パルシェン

No.091 タイプ:みず·こおり
特性:シェルアーマー(攻撃を急所に受けない)
   スキルリンク(連続技が必ず5回当たる)
夢特性:ぼうじん(天候によるダメージを受けない)
体重:132.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
入手可能ソフト:FR/XD/DPt/HGSS/BW/BW2
構成部品 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
パルシェン 50 95 180 85 45 70
50 210 113 190 23 160
-75 -135 47 -125 2 -110
※Lv50,性格補正1.0,努力値全て0,個体値全て31で計算。核と殻を足せばパルシェンのステータスになるはず
ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ/かくとう/いわ
いまひとつ(1/2) みず
いまひとつ(1/4) こおり
こうかなし ---

進化

シェルダー→みずのいしでパルシェン→からをやぶるを覚えた状態でレベルアップ→ゴース
↑だから図鑑ナンバーパルシェンの次がゴースなんですね、分かります

XYでは思い出しでハイドロポンプを習得。シェルダーのままレベル61まであげる必要がなくなった。
↑更にからをやぶるも思い出しで覚えられる。

第4世代までは癖ありで扱いづらいポケモンであったがBWでなんとパルシェン覚醒!
BDを一段階ダウンさせる代わりに、ACSを二段階アップさせる凶悪技からをやぶる習得。
さらに、つららばりの威力が10から25にアップという凶悪技に。しかも連続技ならタスキ・頑丈を貫通する追い風も吹き、
本家Wikiではあの名高いマンダやグロスなどと同格の強さを持つポケモンとして表彰されるようになった。
おめでとうパルシェン!
↑脱げば脱ぐほど強くなる……ゴクリ。

BW2のシナリオでは、対強化アイリス要員としてもオススメ。
からをやぶるからのスキルリンクつららばり(ラプラスにはロックブラスト、ボスにはなみのり)で無双できます。
まあ用意するのがちょっと面倒だけど。

ママンボウ以上の物理耐久とアンノーン以下の特殊耐久を併せ持つポケモン、それがパルシェン。
ここまで物理耐久と特殊耐久の差があるポケモンはなかなかいないだろう。

対策されすぎたせいか、BW初期と比べて個体数が激減した。
↑でも鬼物理防御にヤチェ・マルスケ・タスキ・頑丈貫通の氷技が脅威であることには変わらんね。破んなくてもそこそこいけるし。
↑↑それでも強いけどね。サブウェイでは煉獄がマジできついが
↑、↑↑なんだかんだでパルシェン強化の一番の要因は威力がアップしたつららばりの方なのかも
↑今は殻を破る以外にもスカーフ型や鉢巻型も結構多くいるね。
威力125の氷タイプの一致貫通技なんて攻撃技としては最強クラスだからなあ

殻を破るとつららばり強化に隠れがちだが地味にハイドロポンプも習得していたりする。
↑しかも自力で覚えるからな。大概こういうのはタマゴ技なんだけど自力は珍しいかもしれない
↑↑1日1万回 感謝のみずでっぽう!…と思ったらみずでっぽう覚えないんだね 
↑何せ初代じゃ氷単タイプと勘違いされてたぐらいだからな。波乗りという偉大な秘伝マシンが無ければまともな技が無かった。
↑まぁ初代に限れば最強の水技からではさむがあったからなみのりいらなかったけど

つららばりの威力強化とタイプ一致補正で、25×1.5の威力37.5!
特性「スキルリンク」によって37.5×5の威力187.5!
そして氷四倍の相手に叩き込めば187.5×4の…
お前たちをあっさり葬り去る総威力750だーーっ!!
↑氷4倍でなくても新竜のオノノクスサザンドラも一発で葬り去れるみたいだ
 もし相手がヤチェ持ちでも、氷柱針の最初の一発目にしか半減適用されないから残りの四発で確実に落とせる
↑つまりパルシェンはドラゴンの天敵と言えるほど強化された訳か。不遇だった4世代までがウソのようだ…
↑まぁ実戦では四倍勢は氷の礫で落ちるんだけどな。いじっぱりなら201ガブが落ちる。

