※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神を持つ者


作者wikiの人◆SlKc0xXkyI

 1931年、アメリカ――――。
 禁酒法による治安の悪化や、世界恐慌による大不況が襲う暗黒の時代。
 20年代の繁栄は見る影もなく、忌まわしきブラック・チューズディの爪痕は、国内の隅々にまで刻まれていた。
 労働者や失業者の暴動が頻発し、人々は明日の暮らしを思えば、安らかに眠ることもままならない。そんな人々を尻目に、一部の裕福な者だけが天上のごとき、豊かな生活を送っていた。
 夜は暗く、明日は見えず……しかしそんな時代にも、神の家はあった。
 教会である。
 日曜日ともなればミサが開かれ、敬虔なクリスチャンの集まる場所。
 堂内に設置されたいくつもの長椅子の上、幼い少女が腰かけていた。
 富裕層の出身らしい、たくさんのフリルとレースをあしらった、小奇麗なドレス。小枝のように細く愛らしい指は、一度も汚れに触れたことがないかのように白い。
 少女は胸の前で両手を組み、銀のロザリオを握り締めて祈っていた。
 そんな彼女に、横手から話しかける声があった。

神父「お嬢さん。熱心にお祈りしているようですが、何をお祈りされているので?」
少女「神父様……パパが病気になったの。
   早く元気になって欲しいから、神様にお願いしてました!」
神父「それはそれは。お父さんも、君のような娘を持って幸せですね。
   きっと神様も、君の祈りを聞き届けてくれることでしょう」
少女「本当? ねえ神父様、ウソじゃないよね?」
神父「本当ですよ。主は全ての人を平等に救ってくださるのです」

 そう言って神父が微笑んだ時、教会の扉が開いた。
 入って来たのは薄汚れた恰好の、みすぼらしい男だった。
 一目で浮浪者と分かる彼は、そのまま教会の隅に体を横たえてしまう。

神父「……お嬢さん、ちょっと失礼しますね」
少女「神父様?」

 怪訝そうな少女の声に答えず、神父は近くにいた若い牧師に声をかける。
 目は不機嫌そうに浮浪者を見ており、牧師はただ頷いている。
 そして話が終わったのか、牧師は浮浪者へと近づいて行く。
 牧師は浮浪者に何か言ったようだが、少女の耳には届かない。
 だが浮浪者は、すっくと腰を上げ、肩を落として教会から出て行ってしまう。

神父「やあ、お待たせしてすみません。
   最近は教会を宿と勘違いする人が多いのですよ」
少女「勘違いって……でもさっきの人、困ってたんでしょう?」
神父「そうですね。確かにお困りのようでしたが、こちらも困るのです。
   教会は神の家であって、浮浪者の家ではないのですから」
少女「でも……神様は、誰でも平等に……救ってくれるって……」
神父「ああ、何か勘違いされているようですね。
   いいですか? ――貧乏人に神はいないのです」
少女「………………」
神父「そうそう、お嬢さんのお父上は病気だそうで。
   千ドルほど寄進していただければ、きっとすぐに良くなるでしょう」
少女「……ねえ、神父様。
   神様って……優しいかな?」
神父「とてもお優しい方ですよ――出すものを出していただければ、ね」