※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『4月4日は国際にんじんデー』


<レストラン編>

A:女性。愛する夫に尽くす良妻。
B:男性。仕事熱心で真面目な夫。
N:ナレーション。


A01「素敵なところね。けど、急にどうしたの?」
B01「ああ、たまにはこういうレストランもいいかと思ってね」
A02「おかしな人。いつもは誕生日も結婚記念日も忘れちゃうくせに」
B02「すまん」
A03「仕方のない人」
B03「すまん」
A04「ふふっ。でもいいわ。私はそういうあなたが好きで、こうして一緒になったんだから」
B04「悪かった。けれど、そう、僕たちは夫婦だ。たまにはこういう時間があるべきだと思う」
A05「……」
B05「その、受け取ってほしい」
(※SE:ばさっ、と葉つきにんじんをテーブルに置く音)
A06「そういえば今日って……。いいわ。明日は私が腕によりをかけてあげる。だから、早く
  帰ってきてね、あなた」

N01『4月4日は国際にんじんデー』




<刑事ドラマ編>

A:男性。ベテラン刑事。凶悪犯の追跡中、胸に銃弾を受け倒れた。
B:男性。かけだし。Aを大変に尊敬している。
N:ナレーション。


(※SE:銃撃戦、パトカーのサイレン。2人の周囲では未だ凶悪犯が銃撃戦を繰り広げている)
A01「おやっさん!……おやっさん!!」
B01「ふ、はは……。俺としたことが、へまァ、しちまったもんだ……グッ、ゲホッ」
A02「喋らないでください!今救急車を」
B02「いいさ。どうせ助からん」
A03「そんな……!」
B03「それより、胸ポケットのシガーケースから、一本出してくれねえか」
(※SE:ゴソゴソ、とAがBの胸ポケットを漁る音)
A04「……これって」
B04「はっはっは。格好つかねえだろ。娘がうるさくてよォ、最近じゃ専らこのにんじんス
  ティックがヤニの代わりよ。……だが、何でだろうな。今はヤニよりこいつを咥えたくて仕
  方ねえ」
A05「おやっさん……」
(※SE:カリッ、とBがにんじんを囓る音)
B05「ああ……甘ぇ」

N01『4月4日は国際にんじんデー』




<熟年夫婦編>


 昨日、妻と喧嘩をしてしまった。
 原因は些細なもので、一晩経った今となっては謝りたくて仕方ないのだが、なかなかきっかけ
が掴めないものだ。
 思えば、ずいぶん遠くなった気がする。
 若い頃はどこに行くにもいつも2人一緒だった。公園に散歩に行くにも手を握り合い、買い物
に行くときは進んで荷物を持ち、2人で小さなちゃぶ台を囲んだものだ。
 やがて子どもが生まれ、幸せの只中(ただなか)にあり、子どもの夜泣きに悩まされ、慣れぬ手
つきでおしめを替え、ときに家族3人で遊園地に出かけた。子どもを大学へ送り出そうと、今ま
で以上に仕事に打ち込み、家族が眠りについた家で、独り冷めた夕飯を食べる日々が続いた。
 子どもが一人立ちしてからも、一度離れた距離は元に戻らず、いつからか別々になった寝室も
そのまま、広い家を持てあました。気がつけば妻と会話する時間も数えるほどになっている。
 結局謝るきっかけが掴めぬまま食卓へ向かう。テーブルにはいつもの朝食と、1杯のにんじん
ジュース。そばに置かれたメモ用紙には妻の字で「身体に気をつけて」と。
(※SE:ゴッゴッゴッ、とにんじんジュースを飲む音)

『4月4日は国際にんじんデー』