初代防御力No.1。(防御種族値180)
その後ハガネール(200)やツボツボ(230)、レジロック(200)といった顔ぶれに抜かされるものの、
素早さ70のおかげで大抵の堅物ポケモンに先手を取ることが出来る。
金銀以降とくぼうが紙になってしまった。数値にしてフーディンの物理耐久以下
↑しかし実際は金銀に増殖しまくったのがパルシェン。金銀でのパルシェンの使用率は異常
↑あれ?水晶で撒きびし覚えてからじゃなかったか?
↑まぁ、当初は確かに見向きもされなかったからな。クリスタル以降はライコウ+パルシェンをウザいぐらい見るハメになったがな
一応クリスタルも金銀時代のだから、金銀時代に一番使われていたというと間違いではないはず

もし耐久種族値が125-105-45(HPと防御の数値を入れ替えた時の実質種族値)だったら特殊耐久もマシになってたかもしれない…

第四世代まではそこそこ高い攻撃を生かした大爆発ができていたのだがBWにて大爆発が弱体化。
しかしここで半ばネタにすらされていたスキルリンク+つららばりが強化されたためそれほど痛手ではない様子。
↑それほどっていうか全く痛手でないような…
↑殻を破るからの大爆発の威力=第4世代までの仕様の大爆発の威力だからな。
↑むしろ最近は技欄が足りないポケモンになりつつある。必須の殻を破ると氷柱針、安定のロックブラスト、加えて礫やハイドロポンプ、さらには型が固定化されつつあるためめざパで奇襲すらできる。

物理耐久こそ中々の物だが、特殊に関してはなんとあのフーディンの物理耐久以下。
タイプ不一致10万ボルトでも軽く致死量のダメージを受けるので注意。
くさむすびイタイイタイヤメテ><
↑昔カンナ(強化後)のパルシェンにLv100ラグラージで地震くらわしたらわずかに耐えやがった
でもなみのりで十分とどめを刺せると思いなみのりを選択
カンナはパルシェンにかいふくのくすりを使った!→ラグラージのなみのり!こうかはいまひとつのようだ!
→てきのパルシェンはたおれた···
↑そもそもメガドレインで即死するのでくさむすびとか10万ボルトとかオーバーキルである。多分3体分くらい死んでいる。

性格補正無しでHP特防どちらかの個体値が29以下だと、拘り眼鏡装備した控えめキャモメ(特攻種族値55)の電撃波で死ねます。
↑HD無振り-補正の場合、控えめC252コイルの持ち物なしでんきショックで確1で死ねます。
↑同条件でコジョンドのしんくうはで落ちるぜ。ルージュラの特防と似たようなもんだからな。

ちなみにいつかのマリリンの回のアニメでシェルダーが水鉄砲でロケット団に攻撃していたが…
こいつ、水鉄砲できないんだよな…。 あいつはチート使いだったのか?しかしなぜに水鉄砲などを…。
↑初代には水鉄砲の技マシンがあった。それを使ったんじゃね?

元が使えなかった技だから仕方ないけど連続技で一発威力25でPP30って冷静に考えるとヤバイなw
スキルリンクのこいつならなおさら
ちなみに他の連続技と比較すると
ロックブラスト 2~5回 威力25 命中90 PP10
スイープビンタ 2~5回 威力25 命中85 PP10
ギアソーサー 2回 威力50 命中85 PP15
ダブルチョップ 2回 威力40 命中90 PP15
つららばり 2~5回 威力25 命中100 PP30
タネマシンガン 2~5回 威力25 命中100 PP30(お仲間)
↑第6世代で大幅にPPが削られるんだろうな、暴れるだって今回威力上がった代わりにPP半分になったし、
逆鱗も第4世代で威力上昇→第5世代でPP削られたし。
もしバニプッチがシナリオ序盤で出てきたら氷柱針無双だっただろうな…進化レベルからして序盤用じゃなさそうだけど
↑↑つっぱり「オレは?」
↑お前らはもう少し強くなってから出直してきなさい。

