※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神無月の城にて

S:サキュバス(Succubus) 魔物
M:マリア(Marie) 銃装備の司祭
L:リズ(Louise) マリアの従者
※バストサイズとは関係……心の自由です


S01『さあ、お嬢様方。鬼ごっこをはじめましょう』

M01「リズ、早く!!」
L01「ま……待ってください、マリア様ぁ……!! も、もう少し、ゆっくり……」
M02「我慢してちょうだい。今だけは、僧兵並のスピードで急いでいただかないと」
L02「そんなぁー……きゃあっ!!」(足をとられ転倒)
M03「リズ!」
L03「い、いたた……ひっ!? な、なに、これ!?」
M04「リズ、抜けられる?」
L04「いっ、いたい、いたい!! む、無理です……」
M05「金属製の罠を使用できる……やはり、ずいぶんと位の高い魔物なのですね……」
L05「マ、マリアさまぁ……」
M06「あらっ 失念していました。今お助けしますからね」
L06「うぅ~……いつもながらヒドイですぅ……」
M07「こう、杓杖をあてて、緩めれば……リズ、抜けますか?」
L07「っ、いたっ、痛いっ!!」
M08「っ! これは、金属じゃ、ない? 形状が……」
S02「その通り。ミスリル銀ですよ、司祭様」
L08「ひっ!」
M09「現れたか……サキュバス!!」
S03「ご存知とは。秀悦至極に存じます、司祭様。
   そして、置き土産、しかと受け取らせていただきました。既に時限装置は解除いたしましたので、ごゆっくり」
L09「あっ! せっかく居ないうちに仕掛けたのにー……」
S04「さて、どうしましょう?」
M10「魔の物め……寺院一同の恨み、この手でじきじきに晴らしてくれよう!」
S05「ああ、あの男どものこと。寺男というのはあんなにも飢えたるものなのですかね。
   淫魔家業をはじめ、こうまですんなりとお送りできたものははじめてでして。
   わたくしも少々戸惑いを隠せないものでしたが……ふふ、覚えておりますよ、すべて」
M11「黙れ。司教様以下皆々の心根、生き残りである我ら二人が討ってやる!!」
L10「二人って……やっぱり、リズも入ってるんですねぇー……うぅー」
S06「面白い。こちらも存じ上げておりますよ、至上のエクソシスト・マリア殿。いいえ、マリア女史。
   こちら側は、仲間意識は存在せぬとしても……同輩を無に消されたこと、あまり快くは思っておりませんでしたもので。
   いいでしょう、弔い合戦もまた、面白い!」(魔法発動)
L11「きゃあ!」
M12「貴女は伏せていなさい、リズ!!」
 (SE:銃声)
S07「鉛の弾。吸血鬼相手にはベストな武器ですが、少々旧式が過ぎませんか?」
M13「っ、速い……!!」
L12「よ、避けられちゃいますよー!」
S08「フフ――なにっ!?」(銃ヒット)
M14「ふっ……」
S09「ぐっ、う……弾道が、曲がった……?」
L13「へっへーんだ! だーまされた! マリア様の十八番、”超精密命中率100パーセント銃弾”の威力をごろうじろーっ!!」
M15「勝手に妙なネーミングをつけられても困るのですけれど……」
S10「……なるほど。”妖精の銃”か。古式も古式……よくぞその年で使いこなせるものです」
L14「って……あ、あんまり効いてない……? あれー?」
M16「鉄を体内で浄化している……強靭な肉体をお持ちのようね」
L15「体内で浄化って、弾をですかぁ!? どうやって!」
M17「さあ……もう少し弱っていただかないと、対策も決められません……ねっ!!」
S11「二度三度と同じ手が!!」
M18「っ……」
 (マリア後ずさりランナウェイ)
L16「えっ……マ、マリア様ぁーー!? ど、どこにーー!!」
S12「一旦引いて逃げるか……ふふ、網にかかったネズミが、どこへ逃げるというのです……?」
L17「リ、リズはどうしたらぁー……」
S13「うーん……ここは残した人質を捕らえて脅迫するのがセオリーですが。
   先ほどから行動を見ていると、貴女はどうも人質の価値がなさそうなのですよね……」
L18「ええーーっ、そんなぁーー!! あ、ありますよぉーー!!
   た、助けてぇーーマリア様ぁーーーー!!」
 (SE:銃声)
L19「きゃああああっ!!」
S14「人質が重荷になるので銃殺。なるほど、これもセオリーですね」
L20「マ、マリア様ぁぁー……」
S15「始末するには惜しい肉体ですし……ま、一応動けないようにはしておきましょう」
L21「えっ……きゃああああっ!! い、いや、これ気持ち悪い! なんで手までー!! 動けないーー!!」
S16「さて。子うさぎさんを捕まえに参りましょう」


