※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カオス~宇宙(そら)をゆく~


製作者:wikiの人◆SlKc0xXkyI
あらすじ 星間戦争の危機とか置いといて、百合なコメディ。

登場人物
   エリザ……どっかの星のお姫様。
   マリア……エリザに惚れてる貴族の娘さん。
   ジーナ……エリザにホの字な敵のお姫様。年上。
   ケルテ……エリザの執事な少年。


エリザ「……げっ」
ケルテ「どこへ行かれるのですか、姫様?
    これからアルトリア公国のジーナ姫と会食の予定ですが」
エリザ「だから逃げてるんです!
    ケルテも私の執事なら、少しぐらい気を利かせたらどうです?」
ケルテ「あいにく、私の仕事は姫様に公務を速やかに行っていただく事なので。
    さあ、逃げ回っていないで会場へ行きましょう。
    友好関係を築ければ、星間戦争を回避する足がかりになるでしょう」
エリザ「そんなのはお父様に任せればいいんです!」
ケルテ「陛下ですか……残念ながら、陛下も公務で飛び回っておられます。
    今頃ですと、緑色の小人老人と相談しているでしょうね」
エリザ「誰ですかそれは……いえ、そんな事より!
    どうしても、本当にどうしても私が出席しなければならないのですか?」
ケルテ「何度もそうだと言っているでしょう。
    だいたい、姫様は常日頃から――」
マリア「エリザ様~! こんな所にいたんですのね!?」
エリザ「げ、マリア!? どうしてここに!」
マリア「私も貴族ですもの、会食にお呼ばれしただけですわ」
ケルテ「……妙ですね。今回は関係者だけを招待した筈なのですが……」
マリア「ケルテはお黙りなさい! ……邪魔をしたら潰しますわよ?」
ケルテ「どうぞご自由に。私程度の人材は、いくらでも補充できますので」
マリア「かわいくない人ですわね……!
    エリザ様? いつまでこのような者をお使いになるおつもりですの?」
エリザ「いや……これでもケルテは、有能ですし」
マリア「まあ! 信じられませんわ、そんな事を仰るだなんて……。
    エリザ様は、私よりもケルテをお選びになるんですのね?」
エリザ「え、えぇ?」
マリア「いいんですの、分かっていますわ。
    エリザ様はケルテを好いておられるのでしょう?」
エリザ「違います! そんな事ありません!」
マリア「では庇い立てする必要もありませんわね?
    すぐにでも暇を与えて、会食には私と一緒に行きましょう」
ケルテ「マリア様、申し訳ありませんが姫様に人事権はありません。
    私が不祥事でも起こさない限り、姫様から解雇する事はできません」
マリア「屁理屈は結構ですわ。それとも、貴方こそエリザ様から離れたくない理由でも?」
ケルテ「そうですね。姫様が婚姻を結ばれるまでは、見届けようかと思っていますが」
マリア「こ、こここここ婚姻……!? 不潔ですわ、そんなの!!」
ケルテ「ですがマリア様も、ご両親が結ばれて生まれたわけですが」
マリア「そんなのは些細な事ですわ!!」
ケルテ「……バカですか貴女は」
マリア「なんですって!?」
エリザ「ちょ、ちょっと二人とも、ケンカはダメです!」