とげキャノンって水タイプの奴しか覚えないしもう水タイプの技にしちゃっていいと思うんだ。

ちなみに、こいつの中身はゴースではない

実は初代では合計種族値でトップ10近くに入るくらいだったポケモン。今でも525もあるのだが。
↑しかし現実は使い勝手の難しさと無駄に高い防御種族値・低いHP種族値の所為で余り高く思えないんだよなw
責めて防御種族値がもう少しHPに回ってたらと切に思う
↑BWの環境なら殻を破ってもあまりにも防御が高いせいで多少の物理は打たれても「何、どうということはない」な感じになるからある程度は実感できると思う。
↑殻を破ったから防御低くなっただろうと思って鉄蟻のはりきりストーンエッジぶつけたら余裕で耐えられた…
↑殻を破る前なら陽気達磨のアイテムなしフレドラを無振りで普通に耐えます(といっても100ダメ弱喰らうが)。物理は硬いな…
↑うちのパルシェン、マンムーの地震→礫耐えしたぜ。赤まで行ってたから自分でもまさか耐えるとは思わなかった……ww

パルシェンのモンコレを持ってる人はご確認していただきたい。
正面(顔のある所)には大きなトゲが、背面にもでっぱりがあり
右を向いてもトゲ、左を向いてもトゲと、サンダーもビックリの踏んだら痛いポケモン!
↑まさに、全身まきびし!!
最近、踏んづけちゃったら、筆舌しがたい痛さだった・・・・パルシェン、テラ硬いでス(´・ω・`)
↑↑「ふむと痛いよ。ふんでみ、ホレ。こわいか、ホレ。」
ウニヘイ「旨いと思うなら食え大人だよおまいさんは・・・」

ところで本家ではじまりまくってるからをやぶるだけど、これがそのままポケダンに実装された場合、
攻撃特攻倍の5連発つららばりが2連射で飛んでくるってことになるんだよな・・・
↑本家とポケダンでの能力変化補正は違うから1回積まれてもステ2倍になる訳じゃない。
まあ更に強化されたという事は間違いないが・・・ただでさえパラセクトやフワライド並に脅威なのに・・・・
↑からをやぶるもつららばりもパルシェンは自力で覚えないから、怖いのは56Lv以上のシェルダーだけ

コイツに限ったことじゃないがアニメにおいて「殻を破る」はどうやって描写するのだろうか
↑殻を奪われたイシズマイが光に包まれてパキーン!ってなったがちゃんと殻がある奴はしっかり破ってくれるのかな
↑いや私はみんな光ってパキーンになると思うな。バトレボ見たいなシリーズでもそういうモーションになると思う。
↑めざめるパワーの補助技バージョンみたいになるのか
↑アニメで一回見たが、殻を脱いでから光ってパキーン!ってなる。そしてその後殻無しで戦う。
期待通りに破ってはくれない。

他の所では触れているがここでは未だに話が出てきてないので触れておくが
なぜかBWからタマゴからダブルニードルを習得可能。
頭にトゲがある以外接点も共通点も見当たらないが…つーかそもそもどっから遺伝すんの?
蜂(虫)蠍(虫/水中3)→パルシェンと遺伝させればOK
多分殻にデカイ棘が二本ついてるから覚えるんだろうけど…何に使えばいいのだ、この技は
↑連続技オンリー型が作れるようになったと喜べばいいさ! という訳で作ってみた。オチは向こうでつけておいた。

あまりにもダブルニードルが可哀想なので、役に立つ場合を真面目に検証してみよう
まず特性スキルリンクだと氷柱針&ロックブラストに勝てる要素皆無なのでシェルアーマーに限定する
この場合の威力期待値は、細かい計算省いて結果だけを記すと
氷柱針:131.25 ロックブラスト:78.75 ダブルニードル:50 となる
つまり、ダブルニードルが氷柱針&ロックブラストを期待値上で上回るのは、相性が以下の場合のみ
4倍 2倍以下 等倍以下
2倍 等倍以下 半減以下
等倍 半減以下 1/4
ちなみにこれを満たすのは厚い脂肪ブーピッグ、サメハダー、シザリガー、スターミー、カラマネロ、ヤドン系程度である
スターミーやヤドキング、カラマネロ相手になら使えるかと思いきや、相手の技がほぼ確2に対してダブルニードルは良くて乱2。相手するのは厳しい
結論:やっぱり趣味技。せめて追加効果が100%発動ならば…

からをやぶるを使うとからにこもるはうまく決まらないんじゃあ…

ナパーム弾でも壊れない殻を自力で破壊出来る謎の黒い塊の正体とは?
実は呪いの殻で「最後の切り札ハイドロポンプ」を習得した事でパージ出来たのかもしれない。
↑タマゴの殻みたいに外側からの衝撃には強いが、内側からは簡単に敗れるんでしょ。
↑二枚貝は体と一体化していて剥がすと即死するのだが……死なないとは根性のある貝だ。

