※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神の代行者 女性版


作者:タウト ◆oXFOdNeHtA


(SE:足音)
(SE:椅子に座る音)

悪魔の存在を信じる?
そう、悪魔は恐怖。いいわ。
じゃあ神はどう。ん? 信じてるの?
なるほど、救いを差し伸べてくれる……。救世主。分かった。
じゃあアンタは祈りを捧げる? 何に? 神によ。
(溜息)
それで救いはあった?
救いはあったの?
答えろ。
いい、よく聞いて。
私はいつも仕事をする前に同じ事を聞く。
理由はないわ。ただ、そうしなければならないと思っているだけ。
神がどうだ悪魔がどうだ、そんなのどうでもいいの。
考えてもみて。アンタが救世主だと言って崇めている神は、どれだけの人を殺してきた。ん?
今気に障った? いい眼をしてる。神が貶められると腹が立つ?
聖書は知ってるわね。
神は。200万人を殺してる。そうでしょ?
悪魔は10人。
10人よ。それはもう驚いたものよ。
子供の頃。そうまだママのいいなりで、何にもしらない子供だった頃。
ある時、隣に住んでた豚みたいな野郎に納屋に連れ込まれた。
そこの梁に固定された鎖で縛られ犯されたわ。何度も。
あの豚は私の手首がうっ血するくらいにキツく縛り上げ、服を剥ぎとって殴った。
神に祈ったわ。犯され続けている間。きっとママが見つけてくれる。この忌まわしい時間を終わらせてくれる。
どうか神さま……ってね。
でも違った。真実は15ドルよ。たったの15ドル。
これでこの世に神なんていないって気づいちゃった。神はただの言葉よ。
そう。だから私が神に代わって、救世主になる。そういう訳でテメーは死ぬ。
理解してくれた?
ちょっと~。
今更命乞いなんて、勘弁してよ。神に祈るんでしょ? 悪党。
ああ、そうだ。私が神だった。救いをあげる。今この瞬間ね。
心配しなくてもいいわ。
私の相棒は確実にアンタを救ってくれる。さながらベルギー生まれの天使。
P90(プロジェクトナインティ)に使われている5.7mm弾を発射できる。最高にクールね。こんな小さいナリでも凄く大きいんだから。
銃口から秒速600Mで発射されてアンタの頭蓋骨を一瞬で破壊し脳を突き破る。そして後頭部から弾が抜ける頃にはアンタは救われてる。
床に脳みそぶちまけて。
一瞬よ。痛みなんてない。
私を恨んで死ぬの? それもいいかもね。
じゃあ仕事にかかるわ。神も暇じゃないの。

(SE:椅子から立ち上がる音)

そこでイエスは言われた。
「わたしがこの世にきたのは、裁くためである。すなわち、見えない人たちが見えるようになり、見える人たちが見えないようになるためである。」
そこでイエスと一緒にいたあるパリサイ人たちが、それを聞いてイエスに言った。
「それでは、わたしたちも盲人なのでしょうか。」
イエスは彼らに言われた。
「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。」

(SE:銃声)

ふぅ~、この世にひどい神もいたもんね。悪魔の方が気楽ってことかしら。ねえ相棒。



【コメント】
BGMなしでお願いします。