『求道者』


ああ、鍋が食べたい。チゲ鍋がいい。

大きな昆布を一枚鍋に敷いて、水からじんわりとダシを取っていくんだ。
煮干を2,3匹入れるのが我が家流。頭もハラワタも取らず2つに割って鍋に放り込む。
ほのかな魚介の風味が具材の味を引き出してくれる。苦味?生臭み?
チゲ鍋の濃厚なうまみの前ではそんなもの無力だよ。

具材は、そうだな、まずキムチ、木綿豆腐、豚バラと肩ロース。
ふっくらと煮えたタラも捨てがたいが、それは冬の楽しみに取っておこう。
それからネギ、しいたけ、えのき、しめじ。……悪いか、好物なんだ。
大根。大ぶりに切ったものはとてもジューシーだ。
もやし。単純にうまい。
それと、ああそうだ、葛きりも入れよう。あのもちっとした食感は素晴らしい。

具材を切り終えた頃にはダシも取れていることだろう。
醤油と酒、コクを出すため練りゴマを加える。甘さと辛さを出すためコチュジャンを入れてもいい。ここまでやればあとの仕事は全てキムチが受け持ってくれる。
たっぷりと具材を鍋に詰め込み蓋を閉めてひと煮立ち。グツグツと煮えてきたら胡麻油をさっと回し入れて完成だ。

蓋を開けた瞬間のゴマとキムチの匂いがたまらない。白い湯気に気分が高揚する。

さあ、今俺は煮えたぎる赤いスープの中に箸を突っ込み、無心で食べる、食べる。
辛い。甘い。酸っぱい。旨い。暑い。窓を開けろ。ビールを持って来い。シャツを脱げ。
汗など気にするな。食え。飲め。笑え。それ、飯も炊いてあるぞ。
まだだ。具材を追加しろ。腹が裂けるまで食べつくせ。食べつくせ。
食ったか?まだだ。これより雑炊を始める。余った飯は全て放り込め。炊飯器ごと放り込め。
卵を割れ。溶け。注げ。混ぜろ。遅い!何ちんたらやってるんだ。蓋を閉めろ。火を消せ。
貪れ。腹が破れるまで貪り食え。むしろ飲み込むんだ。喉で味わえ。胃で味わえ。
鍋の底が見えてきたか?米の一粒も残さず食べきったか?

よろしい。10分休憩。その後冷たいシャワーで汗を流すといい。それが至福というものだ。

……ああ、チゲ鍋が食いたい。