※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者:Elika


生徒「先生ー」
先生「なんだ生徒」
生徒「いや俺生徒って名前じゃないっすよ?!」
先生「ならば私も先生などという名前ではないっ!」
生徒「なにその屁理屈!?」
先生「ふっ、屁理屈はどっちだね?ん?」(イヤミインテリ風)
生徒「うわなんかすっげムカつく!」
先生「コラコラ、先生に向かってムカつく、はないだろう?タカシ」(諭すように)
生徒「いやタカシでもありませんって!」
先生「おまえはワガママなヤツだな。まったく…ほら、聞いてやるよ」(大人の余裕で)
生徒「な、何をですか」
先生「名前だよ、な・ま・え。教えてくれたっていーじゃない?」(軽いノリで)
生徒「ナンパかよ!っていうか妙に馴れ馴れしい!」
先生「俺とお前の仲じゃねぇかよ、水くさいやつだなぁ」(親友に向かって)
生徒「急にクラスメート面?!」
先生「先生なぁ、おまえに言っときたいことがひとつ、あるんだ」(熱意を秘めて)
生徒「今度は教師面?!っていうかもともと教師だったんだっけ、この人」
先生「人という字は!人と人が支えあってできているんだ!」(迫真の演技でとことん青春くさく)
生徒「うわすっげ使い古されたネタ!しかも脈略ないし!」
先生「だからおまえも、誰かを支えるんだ!!おまえにならできる!」(アツく説得)
生徒「さらに熱演?!」
先生「というわけで、この実験器具、洗っといてくれ」(さらっとドライに)
生徒「結局それ?!オチはそれなの?!」
先生「はっはっは、そういうことだよ明智君!」(ズヴァリ!正解だよ!的に)
生徒「っていうか先生、忘れてません?」
先生「ん?なにをだ?」
生徒「俺、先生に呼び出されたんですけど」
先生「ああ、この実験器具の後片付けを頼もうと思ってだな」
生徒「だったら最初っからそう言えーーーーーーーー!!!!!」