※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【僭越ながら今宵は】



いらっしゃいませ、こんばんは。
……お一人様ですね。では、こちらのお席へどうぞ。
おかけになられたら、少しばかり窓の外を覗いてみてください。
ははは、綺麗でしょう? この時間だと丁度月が見えるんですよ。


さて、当店にお越しいただいたのは初めてでいらっしゃいますか?
そうですか。
では簡単に説明をいたしましょう。


当店は至って普通のバーでございます。
ドリンク、フードも取り揃えておりますが、当店のメインはなんといっても声です。
え? あぁ、そうですよね。
突然声が売りの店ですと言われても困りますよね。失礼しました。


当店には優秀なボイスソムリエが揃っておりまして
お越しになられたお客様の要望に応えてお好みの声に出会う手助けをしております。
希に私共ソムリエの声が好きだとおっしゃってくださる方もいらっしゃって……
はい、なんでしょう?


ははは、あなたも希な方のお一人ですね。
私の声が良いだなんて……ありがとうございます。
それでは、僭越ながら今宵は私が御相伴させていただくとしましょうか。




※僭越(せんえつ)
※御相伴(ごしょうばん)