※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【交換条件でしょう】

王子:茶目っ気たっぷり。補佐とそっくり。
補佐:真面目だが王子には弱い。王子にそっくりらしい。


補佐01「失礼します、王子。 
     じきに会合のお時間ですが御支度の方はいかがでしょう」
王子01「やぁ、ちょうど良いところに。ちょっとこの眼鏡をかけてみてくれないか」
補佐02「は? 眼鏡ですか?」
王子02「そうだ。早くかけて。んー……あと、そのガチガチに固めた髪も崩して」
補佐03「髪も、ですか? それはちょっと」
王子04「僕の言う事が聞けないのかい?」
補佐04「いえ、そんなつもりは。王子の仰せのままに」
王子05「おぉ。やはりそうか!」
補佐05「……なんでしょう?」
王子06「やはりお前は僕に似ている。いつも冴えない格好しているから全然分からないけれど。
  声質も背格好もそっくりだし、違うと言えば筋肉がちょっと…」
補佐06「これでも護衛役を兼ねておりますから。さぁ、もうよろしいですか?」
王子07「いや、お前は今からこの服を着るんだよ」
補佐07「はぁぁ?! いえ、失礼しました。それは王子の……」
王子08「試してみるだけだよ」
補佐08「いえ、会合が……」
王子09「ほらほら、大人しく脱いだ方がいいぞ?」



王子10「うーん、髪を染めたら本当に分からないな」
補佐09「王子、さすがにこれはまずいのでは……」
王子11「大丈夫、染めたのはすぐに落とせるから。
      いいかい? 今からお前は王子。僕は優秀な付き人であり政務補佐だ」
補佐10「で、ですが王子……」
王子12「大丈夫。バレた時は謝れば良いさ。
    さぁ参りましょう、お時間です。どうぞ、王子」
補佐11「はぁ……」
王子13「ごほんっ」
補佐12「……分かったよ。忙しいお偉方を待たせては失礼だしね。早く行こうか」
王子14「はい、王子」
補佐13「会合が終わったら着替えて馬術や武芸でもやりたい気分だな。みっちりと教えてくれないか」
王子15「う……。は、はい。喜んでお教えします……」