本家のパルシェン対策に「まさに伝説級の要注意ポケである」ってあるが、実際伝説ポケの大半はこいつに勝てないんだよな…
襷→からをやぶるからのつららばりかロクブラで先制技持ちも少ない伝説ポケは大体弱点突かれて乙っちゃう
氷なんて怖くない伝説竜勢がちょっと辛いか? まぁ逃げればいいだけの話だが。

スキルリンクパルシェンで氷柱針、ロックブラストを使うときは、ぜひとも「グォレンダァ!」と叫んでほしい。

最近知ったんだが、進化前のシェルダーってベロみたいなヤツ出してるじゃん?
あれって実は だったらしい、調べたら普通に出てくる
でも、ポケモン図鑑ではベロって書いてあるし・・・どっちが正しいのだろうか・・・
↑元ネタ的には足。でもデザインした杉森さんは多分ベロイメージで描いてる。
つまり後付的には、真面目に生態を考えるなら足が進化の過程であのような形になったと推測されるけどオーキドが初めて見たイメージじゃベロに見えた。とそんな感じだろう。
二枚貝の各部の名称は足とか口とか人間っぽいままで通してあるので生物学的にはあってても一般人視点だと結構カオスなことになってる。
要はタコの腹はデコだから鉢巻じゃなくて腹巻になるがタコの鉢巻という名称で親しまれてるのと同じ。

夢特性が砕ける鎧じゃないかと期待していたのは俺だけじゃないはず。
↑砕けたら中身が見え……るのはいまさらか。

ジャポのみが解禁されたことにより非接触技でも襷潰しされる可能性が出てきた
特に連続技は1発目で発動、そこでひんしになると2発目以降は出せなくなるので
からやぶ+連続技使いのパルシェンにとってはかなり痛手になるだろう
幸い接触限定の代わりになくならないゴツメの方が汎用性が高いので流行ることはなさそうだが、
万が一流行ったらからやぶパルシェンは特殊アタッカーにした方がいいのかな



からをやぶる防塵型

性格:むじゃきorうっかりや
努力:素早さ252 特攻or攻撃252 
持ち物:きあいのタスキ
特性:ぼうじん
確定技:からをやぶる
特殊:ハイドロポンプ/れいとうビーム
物理:シェルブレード/つららばり/ロックブラスト/こおりのつぶて/だいばくはつ

天候でタスキが潰れません。おめでとう。
おそらく特殊メインになると思われるが、
それでもカイリュー対策として氷柱針の優先度は高い

本家に同じような型があるんだが・・・

特殊型

性格:ひかえめ、おくびょう
特性:シェルアーマーorぼうじん
持ち物:きあいのタスキ、各種ジュエル、こだわりスカーフ等
努力値:C252、残り調整
技:からをやぶる、ハイドロポンプorなみのり、ふぶきorれいとうビーム、めざめるパワー(電気、草等)、シグナルビーム等

意外と無かったようなので作成。
ひかえめC252振りならH252メタグロスを殻破り後ドロポンで超高乱数で1発にできるなど、鋼では止まりにくい。
襷、頑丈は潰せないが元が強いのでそれなりには戦えるだろう。
ちなみに、苦手なニョロボン、エンペルトは殻を破ってもめざパ電で確1にできない。

↑ジュエルを持たせれば確1。HP振りのヤドラン、ブルンゲル、スイクンも殻を破る→ジュエルめざパ→アイテムなしめざパで圏内。
あとつらら張りを持たせたらタスキ持ちの可能性のあるポケモンも問題なく潰せる。無振りでも破れば火力は十分過ぎるほどある。
実際に運用してみたが、破れれば3タテも可能なほどだが、タスキがないと意外なほど破る機会がない。サポートがあればなんとかなるが。
連続技の火力を落としてタスキ頑丈に弱くしてまで特攻に振るメリットは普段勝てない相手に勝てるようになること、ここに尽きる。