S17「司祭様……どちらへ行かれたのです? こちらは突き当たり、それも小さな礼拝堂……
   貴女からすれば、仕留めるのにふさわしい舞台かもしれませんが……逃げ場はありませんよ。
   ――ふむ。むやみに探すよりも、出てきていただきましょう。
   知っていますか、夢魔というのは、淫猥な夢を見せるだけではないのですよ。
   むしろ、その魂を掬いとりやすくするために、淫夢を見させるのでありまして……
   そう。人によってその淫猥さの種類も判別しなくてはならない。
   ならば、夢魔は知らなければならないのです。その人物の一番の……弱点を!!」
M19「……っ!?」
S18「一番の悪夢を……ご覧いただきましょう」
M20「うっ……くぅ……っ!!」
S19「おや、そこにいらっしゃいましたか……」
M21「魔の、者め……!!」
S20「夢からお逃げになられますか? 鬼ごっこですね」
M22「っ……う、ああああっ……!!」
S21「耳をふさいでも……悪夢はあなたを追いかけてきますよ……」
M23「ならば……先に!!」
S22「好戦的ですね……わたくしも防戦しながら夢を見せるのはつらいですが」
M24「い……ぐ、あああああああ!!!!!」
S23「貴女も、討ってでながら抗うのは辛いでしょうね」
M25「ひっ……ひ……」
S24「……だいぶ、お苦しみのようですね。
   ならば、すぐにでも気が狂うように、死のほうが安寧をえられるほどの悪夢を!!!」
M26「っ、ああああああーーーー!!」
S25「悲鳴すら……美しい」
M27「……はっ、はぁっ……っぐ……」
S26「ふふっ、よき匂いがする……司祭ともなれば、末香臭い香りを身につけられて、興ざめなのですが
   ……死の直前の人の香りは心地よい……たまりませんね……」
M28「なら、ば……存分に嗅げ……!!!!」
S27「っ、ううっ!? こ……これは……!!」
M29「はっ、はっ、はぁー……末香臭い香りと思ったなら……なぜ、気づかない……?」
S28「この匂い、香木……いや、聖木か……!!」
M30「夢魔のくせに……いえ、だからこそ、麻薬は初体験、でしょう……?」
S29「くそ、こんなものっ……貴女も無事では済みませんよ……」
M31「毎朝、毎夜、礼拝のたびに嗅がされれば……耐性もつきます……」
S30「くっ……!! 一度、外に……」


L22「ひっ! も、戻ってきたぁーー! ま、まさか……マリア様……!!」
S31「はっ、はぁ、はぁ……」
L23「あ、あれ……なんだか様子が……」
M32「鬼ごっこ、なら……つかまったら……交代……でしょ……?」
S31「くっ……」
L24「マッ、マリアさまぁーー!! リ、リズは信じておりましたぁぁーー!!」
M33「伏せていなさい!! これで、終わり……!!」(銃連射)
S32「ぐっ!! ふ、ふふ……なるほど、なるほど。知己に長けた如才だ……噂以上でありました、司祭様……」
 (SE:銃構え)
S33「ふ……懺悔を挟む隙間も許してくださらないのですね……なら一つだけ……
   貴女方お二人は、女人禁制の寺院にて、どうして存在しているのです?
   わたくしの考えが間違っていないのであれば……貴女様の引き金で、鉛弾を撃ち込んだその後に……
   いっぺんだけでも、聖詩を……わたくしに、読んでくださりませ……」
 (SE:銃声)
M34「ふー……」
L25「あっ! は、外れた……外れましたぁー!」
M35「宿主が無くなったからでしょう。この城も……危ないかもしれません。リズ、今度こそ急いで!」
L26「はいっ! あ、あの、でも……」
M36「リズ。私たちは神童として、寺院の皆様方にかわいがっていただき、お世話をずっとしてまいりました。相違ありませんね?」
L27「は……はい」
M37「魔の物を討ったなれば、他の……男女が同格である寺院に救いを求めることもできます」
L28「マリア様……」
M38「行きましょう。……長居をしては、どこでどんな噂が立つか知れません」

L29『ですが、マリア様。リズは知っております。
   ……最後のあの瞬間、撃鉄にかかった貴女の指が、ひどく震えていたことを』

お題:18禁・バトル・香水