※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飛ぶ子供


製作者:wikiの人◆SlKc0xXkyI

※注意 企画:夢の鬼の番外編のようなもの、です。

登場人物
    トヨカ……視える女性。大学生。
   カマツカ……死神もどきの黒猫。
     子供……女の子。

     女子A、女子B……噂好き。


【シーン1:プロローグ】子供役の語り。

 雨が降りました。

 雨が降りました。

 雨が降りました。

 私が降りました。

 私が落ちました。

 私が私が私が私が私が私が私が私が私が
 私が私が私が私が私が私が私が私が私が
 私が私が私が私が私が私が私が私が私が。

 降って、落ちて、潰れてぐちゃり。
 真っ赤なお花が咲きました。
 雨に降られて赤い川。
 潰れたトマトが運ばれます。


【シーン2:噂を聞いて】

トヨカ「おはよう。ねえ、経済史のレポートやった?」
女子A「やってなーい。どうしよ、提出明日までなのに……。
    ねえトヨカ、お願い! ちょっと見せて?」
トヨカ「ダメダメ、あの先生は写したらバレるよ。
    大変かもしれないけど、今回は自分でやるのが正解だからね?」
女子A「そこをなんとか! ちょっと参考にするだけだから。ね?」
トヨカ「いいから自分でやりなって。
    参考資料ぐらいは教えてあげるから、自力で頑張るコト!」
女子A「むー。トヨカの鬼ー、ケチんぼー。
    もうお弁当忘れたって、食べ物分けてあげないからね!?」
トヨカ「あ、それは困る。……じゃ、写すのはまずいから、アドバイスだけで」
女子A「プラス、大丈夫かどうかのチェック!」
トヨカ「オッケー。これで契約成立だね」
トヨカ・女子A「よし!」
女子B「朝っぱらから元気ねー……」
トヨカ「どうしたの? そっちこそ、やけに憂鬱っぽいけど」
女子B「それがさ、嫌なもの見ちゃってね……。
    うちのマンションで、小学生の女の子が飛び降り自殺したの」
女子A「あ、それニュースで見た! あんたの所だったんだ」
女子B「そ、うちの所。昨日の夕方かな、外から悲鳴がしてさ。
    何かと思ってベランダに出たら、真下に死体があるんだもん……。
    さすがに気持ち悪くなって、昨日はあんまり寝れなかったよ」
女子A「うっわー、大変そう……。
    テレビとか来てたみたいだけど、そっちは大丈夫?」
女子B「全然。マスコミって夜中でもうるさいんだよ、信じられない。
    そりゃ事件だっていうのは分かるけど、あんなの非常識だよ」
トヨカ「……でもさ。その子、なんで自殺なんかしたのかな?」
女子B「さあ? どーせイジメか虐待じゃない?
    子供が自殺する理由なんてそれくらいでしょ」
女子A「あーあ。嫌な世の中だねー。
    ここ数年、暗いニュースばっかで嫌になるよ」
トヨカ「ぼやいてないで、経済史のレポートもやらなきゃね?」
女子A「うあー。ニュースも勉学も、お先真っ暗だー」


【シーン3:その現場を訪れて】トヨカの一人称シーン。

 ……子供の自殺、か。
 こういう話は悲惨だけど、それだけで終わらないのが困る。
 大人と子供の自殺は根本的に違う。
 大人は何かに絶望したり、日々に疲れて自殺を選んだりする。
 だけど子供の場合は、自殺に宿る感情がそれだけじゃない。
 死を見せ付ける事で、何らかの自己主張をする――そんなケースがある。
 主張したところで、死んでしまったら意味なんかないのに。
 ……まあいい。自殺の意味なんて、私が考える事じゃない。
 自殺の理由だって――どうでもいいと言えば、どうでもいい。
 私が確認しておきたいのは、自殺した子に執着があったかどうかだけ。
 もしこの世に対する執着があれば……その子は、きっとまだいる。
 だから私は、大学から帰るその足で、現場のマンションを訪れていた。

トヨカ「……やっぱり、現場は封鎖されてるか」

 現場を直接視るのが一番だけど、さすがに警察は怖い。
 屋上はどうかなと考えたけど、そちらも出入り禁止になってるだろう。
 自殺した子の家に行くのは……遺族の感情もあるし、やめといた方が無難かな。
 やれやれ。聞き込みなんかは避けたいし、今日のところは引き上げようかな……。

 子供「おねーちゃん、どこ行くの?」

 ……後ろからの声。
 ああ、なるほど……視られていたのは、こっちだったのか。
 私は意を決して振り向くが――

トヨカ「…………っ」

 ――その姿に、思わず息が詰まった。
 割れた頭。
 半分だけの顔。
 赤い、小さな体。
 奇妙に折れ曲がった手足。
 ……単純に壊れた姿は、人間のカタチだと認識するのに時間がかかった。

トヨカ「君は……何をしてるの?」
 子供「おねーちゃん、遊ぼ」
トヨカ「……何をして?」
 子供「なんでもいい。だから……ね、遊ぼ!」
トヨカ「……やだよ」
 子供「なんで? ねえ、遊ぼ? 遊ぼうよぉー? おねーちゃん、私と遊んでよ。
    おねーちゃん――私、視えてるんでしょ?」
トヨカ「帰る!!」

