※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

迷いの森の中では


 製作者:118 ◆fkrTovHYGs

<ここにBGMのURLを入れる>

しんしんと雪が落ちてくる
やがて、雪は雨にかわり・・・
ポツリポツリとその音を変える
やがて、向こう側から朝日が出てきた。
朝日はのっそりのっそりとこちらへ向かってきている。
それに合わせて、街灯があわてて電気を消すのだ。
やがて、朝日は僕の後ろに去っていく。
いや、去っていくのではないのだ。
僕は、今朝日の中にいるのだから。
人は、どうして自分から離れていくものを去っていくと感じてしまうのだろう。
いとしい人よ。


 BGMに関するあとがき

タイトルのとおり、誰もいない森をイメージして作ってみました。早朝でまだ薄暗く霧がうっすらと立ち込めていて、でも、怖い感じというよりは不思議なことが起きそうな感じです。
そんな中、あなたはあるものを見つけました。こっそりとそれに近づきます。なにやら、言葉を話しているようですがあなたは分かりません。そして、それをぼーっと見ているうちに光が差し込み、あなたが見ていたものは消えてしまいました。


そんな感じのストーリーの曲を作ってみたのですが、あなたがこの曲を聴いて作るストーリーはどのようなものでしょうか?