※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魂の切断


作者:wikiの人◆SlKc0xXkyI

 我輩は猫である。名前はハンニバル。
 元々は野良猫としてよろしくやっていた我輩を拾ったご主人が、直々に与えてくれた名である。
 我輩は子猫の時分にカラスと戦い、右目を失っているのだが、それが理由のようだ。
 なんでもカルタゴの英雄ハンニバルという男は、右目がなかったらしく、由来はそのハンニバルらしい。
 とまあ、名付けのセンスはいかがなものかと思うご主人であるが、悪い人間ではない。
 いつも無表情で、滅多に声を出す事がなく、噛み付いてもまったく反応がなかったりするが。
 しかしそのご主人が、今日に限っては何故か朝から沈痛な面持ちなのだ。
 何故だろう? 我輩を見る目も、やけに同情的なのだが。
 む? どうやら病院とやらに行くらしい。
 そこに行けば、ご主人はいつも通りに戻ってくれるのだろうか?

 (以下、カマっぽく)

 なぁんたる事かしら! あの獣医ったら、パイプカットなんかしてくれちゃって!
 ご主人もご主人だわ! これが猫飼いのマナーなんだ、許してくれ、ですって!
 謝るくらいなら、最初からそんな事しなければいいじゃないの! ねえ?
 本当にもう……男ってば、いつでも自分勝手なんだから……。