※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『MUSAI be ambitious.2』

  • 天帝…女帝(※ナシでも可)
  • 女神…天帝の娘
  • 天使



天帝「よろしい、貴様が望むならば…
   この天帝(てんてい)の名において、
   彼(か)の者をお前に与えよう」




女神「それで、あなたを使うことになりました。」

天使「はっ。宜しく御願い(おんねがい)申し上げ奉ります」

女神「そう恐縮なさらなくてもよいのですよ。
   母上と違い、私はただの女神。
   天界にいる他の神々と何も変わりません。」

天使「はっ。以降肝に銘じます」

女神「……(ため息)。改善を祈っています。
   貴方を他の天使と区別するには何とお呼びすれば良いですか?」

天使「恐れ多う御座います。好きな様にお申し付け下さい」

女神「それでは私に、オイだとか貴様だとか呼びつけろというのですか?
   天上の帝たる娘に、そのような呼ばせ方をさせると。」

天使「はっ……も、申し訳御座いません。
   口が過ぎたのでしたら謝罪致します。
   どうかご容赦下さい、どうかお怒りを…(お納め下さい)」

女神「貴方のお名前を教えて頂けたら、今にでも許してさしあげます」

天使「名は…持ち合わせていないのです。申し訳御座いません。」

女神「まあ。それでは今まで貴方は何と呼ばれていたのですか?」

天使「我が同族は一蓮托生、全なる一でありまして、
   特定の名などは存在しないのです。
   ただ……」

女神「ただ?」

天使「帝(てい)様におかれましては……
   ”ムサイの”と呼びつけられておりまして御座います」

女神「ムサ……!?」


女神「……申し訳御座いません、母は口さがなくて……」

天使「いえ、素晴らしき主君に御座います」

女神「今は私が貴方の主君です。
   前の主君の事は今すぐ忘れなさい。」

天使「はっ……。」

女神「ですから、私がもっと素敵な名を考えてさしあげましょう」

天使「はあ…」

女神「すぐには思いつかないので、これは私の宿題に致します。
   さて…顔合わせはこの辺にしておきましょう。
   職務中にお呼び立てして申し訳御座いませんでした。」

天使「いえ、我ら一同、天上の神々に使われる事、無上の喜びでございます。
   いつでもお呼び立て下さいませ」

女神「……それと、これは貴方への宿題にしようと思いますが」

天使「はっ」

女神「今度会う時にまでその耳触りな敬語を一切やめて下さい。
   私、ふたまわりも大きい殿方を付き従える趣味はないのです。」


女神「王者の娘を教育し、導いて下さい。
   母上もきっと、その為に貴方を遣わして下さったのです」



(電話)

天帝「どうした、我が娘よ……
   酷いあだ名を付けるな? なんだ、どれのことだ?
   ああ、あれか…………。あれが厭だと言っていたのか?
   ……違うのか。
   まあ貴様がそう言うのなら、私に否はない。従おう。
   天帝(てんてい)を従わすなど、おまえは恐ろしい女だな」

(電話を切る)

天帝「……男に女名(おんなな)は、不自然であったかな」