※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある旅行者の手記


作者:グレイト


【とある旅行者の手記】


1-

……ここはどこだろうか。
ふと目が覚めた俺は、バスが停止しているのに気付いた。
カーテンから外を覗くと、パーキングエリアの文字が見えた。
まだ目的地には到着していないらしい。
既に一周はしたであろうミュージックプレーヤーの停止ボタンを押し
開けっ放しのドアから外に出た。
冷たい空気が、肺に、身体に染み渡る。
大きく体を伸ばし、ぼんやりと空を眺める。
雲一つない、綺麗な黒に染まった夜空。
生憎と目の悪い俺には、星の瞬きを堪能出来そうにないのが残念だ。
これから向かう先で何が待っているのだろうか。
仲間達との再会、新しい出会い、かけがえのない時間。
どれを思い描いても心を躍らせる。

そろそろ出発の時間だ。
これからまた、長い時間と道のりを、このバスは刻んで行く。
俺の旅は、またここから続いていく。



2-

「13番線に電車が参ります」

都会の人ごみに揉まれ、なれない空気に戸惑いながら、駅のホームに向かう。
現在時刻5時45分。
朝、と言うにはまだ早く、夜明け、と言うには少し遅い、丁度その境目の時間。
眠気は既に無く、あるのはこれからの期待に満ちた逸る気持ちだけ。
荷物を背負いなおし、電車に乗り込む。
駅のホームにあれだけの人がいたのに、乗ったのはわずかのみ。
多少の違和感を感じたが、その思いは逸る気持ちにすぐに掻き消えた。

「13番線、ドアが閉まります」

俺の旅は、まだまだ続く。



3-

「2番線、快速列車が参ります」

楽しい時間というものは、あっという間に過ぎていく。
新たな出会いに胸をときめかせ、懐かしい友人達と飲み語り、気付けば別れの時間を迎えていた。
名残惜しいが、明日からはまたいつもの日常が俺を待っている。
いつまでも、「今」にすがる訳にはいかないのだ。
友人達に別れの挨拶と再会の約束を告げ、電車に乗り込む。
イヤホンをつけ、一時停止中だったミュージックプレーヤーのスイッチを入れる。
少し哀愁漂う音楽が、今の俺を慰めているように思えた。

「2番線、ドアが閉まります」

俺の旅は、もう少しだけ続く。



4-


……ここはどこだろうか。
ふと目が覚めた俺は、バスが停止しているのに気付いた。
カーテンから外を覗くと、パーキングエリアの文字が見えた。
まだ目的地には到着していないらしい。
既に電池切れで動かないミュージックプレーヤーをカバンにしまい、
開けっ放しのドアから外に出た。
風が気持ちいい。
突き刺さるように冷たい風が、火照った体に染み渡る。
大きく体を伸ばし、深呼吸をする。白い吐息が真っ黒の空に消えた。
夜空を見上げながら、今日の出来事を、まるで昔のように思い出す。
過ぎた時間は戻らない。だから尊く、楽しく、寂しい。
仲間達は今頃夢の中だろうか。
こうして、同じ空を見上げているのだろうか。
色々な事を思いながら、俺はもう一度深呼吸をした。

そろそろ出発の時間だ。
これからまた、長い時間と道のりと、今までの思い出を、このバスは刻んでいく。
俺の旅は、あと少しで終わる。



5-

「うお……寒ぃ……」

アクセル全開の原付で、誰もいない車道を走りながら、思わず口にする。
都会の朝と比べると、幾分か気温の低い北国の朝。
現在時刻5時30分。
やはり朝というにはまだ早く、夜明けというには少し遅いこの時間。
辺りはうっすらと明るくなっているが、それでもまだ暗く、寒い。
歯をがちがち鳴らしながら、我が家へと向かった。
何もない、静かな町。
静かな風景。
昨日までとは、まったく違う朝。
少しだけ都会を思い出し、懐かしくなる。

寒さで手が振るえ、歯をガチガチ鳴らしながら、漸く目的地に到着する。
エンジンを切り、荷物を降ろす。
鍵を取り出し、ドアを開けた。

「ただいま」

また、一日が始まる。
同じ太陽の、まったく違う朝を迎える。
俺の旅は、ここで終わりを迎えた。
そして、俺の一日が、ここからまた始まった。

俺の旅は、これで終わる。