※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャック、クイーン、キング01


作者:タウト ◆oXFOdNeHtA


――宇宙ステーション。軍務エリア

オペレーター「あ、少尉。大佐が呼んでましたけど。こんなところにいていいんですか?」
少尉「いいのいいの、そんなことよりさ。キミこの後、時間ある?」
オペ「遠慮しておきます」
少尉「仕事っぷりとおんなじで、堅いね~。でもま、そういうコに限って胸のふくらみは、柔らかいんだよなぁ」
オペ「あ!!……失礼しますっ」
少尉「ああっ。そんなぁ……って、まいいか。今度のフライトナビよろしく~!!」

大佐「その必要はない」
少尉「のわっ!!!!」
大佐「ワタシの部屋に来るように言ったはずだが、こんなトコで何をしている?」
少尉「いや、えっと! オペレーターにこの前のナビの出来を伝えて、今度の出撃にいかしてもらおっかなぁ~、って……」
大佐「だからその必要はもうなくなった。お前には、明日のヒトヨンマルマルまでに離艦してもらう」
少尉「え!!? そんなイキナリ! 何でですか!」
少尉「オレがさっきナンパしたからですか?それとも大佐の呼び出しを無視したから?」
大佐「貴様の乱れきった風紀と一切関係はない。それが理由なら、3年前に配属された瞬間にクビだ」
少尉「あ! それじゃあ、リッツ達との賭けがバレちゃいました? オレは大佐がゲイじゃないって方にかけてましたって!!」

大佐「……ゴホン。それも関係はない」
少尉「じゃあなんで!」
大佐「ペナルティではないぞ。任務だ。詳しくはワタシの部屋で話す」
少尉「ほっ……なんだ、驚かせないでくださいよぉ。大佐の辛気臭い顔だとジョークになんないスから」
大佐「では、後でワタシの部屋に来るように」
少尉「イエッサー!!!!」

大佐「それから」
少尉「はっ、なんでしょう?」
大佐「先程の貴様の発言、軍規違反が一件。そして上官侮辱罪は二件だ。ハンガーを10周」
少尉「げ」
大佐「ワタシの部屋に来るのはそれからでいい。賭けに参加したヤツらの報告書もまとめておけ。2時間以内厳守。わかったな」