※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトル:片耳ノンカバー

それに私が気付いたのは、偶然なのか、必然なのか。

真偽のほどは分からないが、ある日イヤホンを覆うスポンジ製のパッドが取れていた。

片耳だけである。

急いで支度をして、出かける直前。耳にイヤホンを入れた時の冷たい感触。

「うひゃお」という訳の分からない声を出しつつも、時計の針は待ってはくれない。

急いで玄関の扉の隙間をくぐり抜けた、双子の片割れをどうしたって?

勝負はいつだって弱肉強食なのだよ、芝浦君。

その日の給食は、勝利の余韻を牛乳二本で堪能したのは言うまでもない。

とにかく、イヤホンだ。帰宅して、絨毯の上にどうどうと居座っている奴を

改めて装着してみたが、翌日も、そのまた翌日も、やはり気付いたら外れていた。

諦めて、新しいものを購入してみたが、それでも数日すると外れたいた。

右と左を交換してみたが、やはり片方は外れていた。

全て右だった。理由は分からない。

そう考えてペン回しをしていると、シャーペンが分解した。これも右手だ。

どういうことだ? そう考えて唖然とした師走のとある夜。

その日から、俺の軸は回りだした。何かを分解するように。