でも実際はメインウェポンのドロポン外してorzってなったりウォッシュロトムやランターンで止まっちゃったりする

撒き型

性格:わんぱく
努力:HP252 防御252
持ち物:きあいのタスキ
特性:シェルアーマー
技:どくびし/まきびし/だいばくはつ/攻撃技

クリスタル時代に流行ったとされる、まきびしをばら撒くパルシェン。
お供にはほえる持ちライコウ。

現環境で再びラッキー等、サイクル重視の耐久型が暴れまわっているため、
一巡して使えるようになったかもしれない。
↑最近また流行ってるみたいだな。サイクル耐久の対策にもなるし、耐久する側が使ってもいいし

嫌がらせ型

性格/ずぶとい
努力/HP252 防御と特防に適当に
持物/たべのこし
特性/シェルアーマー
わざ/どくどく、まもる、かげぶんしん、れいとうビームorなみのりorダイビング

書いた自分が言うのもなんだがねーよw

スイクンとかミロカロスとかカメックスとかとかとかtktkでやれ
↑タワクオの下では凶悪だがな···

性格腕白位でHP252・防御252、うずしお/どくどく/まもる/ダイビングとかで
苦手な相手辺りに嫌がらせを…とガチでの使用を試みたけど無理かなorz

思ったけどFRLGのカンナ(強化前)が使ってくる型(あられ/まもる/ダイビング/まきびしだから)と
戦法(あられ→まもる→ダイビング→まもる→…)はこれとよく似ているな。
とはいえ、今ではあられを降らせるなら御大を使ったほうがはるかに早いが

からをやぶる耐久型

性格:防御↑ 特防↑
特性:どちらでも
持ち物:しろいハーブ
努力値:HP252 防御or特防252 すばやさ調整
確定技:からをやぶる
選択技:てっぺき

相手の攻撃を高い防御で受け、殻を破ることにより決定力を補う。
死に出ししか出来ず一度止められたら終わりの襷アタッカーに比べて、
後出しから何度でも繰り出せるのが強みに。なってくれることだろう。
↑個人的には面白いと思った。ただ一度からやぶしたらこちらもそう出し入れ出来ないが。
特殊耐久とタイプで受けは多少不安だけど、からやぶ持ちの中じゃ足は一番だし。
かといって無振りじゃほとんど抜けないのだが抜きたい仮想敵とかいるだろうか

まさかの耐久型

特性:シェルアーマー
性格:わんぱく/ずぶとい/のうてんき
努力値:HP252 攻撃or特攻調整 残り防御
持ち物:半減実/たべのこし/オボンのみ
確定技:れいとうビームorつららばり
選択技:なみのり/こおりのつぶて/だいばくはつ/どくどく/まきびし/どくびし/てっぺき/みがわり
柔らかい印象があるが実は防御種族値は180もある。これはなんとツボツボ、レジロック、ハガネールに次ぐ4位!。
またシェルアーマーという守備に適した特性を持っていることは、あまり知られていない。
その上撒菱や鉄壁といった個性的な補助技を持っており、サポートにも役立ったりする。
このように意外にも耐久型に適したポケモンである。シェルアーマーパルシェンが使われる未来も、そう遠くないに違いない。
↑シェルブレぶっぱとか考えてるけどH50D45じゃなあ・・ 無振りじゃほぼ即死だろ
↑↑ひょっとして性格候補に能天気が入るポケモンってこいつくらい?
↑「耐久重視」で「二刀」で「Sは必要だけどDはいらない」型っていうのもなかなか思いつかないww

HB全振りした場合持ち物なし陽気A252アーケオスの諸刃の頭突きですら確定で耐える

ポケダン型

特性:スキルリンク推奨
性格:ずぶとい(みがまえる)
持ち物:ポケダンに出るものorおうじゃのしるし(いあつかん)
技:とげキャノン/まもる/ちょうおんぱ/オーロラビームor自力技の何か

スキルリンクの本編での微妙さはどこへやら。他の技と大差ない威力を10マス先から5連発するトンでも兵器になってしまった。
近づいたら近づいたでゼロ北だといあつかん+まもる+ちょうおんぱのストロングループを発動する鬼畜っぷり。
オーロラビームの攻撃ダウン率もなぜか50%もあり、発動するといきなりダメージが一桁になることも。
実はこれでも「みがまえる」で一発あたりの威力は下がっていたりする。つららばり持ちや「こうげきてき」だったら終わっていただろう・・・

