『究極奥義対戦』

A:男性。奇跡を起こす力、コンシーヴィング・ソーサリーの使い手。
B:男性。古代文明の大いなる遺産、ハイ・エンシャント・ワードの使い手。


A01「我求めるは風……欲するは翼……。
  それは空を切り裂く白銀(しろがね)の翼。
  有を絶ち、無を絶ち、命を絶ち、
  さあ!今こそ染めよその翼!そして訪れる朱き嵐境!
  風翼(ふうよく)の絶技(ぜつぎ)、ブラッディスワロー!!
  ――人は朱に、朱は黒に、黒は塵に……」
B01「……何それ?」
A02「いやー懐かしいもの見つけちゃってさ、これなんだけど」
B02「ノート?ずいぶんボロっちいな。……なになに?ルーン・ホロウ・ガーデン公式魔術全769
  種および外法完全解説書?」
A03「うひゃ、恥っずかしいぃ。返せよ、俺のほろ苦い思い出」
B03「つまりはいわゆる黒歴史ノートだな?んなもん人に見せるなよ、こっちが恥ずかしい」
A04「マナって知ってるだろ?それが大気中に無尽蔵に存在するんだけど、それを人間の想像力
  だけで並び替える技があるんだよ。それが奇跡を起こす力、コンシーヴィング・ソーサ
  リー!中でも特に効率がよくて優秀なのを集めたのが、公式魔術。……公式魔術、それは正
  に先人たちの英知の結晶!」
B04「それがさっきのうんたらかんたらってやつ?」
A05「ノンノンノン!違う違う違う違う。ブラッディスワローは、朝火(あさひ)=アウトガーデ
  ン、あ、朝火っていうのは、主人公の名前な。その朝火が編み出した、オリジナル・コン
  シーヴィング・ソーサリーが、ブラッディスワロー。こいつは公式魔術とは全然違う、ガチ
  でチート級に強くて、でもその代償にハンパなくマナを喰っちゃう、当然それは洒落になら
  ないから、いわゆる外法扱いでな、こう、見た目から説明すると、音速を超えたつむじ風を
  つくってな、どんな最強の敵でも細切れ、もうあっという間、だって風だし、で、風だから
  敵の血を巻き込んでな、そのまま飛び回るとな、その姿はまるで赤いツバメ!
  ……どうよこれ、超カッコよくねえ?」
B05「あーうん、そんな専門用語てんこ盛りの説明じゃさっぱりわからねーよ」
A06「修行が足りないねえ。……あ、これもすげえよ。あらゆる金属を溶かす公式魔術。いい?
  我求めるは炎……欲するは変化……」
B06「そういえば俺も昔そういうのつくったっけな。
  ……ラ、ヴァニティ、シュルダ、ツグェーク。
  ア、ダ、ウォルキス、エーレイドクライブ、ファルエイド、エニキス。
  エンデ、ズィーリア、ネレシス。
  エンデ、ズィーリア、ネレシス。
  フォルク、ネイラ……ドラゴニック・カタストロフィ!!」
A07「……何それ?」
B07「恥ずかしいけど意外とテンション上がるな、これ。俺が昔考えた最強の封印魔法、ドラゴ
  ニック・カタストロフィ」
A08「もしかして、オリジナル言語?」
B08「おう。古代文明の大いなる遺産、失われしハイ・エンシャント・ワード」
A09「うわぁ」
B09「ちょ、なんだよ」
A10「しかもなんで最後だけ英語?つか、英語なの?」
B10「技名までハイ・エンシャント・ワードだとわけわかんないだろ?それにカッコイイし」
A11「うわぁ」
B11「なんでだよ!」
A12「うわぁ」