※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある学園の日常


製作者:wikiの人 ◆SlKc0xXkyI
登場人物:西田……変人(男)
     長井……常識人(女)
     佐藤……エロ(男)
     村山……姉御肌(女)

【舞台:プールサイド】

佐藤「来た……来た、来た、来た……!
   ついにこの季節が!! ビバ、プール開き!!」
西田「ははは相変わらず堂々と劣情を公開しているな君は?」
佐藤「男として当たり前じゃないか! 僕は今、猛烈に感動している!」
西田「それはいいんだが、君は観察するだけで満足できるタイプだったか?」
佐藤「何をバカな! 観察するだけでも無論いい、確かに素晴らしい!
   だけど真に求めるものは、肉体的接触!
   年頃の少女達との肉体言語による語らいこそが至上だと、僕は激しく主張する!」
西田「うむ、君の気持ちはよく分かった。
   しかしその欲望シャウトによって、女子がドン引きしているようだ」
佐藤「どうしてもっと早く言ってくれなかった!?」
西田「言ったところで、君を止めるのは不可能だったと思うのだが」
佐藤「ああ、確かに……すると僕の夏は、遠くから眺めるだけで終わるんだ……」
長井「二人とも、なに変態的なこと言ってるの?」
佐藤「女神降臨! どうです長井さん、僕と一緒のビート板使いませんか!?」
長井「私、泳げるから」
佐藤「にべもない! やはり女子なんて、夏が見せた儚い陽炎に過ぎないのか!?」
西田「長井さん。バカはどうでもいいとして、ちょっと話があるんだが」
長井「なに? 触らせて欲しいとか言ったら蹴るよ?」
西田「どこを蹴るのか気になるが、まあいい。
   少し両腕を上げてもらえるだろうか?」
長井「? こう?」
西田「ふむ……合格だ」
長井「へ?」
西田「ムダ毛の処理は完璧だな、花丸を進呈しよう」
長井「ば、バカ!? そもそも生えてないよ!!」
西田「生えていない、だと? 何が生えていないのか分からないのだが」
長井「そ、それは……」
西田「何が生えていないのかね? 言ってみるといい。
   さあ、恥ずかしがらずに大きな声で! 水面を揺るがすほどの大声で!!」
村山「なーにセクハラしてんのよ、バカ二人」
佐藤「いや僕までカウントするのはおかしいって!
   僕は西田と違って、どうせやるならもっとダイレクトにやる!」

FX-01 風切り音

佐藤「ひ、ひぃぃ……!? ビート板で肌が切れたぁ!?」
村山「何をダイレクトにやるのかしら? ちょっと聞かせてもらえる?」
佐藤「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!
   僕が悪かったです、もう何も言いません! ああ村山さんて脚がキレイだなぁ!」
村山「お世辞なのかセクハラなのか、いまいち曖昧ね……。
   うん、分かりにくいから一発蹴っとくわね?」
佐藤「ああっ、どうせ蹴るなら太腿のあたりで蹴ってください!」
村山「うるさい死ね」

FX-02 打撃音
FX-03 水音

村山「……エロは滅んだか」
長井「ありがと。助かっちゃった」
村山「お礼なんていいのよ? ああいうバカは誰かが消さなきゃいけないしね。
   西田も、あんまり変なこと言ってると叩き落すわよ?」
西田「別に構わんが……時に村山」
村山「何よ?」
西田「君の沈めた佐藤が浮いてこないのは、何故だろうな?」
村山「…………やっぱ金的はダメみたいね」
西田「悶絶地獄に無呼吸の苦しみか。魔女狩りも真っ青の極刑だね?
   さらば佐藤、君のことは忘れまい」
長井「だ、ダメだよ!? ほら西田くん、人死にが出る前に助けなきゃ!」
西田「何故俺が? 佐藤はあれでも男だ、死んでも問題はない」
長井「あるよ!? すっごくある!
   下手したら、佐藤くんが新しい学校の七不思議になっちゃうよ!」
西田「大丈夫だ。既に不思議だから何も問題はない」
長井「あ、それもそうだね」
佐藤「ちょっとー!? なんか今、僕の命がすっごい軽視されてる気が!」
村山「黙って死んでなさい」

FX-01 風切り音
FX-04 衝突音

西田「うむ、見事なビート板投げだ。素晴らしい」
村山「田舎じゃイノシシが相手だし、あれぐらいちょろいもんよ」
長井「イノシシって……」
西田「はははゴリラのような女だな?」

FX-02 打撃音
FX-03 水音

村山「……無礼者も滅べ」
長井「あ、あの、村山さん? なんか西田くんも佐藤くんも、浮いてこないよ?」
村山「あらやだ。ちょっと加減間違えたかしら」
長井「間違えたじゃ済まないよ!?」
村山「大丈夫よ。ほら、私ってドジっ子だから」
長井「あんまり詳しくないけど、たぶん使い方間違ってるよ!」
村山「そう? ま、どうでもいいじゃない。
   バカは頑丈だから、ちょっと呼吸停止しても死なないし」
長井「それ死んでるよ! 誤診の余地なくご臨終だよ!」
村山「地獄に落ちればいいのにね?」
長井「笑顔で言わないでよ!
   ……もう。ちょっと引き上げてくる!」

FX-03 水音

長井「早く助けないと――ひゃあっ!?」
佐藤「女体キャッチャー発動! 捕まえたからには放さない!」
長井「いやー!? だ、誰か……!」
佐藤「ミイラ取りがミイラになるとはまさにこのこと!
   さあ長井さん、観念して僕とめくるめく桃色パラダイスへ行きましょう!」
長井「や、やだ、やめてって! 本気で怒るよ!?」
佐藤「やれるものならやって――あれ?
   な、なんか、妙に体が冷たいような……?」
西田「――君の海パンを奪わせてもらった、沈んでいる間にな。
   これを返して欲しければ、長井さんをこちらに渡せ」
佐藤「くっ、なんでだよ西田! なんでお前がそんなことをする!」
長井「っていうかくっつかないで、お願いだから! なんか足に当たってるー!?」
西田「ははは決断は速やかに頼むよ。
   何せこのままでは、君が性犯罪者の仲間入りだ。それもいいとは思うが」
佐藤「よくない! ……くそっ、分かったよ。
   今回は僕の負けだ、素直に解放しよう」
西田「うむ。さあ長井さん、こちらへ」
長井「あ、ありがとう西田くん……ホントに助かったよ」
西田「なに、礼を言われるほどのことでもない。
   ただ少しばかり、動かないでいてもらえるか?」
長井「え? う、うん……何?」
西田「なんのことはない。
   しかるべき報酬として、少し揉むだけだ」
長井「君も結局それかぁー!?
   し、信じてたのに! ちょっと他の人とは違うと思ってたのに!
   実は佐藤くんの類似品じゃん!?」
西田「待て、俺が要求するのは報酬としてのバストだ。それ以上はいい。
   佐藤と違い、俺は実によくわきまえていると思うが、どうだろう?」
長井「うんうん、その主張をわきまえようね? 殺したくなるから!」
西田「無理を言うものではないよ。
   プールの中で、どうやって俺を殺すと――」

FX-01 風切り音
Fx-04 衝突音

西田「ぐはぁっ!?」
長井「び、ビート板……村山さん!?」
村山「中に入らないでも、手段は意外とたくさんあるのよ。
   ほら、長井もバカが復活する前に上がりなさい」
長井「う、うん!」

村山「はぁ……うちの男どもは、揃いも揃ってバカなんだから……」