※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全国オンライントーナメント

概要

  • QMA7と基本的には変わらず。
  • ジャンル・形式についての詳細は→予習・問題形式

トーナメント構成

  • QMA7と同じ。
QMA5まで QMA6・QMA7・ QMA8
名称 通過人数 出題数 名称 通過人数 出題数
QMA6 QMA7
QMA8
予選 1回戦 16名→12名 6問 予選 前半戦 16名→10名
(前半脱落者なし)
5問 5問
2回戦 12名→8名 6問 後半戦 5問 5問
3回戦 8名→4名 6問 準決勝戦 10名→4名 8問 4問+4問
決勝戦 4名 12問 決勝戦 4名 12問 12問
  • 予選はQMA6~7と同じく、前半戦・後半戦の2部制で、前半戦での脱落者がない(必ず予選後半まで遊べる)。
    • その代わり、予選後半以降はQMA5以前と比較して一度に脱落する人数が多い(予選後半以降、各試合「4名脱落」→「6名脱落」に)。
  • 準決勝は、問題数はQMA6と同じく8問だが、QMA7と同様の前半4問と後半4問で出題ジャンル・形式が変わるスタイルが継承されている。
  • 全ての組において、予選・準決勝で出題される合計4つのジャンル及び4つの形式が重複することはない。
  • COMの思考ルーチンがかなり強化されているのでCOMが混じりやすい時間や下位組では注意が必要。

ステージ構成

  • QMA7同様、ジャンル(準決勝においては前半4問のジャンル)で決定される。
ジャンル 前半戦会場 後半戦会場 BGM 準決勝会場 BGM 決勝会場
ノンジャンル 教室 桟橋 1 船上 B
アニメ&ゲーム 美術室 校門 1 遺跡 D
スポーツ 体育館 ビーチ 2 鉱山 B
芸能 音楽室 時計塔 3 草原 A
ライフスタイル 家庭科室 アカデミー前 3 市場 C コロシアム
社会 視聴覚室 船着場 2 D
文系学問 図書室 エントランス 3 C
理系学問 実験室 廊下 1 地下街 A

トーナメント参加者発表

  • QMA3やQMA7と同じく、参加者の情報が4行×4列で表示される。
  • 自分の情報は常に右下に表示されるため、ホストから数えて何番目のエントリーか、自分がホストかどうかがはっきりと分からない。
    • 偶然同店舗から同じトナメに入った人がいた場合は、そちらから確認できる。
    • COMが入っていた場合は、その階級から自分がホストかどうか判別できることがある。
      (COMはホストと同階級、宝石賢者の場合はその中からランダムの初段)
  • 自分の情報の下に[情報切り替え]ボタンがあり、そのボタンを押すごとに、参加者の情報が「階級・CN」から、
    「ジャンル別正解率グラフ」→「検定試験結果」→「クマフィー所有数」→「協力プレー結果」→「サークル活動」→「階級・CN」→…と表示される。
    • 正解率グラフはこれまでと同じく、正解率最高値を5、最低値を1としたときの相対グラフで表される。
    • 検定試験結果はQMA5~7と同じく、それぞれのテーマのパネルがSランク→金色・Aランク→銀色・Bランク→銅色 で表示される。
    • 協力プレー結果は最後に参加したコースのものが表示される。
    • サークル活動はアクティブサークルとそのサークルのレベルが表示される。
  • 参加者発表からトーナメント開始までの時間はかなり短く、あまり情報をじっくり見られるほどではない。
  • トーナメント参加者発表時に各キャラをタッチすると、台詞を喋りながらアクションをとる。
    • 台詞とアクションは、各キャラごとに固有のものが1種類のみ。

予選前半戦~後半戦

  • QMA7からの目立った変更はなく、前半、後半各5問100点ずつ、計200点満点で合計点を競う。
  • 出題ジャンルは、全8ジャンルの中から前半戦で1ジャンル、後半戦で別の1ジャンルが出題される。
  • 出題形式は早いもの勝ちクイズを含む全ての形式から1つずつ、前後半戦でそれぞれ別のものが出題される模様。
    • 総合形式が廃止された為、QMA7の個別形式に相当する形式とジャンル名・ランダムのみが出題される。
    • 前作の準決勝同様、ランダム1~3、ジャンル名・ランダムは被らないよう出題される。
    • 前作と共通で出題されるのはジャンル名・ランダムのみである。
    • フェアリー組は出題範囲制限内のうち2つ出題で固定。
  • 前半戦終了時には、「上位3名のCNと得点」「自分の得点」「参加者全体の平均点」のみが表示される。
    • このとき、自分の順位や、得点と平均点の比較で、自分のキャラのセリフが変わる。
  • 後半戦終了後、順位が発表されるが、後半戦のみの点数は表示されず、前後半の合計点が発表される。
    • まず1位が発表され、1~10位がタイミングをずらしながらまとめて表示され、その後に11~16位が一気に表示される。
    • QMA7と比較した際の数少ない変更点である。QMA7では1位→2~7位→8位~10位→11位~16位の順で成績が表示されていた。
  • 100点満点は前半、後半それぞれでチャンスがあり、仮に200点満点(=前後半とも100点を取った)の場合は「2回」カウントされる模様。