ポケダンで仲間にして使う場合はこおりのつぶてとかつららばりをシェルダー時代に覚えさせたい。

プラチナではシグナルビーム・こごえるかぜが教え技化。この2つの技もポケダンではトンでも性能。
XD技だとリフレッシュまである始末…プラチナ発売前にポケダン発売されて本当に良かった。
↑更にHGSSではロックブラストまで習得。教え技は基本的にポケダンでは習得出来ない事が多いけど
 ロクブラは本気でマズ…くは無いか、敵はタマゴ技までは使って来ないし

特性とか技の関係上例の風船と同等程度の強さがある……はずなのだが、そいつと比べて
あんまり話題に挙がらないのはポケダンでは初期能力が低い&能力が伸び悩むという理由が。
実は本編で高い防御もポケダンでは「みがまえる」無いと紙、レベル1に戻されるゼロ島南とか
初期能力の低いコイツだと結構攻略難しいです
↑結構と言うかマゾにしかお勧めできない。カクレオンやハネッコ系並に地雷

どうでもいいけどポケダン世界にからをやぶるが出たらどんな性能になるんだろう
防御特防ダウン+攻撃、特攻おおはばアップ+倍速とかふざけた効果になりそうで怖いんだが

殻サギ型

性格/適当に
努力/適当に
持物/かいがらのすず
特性/シェルアーマー
技/からをやぶる からにこもる シェルブレード からではさむ

とりあえず殻を破る。

後は殻にこもってみたり、殻で相手を挟んでみたり、殻で相手を斬ってみたり、ついでに殻で急所をカバーしたり。
「お前が今破ったものは何よ?」と相手に言わせたら勝ち。いや、勝負じゃなくて気分的に。
↑殻を破るって一発で全部の殻破るんじゃないんじゃね?

ピカ版ライバル型

特性:この際お好み
性格:しらん
努力値:0
持ち物:初代にねーよ
技:れいとうビーム/とげキャノン/オーロラビーム/からではさむ

なみのりの一つくらい入れろよお前…

シェルアーマーパルシェン最強火力型

性格:いじっぱり
特性:シェルアーマー
持ち物:こおりのジュエル
努力値:HAぶっぱ
技:からをやぶる ゆきなだれ

雪雪崩の技マシンは消えたが何故か今作でもパルシェンの遺伝技に収録されている雪雪崩。
相手から攻撃を受ければ殻を破るから威力120の氷技をぶっぱできるぞーすごいぞーかっこいいぞー。
運用は難しい。しかもここまでしても氷柱針5発に威力が劣る

特殊受け型

性格:おだやかor慎重
特性:シェルアーマー
持ち物:オボンorカゴのみ
努力値:HD全振り
技:ゆうわく/どくどく/ねむる/まもる/みがわり/ハイドロポンプorゆきなだれ

とりあえず作ってみたものの、技が無さ過ぎて誘惑が技候補に入る。
これ以外にやることってあるのか?
もはやどうしようもない感じしかしない

連続技こそ全て型

性格/適当に
努力/適当に
持物/おうじゃのしるしorメトロノーム
特性/スキルリンク
技/とげキャノン つららばり ロックブラスト ダブルニードル
全力でスキルリンクしてみる型。
持ち物がおうじゃのしるしならひるみも狙えるぞ!
念願の連続技四つ目がようやく揃った!
さぁみんなで育成しようぜ!


……ダブルニードルの無駄な遺伝範囲の狭さが招いた悲劇である。

バトルフロンティアのバク型

性格:わんぱく
努力値:AB全振り
持ち物:たべのこし
技:ゆきなだれ/ダイビング/どくどく/まもる

今更だが作ってみた。
バクは物理耐久や特殊耐久の高いポケモンを使用してくるがその中でも特に地雷はコイツ。
今でいえばトウコ(トウヤ)の物理重視で出てくるママンボウのような感じ。
HP低いので特殊耐久や高威力弱点技で突かれれば簡単に落ちるし、毒撒いて守るでターンを無駄にしダイビングでさらにターンを無駄に費やすわで一向に戦いが進まずイライラします。
現在ではパルシェンは大幅に強化したので期待はできるかも!?

