『キキキキ』

A:男性。BLっぽいが真偽は不明。
B:男性。口を開くと否定ばかり。
C:男性。筋道の通らないことばかり口にする。


A01「殺したの?」
B01「いいや」
A02「殺したでしょ」
B02「殺してないって」
A03「嘘つき」
B03「嘘なんてついていないよ」
A04「君はいつだって僕の言う事を否定する」
B04「俺はお前のことが嫌いだからな」
A05「嘘つき」
C01「やあ、馬鹿たち。今日も元気にハッピーかい?」
B05「そんなはずがないだろ」
A06「君はいつだって嘘つきだよね」
B06「いちいち絡んでくるな、鬱陶しい」
C02「うんうん、あいかわらずハッピーそうで何よりだ。人が2人いるところ、それすなわち、と
  きめきハッピー大作戦さ。アイラブハッピー。ハッピーイズ幸せー。超幸せー。幸せあると
  ころに何がある?そう、子どもがいるのさ!なぜなら子はカスガイと言うからね。さてここ
  で問題だ」
B07「俺はお前が大嫌いだ」
C03「おいらは君たちのことを愛しているよ。問題です。人が2人いるところ、それすなわちハッ
  ピー。しかぁし、ハッピーなら子どもが生まれる。こりゃ困った。2人から3人へ。2人だか
  らハッピーだったのに!大問題じゃないか!……君たちならどうする?」
A07「僕はいつだって幸せさ」
C04「そいつはハッピーなことだね。お母さんも君を産んでハッピーだね」
B08「この世界に幸せなんてあるものか」
C05「正解だッ!何故なら、3人寄れば文殊の知恵ッ!文殊って誰だよ!そいつはハッピーだった
  のかい?幸せだったのかい?知らないッ!どうでもいいッ!すなわち。おいらは消える!何
  故なら、この世界に3人は要らない。2人で思う存分ハッピーユニバース!では」
A08「……子ども、できちゃうのかな」
B09「頭おかしいんじゃないか」
A09「そっか。……ねえ、殺したの?」
B10「殺してない」
A10「そっか」