※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘルシングとか再殺部隊的な何かが会議中。
吸血鬼が占拠する村を、どうするか。隊長が下した結論とは――

A:部下。主人公的な何か。
B:隊長。一見好々爺な鬼畜。普段は明るいイメージだが、キレると反面、静かに怖い。

A1「焦土……作戦……?」
B1「うん、そうだよ。それが、どうかした?」
A2「……何故、そんな……作戦を……」
B2「わからない? ……あそこはね、もうダメだよ。1日持たない。
なら、さっさと片付けた方がいい。……解るよね。今の、状況」
A3「……ッ」
B3「勿論、僕だって辛いよ? でも、ね。仕方が無い事だってあるんだから。
僕らも、ほら。慈善事業じゃないし、ね」
A4「……お言葉ですが、隊長」
B4「うん、何?」
A5「あの村には、まだ、生存者がいます」
B5「うん」
A6「…………焦土作戦を、実行すれば……その生存者たちの命も、失われます」
B6「うん」
A7「……それでも、よろしいのですか?」
B7「……」
A8「……彼等は、今も、助けを待っています。
血の海の中、恐怖の中で、今死ぬかもしれない、そう思いながらも……助けを、待っています」
B8「……」
A9「その彼等の希望を、踏みにじるおつもりですか? ……隊長……!」
B9「……ははは。悪い言い方だね」
A10「ッ……!?」
B10「生存者? 希望? ……ふざけないでよ。今、ここで実行しないと……そんなもの、もっと失われる事になる」
A11「隊長……!」
B11「あそこには、もはや生存者なんて、いない。みんな、じきに食われるからね。……吸血鬼に。
知ってるでしょ? 吸血鬼の特性。吸血鬼が血を吸えば、みんな死ぬ。よくてゾンビ、悪くてアイツらの下僕だ。
あの村は今や、吸血鬼の繁殖場だよ」
A12「しかし、隊長、私は」
B12「うるさいよ」
A13「ッ!?」
B13「生存者だって? そいつらがみんな食われりゃ、ただヤツらの数が増えるだけだ。
増えればどうなる? あの村のちっぽけな希望を優先すれば、こっちの希望なんて――消えうせる」
A14「しかし、その為に……その為に、今もまだ生きている人々を、無為に扱えとおっしゃるのですか!?」
B14「(一転、空気を切り替えて)……黙れ。ガキが」
A15「……隊、長……」
B15「優先順位を、間違えるな。彼らが生き残るよりも、奴らが死滅する方が、先だ。まず、殺せ。殲滅しろ。増える間など、一時も与えるな」
A16「……」
B16「増えれば、終わる。なら、餌ごと、焼き払え」
A17「隊長、……あ、あなた、は」
B17「(再び、切り替えて)……ま。つまりはそういうコト、だよ。わかったかな? ……英雄もどき君」
A18「あ……」
B18「……爆撃機を用意。法儀礼済みの弾薬ありったけ積んで」
A19「隊長ッ!!」
B19「……何?」
A20「……こ、……子ども……」
B20「ん?」
A21「子どもも……殺す、おつもりですか」
B21「……ああ。そういや、君は……」
A22「……お願いします。甘い事も、分かっています。しかし、それでも…………それでも……!」
B22「生き残り、だったね。君は。……なら、なおさら……わからないかなあ?」
A23「……え?」
B23「見知った大人たちがゾンビになって、知り合いを喰らっていく。血と臓物と千切れた手足や頭に塗れて。いつ終わるとも知れない悪夢の中にずっといて。
唯一生き残っても。ずっとずっとあの様が忘れられなくて。毎日、寝ても覚めても悪夢の中で苦しみ続けて。
呼吸する事すら罪に思えて。いくら吸血鬼を殺しても罪悪感なんて消えなくて。それでも許せなくて。殺して殺して殺して殺して殺し続けて……」
A24「あ……ぁ、あぁ……!」
B24「……解るさ。僕も、同じだったから。そして、最後にはこう結論付けるんだ。“こうして、生き残るくらいなら”」

B25「――“あの時、死んだ方がマシだった”」

A25「――ッ隊長!!!」

B26「行くよ。――これより、悪夢を、終わらせる」