※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトル:愚者の詩
書いた人:るー
一言:そのうち「まぁいっか」になります. 次こけないように学習を


どこかにあるものを探している
本当は何処にもないのに探している
泣いても 悔やんでも
咎めても 苛立っても
お門違いじゃない 自分が悪いのにね

愚か愚か, おおうつけ
貴様が悪い 貴様が悪い
背中の爪痕 自傷の証
今宵の夢も後わずか
魂は奈落に堕ちる

分かるだろう? 全て絶望で染まったのが
分かるだろう? 後は登るしかないということが
愚かな者よ 追い込まれたのは貴様の咎
だから一つは学んで戻れ
もう堕ちて来るなよ とっとと戻れ
守る相手でも作れ 成長せぃ
この馬ぁ鹿たれ