
  …」
B01「それが、第3次世界大戦の幕開けであった……。それから1度目の冬が訪れ、2度目の冬が訪
  れ、3度目の冬が訪れ、そしてまた春がやってきた」

(※見渡す限りの草原)
C01「ねえねえ、うさぎさんうさぎさん」
D01「どうしたぴょん?うさぎどん」
C02「やがては死に至る存在である僕らにとって、この世界で生きることは幸福たり得るのだろ
  うかぴょん」
D02「おめー頭おかしいんじゃないかぴょん」
C03「そっか。……ははは、そうだよねぴょん。おかしいよねぴょん。もしかしたら僕は、こん
  などうしようもないことに思い当たる時点で、とっくにこの世界の爪はじき者に違いないよ
  ねぴょん」
E01「うさぎさん、うさぎどん」
D03「おや、久しいぴょんねうさぎガー。どうしたぴょん?」
C04「すまないねぴょん。あいにく僕は今忙しいんだぴょん。そう、人生という名の底なし沼で
  必死にもがいているんだぴょん」
E02「実は、この先にとってもおいしい若草を見つけたんだぴょん」
D04「それはどのくらいおいしいんだぴょん?」
E03「スコヴィル値で表すと、だいたい100万スコヴィルくらいだぴょん」
D05「それはおいしそうだぴょん。うさぎどん、行くぴょん」
C05「放っておいてくれぴょん。僕は……」
D06「行くぴょん、行くぴょん。レッツゴーだぴょん」
C06「……ぴょん」
E04「先に行っててくれぴょん。うさぎガーもあとから追いつくぴょん」

(※到着。見渡す限りの草原である)
C&D1『ぴょん、ぴょん、ぴょん』
D07「着いたぴょん!何の目印もないけど、きっとここぴょん」
C07「3回もジャンプしたぴょん。長旅だったぴょん」
D08「さて……どうするんだったっけぴょん?」
C08「忘れたぴょん。とりあえずお腹が空いたぴょん」
D09「とりあえず草を食べるぴょん」
(※CとD、フゴフゴと草を食む)
E05「やあ、やっと追いついたぴょん」
C09「あ、うさぎガー。久しぶりに会ったぴょん」
E06「言われてみるとそうだぴょん」
D10「とりあえずいっしょに食べるぴょん」
E07「ここいらの草はおいしいぴょん?」
D11「うーん、普通だぴょん」
E08「普通が一番だぴょん。ところでうさぎどん」
C10「なんだぴょん?」
E09「うーん……忘れたぴょん」
C11「そうかぴょん」

B02「……彼らは、今日も生きている」