※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:Elika


一緒に作ったら

A:男。彼氏。多分優しい。
B:女。彼女。淡々と。

A「なーなー」
B「ん?」
A「これ、お前が作ったんだよな?」
B「そうだよ。早く食べてよ。」
A「いや、いくらなんでもこれは料理じゃないだろう。」
B「ひどいね。恋人の作ったものが食べられないっていうの?」
A「確かに俺は、おまえのその淡々としたキャラクターが好きだが…」
B「いいじゃないか。料理も淡々としていて。」
A「これは淡々としているとかいうレベルじゃないと思う。」
B「ひどいわっ!私の手料理、食べられないのっ?!」
A「急にキャラ作るなよ!!」
B「わがままだな、お前は。」
A「キャラじゃなくて料理をもうちっとこう、なんとかしてくれよ!!」
B「お前は時折難しいことをいうな。それのどこが不満なんだ。」
A「不満点を全部上げていけばいいのか?!」
B「今後の対策とさせてもらうよ。」
A「…まず料理は皿に乗っているもんだと俺は思うわけだが」
B「男はワイルドくらいがちょうどいい。」
A「そーいう問題じゃないだろう?!」
B「善処してやる。次。」
A「なんでお前のほうが偉そうなんだよ…ええと、次になんだほら、その」
B「歯切れの悪い男だ。いいたいことがいえない間柄でもないだろうに?」
A「箸とかスプーンとかフォークとか、なんていうんだその…」
B「無知なだけか。カトラリーという。」
A「そうそう、カトラリー?それすらないのもどうかと思う」
B「お前の目は節穴か?そこにあるだろう。」
A「これ、カトラリーに含めていいのか?!しゃもじじゃないのか?!」
B「ご飯はしゃもじで食べろ。」
A「っていうか目の前に炊き立てご飯みっしり詰まった炊飯器どん!とおかれて手料理です、って言われる俺の気持ちはどうなる!?」
B「シンプル イズ ベスト。」
A「そーーーーいう問題じゃないだろう?!」
B「…料理は苦手なんだ。しかし手料理に憧れている様子だったから…」
A「…ったく。そーいうところでも不器用なのな、お前。」
B「不器用な女は嫌いか?」
A「はぁ…いいよ、わかった。俺の負けでいい。」
B「勝利したところで嬉しくない。料理を教えろ。」
A「ははっ。じゃあカレーからはじめようか。幸い、ご飯はたっぷりあるしな。」
B「甘口で頼む。」
A「お前もわがままだなぁ。」
B「お前ほどではない。」
A「じゃあまずは・・・・」