ジーナ「――あら? 騒がしいと思ったら、エリザ姫じゃない」

エリザ「あ……ジーナ姫」
ケルテ「ご機嫌麗しゅう、ジーナ様。
    会食まではまだいくらかありますが、お暇でしたら急がせましょうか」
ジーナ「いいえ、ちょっと散歩していただけよ。
    それとも坊やは、お腹が空いているのかしら?」
ケルテ「……いえ。では会食は予定通り、共通時刻の七時からで」
ジーナ「ええ、それでお願いね。
    さて……エリザ姫も、しばらく見ない内にキレイになったわね」
エリザ「あ、ありがとうございますっ」
ジーナ「ふふ……大人になる直前の、甘く瑞々しい美しさ。
    私が男なら、手を出さずにはいられないほどね?」
マリア「あ、あの!! 初めまして、帝国貴族のマリアと申します!」
ジーナ「……初めまして。貴族の身にしては勇敢ね?」
マリア「ジーナ姫こそ、王族にしては迅速ですね?」
ジーナ「……ふふ」
マリア「ふふふ……」
ジーナ・マリア「ふふふふふ……」
エリザ「あ、あの、二人とも、どうかしました?」
ジーナ「いいえ? なんでもないのよ」
マリア「エリザ様は気にしなくていいんですのよ?」
エリザ「えーっと……?」
ケルテ「……知らぬは本人ばかりなり、ですか」
ジーナ「あら坊や、命が惜しかったら黙っていた方が賢明よ?」
マリア「沈黙は尊いと、初等学校で教わりまして?」
ケルテ「……さて。私は少々、席を外した方がよさそうですね」
エリザ「え? ま、待ちなさいケルテ!」
ケルテ「申し訳ありませんが、私にも準備がありますので」
エリザ「ケルテ~!」
ジーナ「エリザ姫? 仕事の邪魔をしてはダメよ」
マリア「同感ですわ。こちらはこちらで、楽しめばいいんですもの」
エリザ「で、ですけど……」
ジーナ「ところでエリザ姫。少し、政策について二人で話したい事が……」
マリア「それは会食の場で話せばよろしいんじゃありませんの?」
ジーナ「あら、両国の関係が緊張しているのは知っているでしょう?
    もし戦争に突入したとして、貴女の家が焦土にならなければいいんだけど」
マリア「物騒な話ですわね。ちなみに帝国の殺し屋は、とても優秀ですわよ?」
エリザ「ストーップ! どうしたんですか二人とも、ケンカ腰になって」
ジーナ「……強いて言えば、貴方が原因なのだけれど」
エリザ「え?」
ジーナ「ふふ、なんでもないのよ? エリザ姫も罪な女ね。
    それにしても、キレイな髪だこと……」
マリア「そこ! どさくさまぎれで、馴れ馴れしく触るものではありませんわ!」
エリザ「別に髪ぐらいは……」
ジーナ「いえ――勝負は公平に、という事かしら?」
エリザ「勝負ってなんですか!?」
ジーナ「公平にしたところで、貴女が勝てるとも思えないけれど」
マリア「……上等ですわビッチ」
エリザ「マ、マリア? どうしたんですか、そんな言葉を使って!」
ジーナ「エリザ姫? 彼女はね、お脳の病気なの」
マリア「白々しいですわね……!
    エリザ様。ジーナ姫と私、どちらが大切でしょう」
エリザ「どちらがって……そんな、比べられるものではないですよ」
ジーナ「私とでは比較にもならない、という事かしら。嬉しいわ」
マリア「お黙りなさい! 貴女が私に勝っているのなんて――」
ジーナ「家柄、財力、権力、スタイル、容姿……ほぼ全てね」
マリア「う、うう……このボンッキュッボーン!!」
ジーナ「理解に苦しむ罵倒ね……」
マリア「エリザ様ぁ……私は、私は確かにジーナ姫に及びませんわ。
    ですがエリザ様を想う気持ちだけは、誰にも負けませんの!」
エリザ「え、えーと、ありがとう?」
マリア「どうして伝わりませんの、この気持ちが……!!」
ジーナ「そういうものよ。私も何度となく、辛酸を舐めたのだから」
マリア「あ、貴女も……?」
ジーナ「伊達に長く生きているわけではない、という事よ」
マリア「…………年増」
ジーナ「……地獄のような戦争がお望みかしら?」
エリザ「だから二人とも、どうしてそんな争うんですか!?」
マリア「愛故に、ですわ!」
ジーナ「最も強い感情は、ぶつかれば争うと決まっているものね」
エリザ「え、つまり……二人は愛し合っている、という事ですか?」
ジーナ・マリア「え?」
エリザ「いいんです、大丈夫です!
    ちょっと驚きましたけど、そういう世界もあるって知ってますから……!」
マリア「あ、あのエリザ様? 何か激しく誤解なさってません!?」
ジーナ「ええいもう、どうしてこの子は……!」
エリザ「じゃ、じゃあ私、ちょっとケルテ捜してきますね……!
    二人とも、ごゆっくり!!」
マリア「エリザ様ぁ~~!?」
ジーナ「……向こうでお茶でも飲んで、傷を舐め合いましょうか」


終わり 正直これが限界だスマンorz