※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5分の戦い


届かない、どうしてもあと一歩届かない。
いつも分かっているはずなのに、無情にも鐘は鳴り響く。
走り続けてきた体が熱い、息をするのも苦しい。
今度こそ、間に合わせてみせる。
最後の角をドリフトで駆け抜ける!

A 「セーフ!!」

教師 「残念賞。ちょうど出席が終わったところだ、授業始めんぞー」


A 「また五分遅刻かよぉぉぉぉぉぉぉ!!!」