準決勝

  • QMA7と同じく問題数は8問で5問目にジャンル・形式が変わり、実質的には前半4問+後半4問という構成になっている。
    (予選と異なり前半・後半の間にインターバルはなく、8問で100点満点)
  • 出題ジャンルは、予選で出題されたものを除く6つのジャンルから、前半で1ジャンル、後半で別の1ジャンルが出題される。
  • 出題形式は、予選で出題されていない形式から出題される。当然、出題範囲が全部だと、18問全てランダムクイズの可能性がある。
  • QMA7と違い、ノンジャンル以外のジャンル名・ランダムも予選で使っていない場合は出題対象。
    • 早いもの勝ちクイズは予選専用のため、準決勝では出題されない。
    • フェアリー組~ユニコーン組は出題範囲のうち予選で使わなかった形式からとなる。
    • 前半・後半共にサブジャンルの可能性もある(野球・音楽、ホビー・地理、歴史・生物etc……)
      • 横並びのサブジャンル(地理と歴史、ホビーと生物、その他同士等)がかぶる事例はない。これは前作と同じ。
      • ジャンル名・ランダムとサブジャンルの同時出題の可能性もある。

決勝戦

  • QMA7とほぼ同様の構成の、従来通りの12問(3問×4人)出題で100点満点。
  • 参加者がそれぞれ出題ジャンル・形式を選択し、エントリー順に出題される。
    • QMA8では自由形式のみ、難易度が「EASY」「NORMAL」「HARD」の3段階から選択できる。
      (ちなみに★1の場合でもEASYでは★3?までの問題が出題される。)
    • それ以外の形式では難易度選択はできない。その場合、出題される難易度の範囲は、QMA5以前・QMA7と同様に★依存となる。
      (例えば、★4まで上げている場合は★1~4の問題の中から出題となる。)
    • QMA7では難易度設定できたランダムも難易度選択できなくなり、個別形式同様★依存となる。
選択難度 出題難度 選択可能条件
QMA6~7 QMA8
EASY ★1~3相当? なし
NORMAL ★2~4相当? ★3以上 ★4以上
HARD ★3~5相当? ★5
※自由形式では選択した3つの形式の全てが選択可能条件を満たしていることが必要(3つの形式のうち最も★が少ない形式が基準となる)。
  • CPU(アイス化含む)の出題は今までのシリーズと同じく、人間が出題した後になる。
  • QMA7と同じくCPUの出題範囲は「ホストの出題可能範囲依存」(QMA7と違いアイス時も変わらず)。
    ランダムを出題するようになったが自由形式は出題しない。
  • QMA6~7と同様に、出題者がどの難易度を選択したかは表示されない。
    また形式も「自由形式」とだけ表示され、個々にどの形式を選択したかも示されない。
  • 決勝の画面構成は、QMA7と同じようにちびキャラ4人が並ぶ。
    • QMA7と同じくちびキャラの表示は大きめで髪が揺れるなど、細かな動きが見られる。
    • 正誤判定時、不正解者のちびキャラ全員に電撃が落ちる。
    • QMA7と同様、ドラゴン組で決勝戦がCOMがいない(全員が人間プレーヤーの)状態で優勝すると、プラチナメダルを取得することができる。
      • それ以外の優勝はゴールドメダルになる。

復習

  • PASELIでトーナメントをプレーした場合、そのプレーのトーナメントで出題された問題が再出題される、復習モードをプレーできる (有料)
    • 店舗毎に値段設定の変更が可能。
  • 魔法石授与画面(16位敗退の場合は省略)の後、復習モードの選択画面が表示され、ポイントを支払うことでプレーできる。
    (選択の猶予は10カウントで10カウント過ぎると強制的にトータルリザルト画面に移動する)
  • 基本的には間違えた問題が優先的に出題されるが、あくまで出題だけで正解は教えてくれない。
  • 間違えた問題が5問以下の時、復習は1回だけで終わるが、6問以上ある場合には終了後に再び復習モードの選択画面が表示される。
    • 続ける場合、更にポイントを払わなければならない。ここで止めることも可能。
    • 11問以上間違えた場合に3プレー目ができることを確認。(理論上は26~30問間違いで復習6プレー目まで可能?)
    • 間違えた問題数が5の倍数でない場合に、余った問題は正解した問題が出題される。
    • 間違えた問題はトーナメントに出た順番通りに(予選前半→予選後半→準決勝→決勝)、正解した問題は正解率の低いものから出題される。
  • 基本的に出題される問題はトーナメント時と同じ答えになり、分岐先が変化するようなことはない模様。
    • 四択・連想での選択肢の順序や、旧パネル系の個別形式での初期配置は変化するが、分岐の有無や分岐先は変化しない。
      • 選択肢が5個以上用意されている四択・連想の場合、同じ選択肢の構成にならないことがある。
    • エフェクトの表示スタイルは変化する場合がある。
    • 順番当て、線結び、一問多答、及び早いもの勝ちクイズの問題の場合は、トーナメントでの出題時と異なる選択肢で出題されることがある。
  • 復習はガイド役に指定している教師が担当する。
    • BGMはガイド役の教師にかかわらず、ノンジャンルの曲が流れる。

トータルリザルト画面

  • 過去の戦績表示はQMA7と同じく過去3戦分。
  • トーナメント結果によりプラチナメダルを取得した場合、プラチナメダル取得場面のスキップは不可能(表示時間を短くすることは可能)。