※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『恋が眠りについた朝』

A:女性。記憶喪失。ハードタイプのグミみたいな人。
B:女性。記憶喪失。ザラメをまぶしたシューみたいな人。


A01「ここはどこ?わたしはだれ?」
B01「ここはここ。君は君だよ。どうやら世界は7時間前に滅んだらしい」
A02「答えになってません。言ってる意味もわかりません。ここはいったいどこですか?」
B02「ホテルさ。地上40メートルのスイートルーム。窓の外をごらん、君の新しい世界は美しい
   ね」
A03「らちが明きませんのね。いったい私はどうしてここに?」
B03「覚えていらっしゃらない?」
A04「そしてあなたは誰?」
B04「初めまして。いやさ、改めまして、初めまして。僕は僕。君が君であるように、僕は僕。
   ただの僕さ。もはや他の何者でもない」
A05「違うわ。あなたは間違っているわ。わたしはわたし?あなたはあなた?いいえ、いいえ。
   わたしはきっと、誰かのための誰か。きっと大切な誰かがどこかにいる。あなたも、そう
   よ」
B05「ああ、これこそが君なのか。優しい君。けれど君が強い人だとは、ついぞ僕は知り得なかっ
   たらしい」
A06「あなたは誰?」
B06「ここに1冊の手帳がある。綴られているはどこにでもある悲劇。一人の女と一人の女が出
   会ってしまった。ただそれだけのありふれた悲劇。女たちは許されない恋に焦がれ、狂お
   しい愛に焼かれ、誰にも祝福されぬまま、女たちの蜜色のひとときはやがて破滅の色へと
   焼け焦げた。残されたものは、ただ過去を振り返るばかりの壊れた想い」
A07「悲しいわね。過去にすがっていては未来は開けないもの」
B07「そう。だから2人は大切な想いを捨てることにした。何もかもを忘れられる魔法のワイン
   を飲み干して、思い出も、繋がりも、愛情も、何もかも塵に帰した。……つまりそれが、
   僕と君の7時間前。世界が滅ぶ瞬間のお話さ」
A08「悲しいわ。ただただ悲しいことだわ」
B08「だけど仕方がなかった」
A09「そんなことない。きっと何か、それでも何か、出来ることはあったはずだわ。だって、そ
   うでしょう?ふたりの絆は他の何物よりも尊かったはずなのですから。何を手放すよりも
   重く、千切れそうな痛みに苛まれたはずですから。愛は尊いのよ」
B09「君は本当に強い人だね」
A10「あなたが儚すぎるのよ」
B10「僕が目覚めたとき、僕と君とは同じベッドの中にいた。僕は君の腕に抱かれて、かすかに
   瞼を濡らしていたんだ」
A11「そうね。ほんの数分お話しただけでもわかる。きっとあなたはそういう人よ」
B11「僕が生まれて初めて得た安らぎは君のものだったんだ。温もりも、喜びも、そして愛おし
   さも」
A12「それは、恋じゃないわ」
B12「わかってる。わかってるんだ」
A13「あなたは優しい人ね」
B13「君も、やっぱり優しい人だ」
A14「私が目を覚ましたとき、初めに見たものはあなたの顔だった。知らない誰かの、優しくて、
   苦しくて、脆く崩れそうな泣き顔だった」
B14「ごめん」
A15「きっといつか、また会いましょう。あなたがもう一度恋を覚えて、それでもなお私を忘れ
   られずにいたなら。そのときはきっと、私の方から会いに行くわ。大丈夫、私は待つのも
   嫌いじゃないわ。次に世界が滅ぶ、そのときまで。だからもう泣かないで」
B15「ありがとう。……次は、君を守れるくらい、きっと、強くなるから」