 私はその場から逃げ出した。
 あの子が怖くなかったと言えば、それは嘘になると思う。
 だけど、それ以上に……分かってしまうのだ。
 あの子にはきっと、友達がいなかった。
 だから遊びたがる。
 誰でもいいから友達にして、遊びたがる。
 あの子が死後も執着する感情は、それ。
 おそらくは……学校で、いじめられていた。
 なのに、望んだのは復讐なんかじゃない。
 遊んでくれる友達を、あの子は望んだのだ。
 なんて悲しくて――なんて、恐ろしい。


【シーン4:落ちる】一人称部分はトヨカ。

カマツカ「――つまり、その亡霊をあちらへ送ればよいのですな?」
 トヨカ「うん。あの子はちょっと、危ないから……。
     誰でもいいから友達にして、遊びたがる。
     他人しか見えてなくて、誰が相手でも巻き込むから」
カマツカ「ふむ……そこまで視るとは、さすがトヨカ様。
     猫の目は闇を見通しますが、トヨカ様の目は人を見通すのですな」
 トヨカ「褒めたって何も出ないよ。
     ……それにカマツカは猫なのに、暗い所得意じゃないでしょ」
カマツカ「ワタクシは半端者ですからな。
     死神の成り損ない。死神とも化け猫とも呼べぬ、未熟者でございます」
 トヨカ「だったら、もう一度お山で修行すればいいのに。
     前から思ってたけど……カマツカって、今の状態にこだわってない?」
カマツカ「この半端な身なればこそ、許される事もまた多いものでして。
     ――さて、お喋りはこのくらいにして、件の亡霊退治へ行きましょうぞ」


 トヨカ「このマンションだよ」
カマツカ「ほほう、ここでございますか。
     む……確かにちと、空気が澱んでおりますな」
 トヨカ「あの子は……いた。あそこ、視える?」
カマツカ「今はトヨカ様が目になっておりますので。
     ほほう、なんとまあ若い魂……さぞや執着も強いのでしょうな」
  子供「あ、おねーちゃん! 今度はネコさんも。
     ねえ、遊ぼ? 今度は遊んでくれるよね?」
 トヨカ「……ダメだよ。君とだけは、遊べない」
  子供「なんで? どうして? ねえ、遊ぼうよ!」
 トヨカ「言って分かるかな――君はもう、死んでるからダメ」
  子供「分かんない。だから、遊ぼ?
     おねーちゃん、私と遊んで。遊ばなきゃ、ダメなの」
 トヨカ「……聞き分けのない子は嫌いだよ。
     素直に聞いてくれたら、ちゃんと彼岸に渡れたのに……」
  子供「なんのこと? どうでもいいから、遊ぼうよ!」
カマツカ「……トヨカ様。本当に、やるのですか?」
 トヨカ「やって。この子は見逃すと、よくないから」
カマツカ「では――――」
  子供「ネコさん、そんなに口開けてどうしたの?
     ……やだ。やめて……やだ、なんか、やだ……!!」
 トヨカ「カマツカの口は、あらゆる冥府に繋がるトンネル――――。
     悪いけど、君には似合いの地獄へ落ちてもらうよ」
  子供「や、やだ! 行きたくない、落ちたくない……!
     おねーちゃんと遊びたい!!」
 トヨカ「……でも、落ちるのを選んだのは君でしょ?
     いつまでもしがみ付いてないで、――さっさと落ちなさい」
  子供「やだ……!! やだ、やだ、やだぁ……!
     私、遊んでない……遊んでもらってない……!
     ここで遊ぶから、どこにも行きたくなんかない!!」
 トヨカ「うるさい。――カマツカ、やって」
カマツカ「では、あちら側へ渡します――――」

 カマツカの口が、さらに大きく開いた瞬間。
 あの子は口の中へ吸い込まれ、どこへ通じるかも分からない闇に落ちた。

カマツカ「……ふむ。賽の河原にすら、落ちませなんだようで」
 トヨカ「じゃあ……それこそ、本当の地獄に?」
カマツカ「幼い者の自殺は、それほど罪深いものでしてな。
     救いのない話ではございますが、転生の資格も剥奪された事でしょう」
 トヨカ「そう……」
カマツカ「トヨカ様はお優しいのですな。
     たかが亡霊の末路に、同情なさるのですから」
 トヨカ「そんな事ないよ……私には、あの子を救う事なんてできない。
     同情なんて――自己満足でしかないのに」
カマツカ「トヨカ様……」
 トヨカ「まいったなぁ……結構、割り切ってるつもりだったんだけど。
     救いのない話って、当事者以外も救われないね?」
カマツカ「……自ら死を選ぶ者に、元より救いなどありませぬ。
     どうか、その点だけは間違えませぬように」
 トヨカ「うん、分かってる……。
     ああそうだ、あの子をいじめてた連中、どんな奴か調べてくれる?」
カマツカ「……それを知って、どうなさるおつもりで?」
 トヨカ「ちょっとだけ、悪夢を見せてあげようかなって。
     このまま忘れられたら――あんまりにも、救いがなさ過ぎるから」
カマツカ「やれやれ……トヨカ様。術の悪用はご法度ですぞ?」
 トヨカ「誰かが言わなきゃ、どこにも広まらないと思うけど?」
カマツカ「まあ……猫は喋らぬ生き物ですからな」
 トヨカ「……うん。ありがとう、カマツカ」


 こうして、一つの事件が終わった。
 世間的にはよくある暗いニュースの一つとして。
 関わった者には、救いのない話として。
 ……けれどあの子は、どうして死を選んでしまったのか。
 本当は――空でも飛んで、遊ぼうとしてたのかな。


終わり