パルシェンの歴史

初代からの水の石進化の相方とは完璧に対照的な激動の歴史を歩む。酸いも甘いも知るポケモン。

第1世代

全ポケモン中最高の防御力を持つポケモンとして登場。
タイプ一致吹雪や、氷タイプで唯一使える大爆発等があり、更に今で言う特防も特殊一括で85と
それなりの数値を持っていたため今ほど特殊に弱いわけではなく、それなりの実力は持ち合わせていた。
また専用技の殻で挟むは反撃不可の上威力35というとんでもない技だった。
(ただしこのハメは交換で回避可能。回避したところで先制できないと意味は無いが)

しかし氷タイプの優遇性、技の揃いはともあれ、大会では弱点の電気技持ちの相手が多いという都合上、
先制の電気技で大ダメージ、といった事態が多く、氷タイプでは圧倒的な特殊から吹雪を放つフリーザー、
特殊型が幅を利かせていたこの当時から中々の特殊耐久を持っていたラプラス、水タイプでは素早さが高く
攻撃範囲の広いスターミーなど強力なライバルも多く、パルシェン自体は素早さは平均以下、特殊耐久も
微妙と言う厳しい理由があった。
更に98カップ以降は大会に於ける対戦ツールがポケスタに変更された事もあり吹雪の追加効果が弱体化した
影響もあり、氷タイプの優位性も薄れる事に。この影響もあり対戦での使用率は余り芳しく無く、他の
氷タイプが軒並み禁止された99カップでもジュゴンよりはマシな程度しかなかった。

四天王の一番手カンナの手持ちとして登場するパルシェンはからではさむや超音波を決められると厄介だが、
大抵は自慢の防御を無視した電気ポケモンの先制10万ボルトや雷で1~2発KOされるという役回りで。
ピカチュウ版ではライバルのイーブイがシャワーズ以外に進化した場合に、ライバルの手持ちとして
登場するが、ステータスが高く技もれいとうビームを使用してくる等、赤緑青とは比べ物にならないぐらい強化された。

第2世代

ツボツボ、ハガネールの登場により、それまで全ポケモン中最も高かった防御の種族値は3位に後退。
更に特攻特防の分離により、特防が40も下がってしまった。
大爆発が強化されたものの、殻で挟むの仕様変更、吹雪の弱体化等の大きなマイナス面を補うには至らず、
ガラガラ受けとしての性能も、HPの低さや回復技の都合で受けきれないためナッシーやメガニウムに劣る。
他の氷タイプ以上に厳しい状況に立たされ、水としても底辺クラスに転落していた。

しかしクリスタルが発売されると、まきびしを習得し、吠えるライコウのパートナーとして復活。
ガラガラに強い点、それまで唯一のまきびし使いだったフォレトスにHP、特防以外の能力で勝る点、
初代に送ることでリフレクターを習得出来る点、更に相性の関係も相まって、再び対戦の場に舞い戻った。
これを受けスターミーが高速スピナーとして活躍し出すなど、その影響力の大きさが伺える。
ガルーラ、エアームド、サンダーなど、ライコウ以外のほえるを使うポケモンのサポートにも起用され、
フォレトスと共にまきびし使いの有力候補として名を馳せていった。
(フォレトスも身代わりに弱いと言われながらも、大文字の無いカビゴンを受けるなどして頑張っていた)
但しまきびしを撒いて爆発するという用法上、エースとしての使用は難しかった。

第3世代

リフレクター没収、努力値仕様変更で更に低下した特殊耐久など第2世代前半以上に深刻化した自身の問題に加え、
エアームドの撒き菱習得、フォレトスのリフレクター、光の壁獲得などライバルの強化が重なり、
嘗てない程強い向かい風の中に立たされることとなる。
物理受けとするにも、弱点面等からバリアーを積まなければ安定しないのも痛手となった。
特性の「シェルアーマー」は優秀だが、積み重なった弱体要素の影響がそれ以上に大きく、
対戦での使用率は激減、再び私服を余儀なくされた。
(但しフォレトスも、壁と引き換えに鈍いを没収されカビゴンに勝てなくなった、砂嵐の弱化等で
 使用率は大幅に低下しており、まきびし使いは完全にエアームド一人勝ちになった。)

