※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吟遊詩人の話


 今より語りし舞台はある小国。歴史に埋もれた名も伝わらぬ小国の話。
 遠く忘れられた歌を、お聞かせしましょう。
 恐ろしきかの悪魔が、かの兵器が、再びこの世に現れしその時の為。遥か未来に捧げる古き歌を。

 暦(れき)にして百〇六、暦(こよみ)にして初春。小国は二つの都を有し、二人の王を有した。
 細めき国土をさらに南北に分け、戦乱の世へと迷い込んでいた。

 かの冬の帝王バジリウスは言った。

”目玉焼きには醤油、醤油こそ至高。
 油で焼かれた白身と合わさる至高のとろけるハーモニー。
 雪原をとかす黒、力の象徴、それこそが醤油
 それこそがかの国を、世界を幸いへと導く”

 花の女王リリシャは言った。

”人はパンのみに生きるにあらず、肉は塩なしにして食べるにあらず
 そして卵はその肉によって生まれしものと。目玉焼きには塩、塩こそ究極。
 熟した黄身の上にふりまかれる淡い粉雪、落ちては溶け水となり血となる春の訪れ
 それこそが かの国を活かし、世界をその手に抱く”

 戦いは長く続いた。二つの小国は一進一退を繰り返し……いつしか戦う意味すら忘れられる程に長く続いた。
 戦いは、自然に消えていくようにも、永遠に続くようにも思われた
 かの兵器が現れるまでは

 卵を酢と分離し拡販する事によって作られるその兵器の名を マヨネーズ という
 卵から作られし、卵の付け合せ。誰もがはじめはそれを信じようとしなかった。
 しかし 信奉者は増えていった。はやり病より早く、二つの国の人々の間に蔓延していった。
 一日、二日、三日、十日、一ヶ月、一年、十年、百年……


 ――そして世界は滅びたのだそうだよ、嘘みたいだろう?