尚この時代から氷タイプの一撃必殺技としてぜったいれいどが登場したが、ルージュラ共々この技を与えられなかった。

第4世代

毒菱・氷の礫等有用性の高い技を習得出来るようになった直接的な理由に加えて、
新参の600族ドラゴンであるガブリアスを始め、新草御三家のドダイトス
物理受けでもかなりの実力者グライオン、重火力アタッカーのマンムー等の新勢力に対して
非常に優位に戦える等の間接的な理由により、第3世代から幾分か立場は改善された。
「鉄壁」の自力習得によるバリアー遺伝の手間が減ったのも、地味ながらありがたい所。

パルシェンの持ち物候補に挙がるオボンの実の効果変更も、プラスに働いた模様。
パルシェンに限らずHPの低いポケモン全般に言える事だが、これらのポケモンは第2~第3世代では
黄金の実やオボンの実による回復の割合が多かった為回復量の仕様変更により相対的な効果は
下がっているのだが、パルシェンの場合はHPに努力値を割く用法で用いられる事が多いため、
結果として回復量自体は上昇している。

ただしインファイトや馬鹿力、ストーンエッジなど高威力の弱点の物理技の登場により、
第3世代以上に物理技で押し切られる場面が多くなった。
加えて新たに得た特性の「スキルリンク」はパルシェンにとって余りプラスになっていない現状も。
スキルリンクを活用した戦法も幾らか考えられてはいるが、
50レベル戦のルール等ではシェルアーマーの方が運用しやすい面が多い。
プラチナで殆どロクな教え技を与えられなかったのも厳しいか。

HGSSにてスキルリンク型の新たなウェポン、ロックブラストを獲得。ただそれ程大きな強化に
繋がっている訳では無い様で、唯一のスキルリンク使いとしての評価はまだまだ芳しくは無い様子。

第5世代

物理受けの種族値にもかかわらず岩・格闘弱点のせいで使いにくいと言われたパルシェンは大きな転換点を迎えた。
「からをやぶる」の習得と「つららばり」「ロックブラスト」の威力上方修正・仕様変更によりアタッカーとして台頭。
第四世代までは「厳選の邪魔」とまで言われていた特性スキルリンクの評価が一気に上昇した。
きあいのタスキを持たせて強引にからをやぶり、上記2技にこおりのつぶてや新たに習得したハイドロポンプ、
役割破壊のめざパなどを加えて全抜きを狙う型が初期に大流行して対策必須のポケモンとなり物理受け・先制技・砂の地位を相対的に上げた。
まさしく第5世代の積みインフレを象徴するポケモンであり、悠々3タテするさまは皮肉を込めて「襷で殻を破る簡単なお仕事」とも称された。
今では対策されており、積みポケの天敵ともいうべきスカーフ変わり者メタモンもいるので簡単ではないが。

対策が進んだ現在は初期ほどの使用率は無いもののそこそこの使用率を誇り全抜きのポテンシャルや選出を縛る力は健在。
また一致弱点を突かれない物理に繰り出して鉢巻で火力を押しつける型や第4世代で見られた竜狩りを意識したスカーフ型も見られるようになった。
最近では毒菱を搭載してみがまもボルトロスとのコンビで使われることが増えた。
第2世代後期におけるライコウといい、強い時期のパルシェンは準伝の電気と妙な縁がある。

PDWで新しく追加された特性は「ぼうじん」 砂によるダメージを無効にできるもののスキルリンクが優勢になりそうな見通しである

番外

ポケダン赤・青ではそれ程目立たなかったが、時・闇の探検隊で注目される様に。
初期ステータスの貧弱さ(本編で高い防御もポケダンではかなりの紙)、スキルリンクを活用出来るとげキャノンの修得が遅い、
初期技に攻撃技無し、オーロラビームの命中精度に難有りとハネッコ種と似た様な欠点がある為レベル1ダンジョンには適さない一方、
スキルリンクが実装された事によるとげキャノンの長射程・確定5発と言う凶悪兵器化、スキルリンクとシェルアーマーの同時実装、
更に技もポケダンで強力なつららばり、新たに覚えた使い勝手の良好な2マス技のこおりのつぶて等があり、
賢さ面でも省エネ、深呼吸、威圧感等を覚える優秀な賢さグループに属している等の長所から、
長い目で見て育成すればかなりの素質を持つ頼れる仲間になり得る一面も。

ゼロ島北部で敵として出現した場合、威圧感+シェルアーマー+身構える+丈夫の上に守る+超音波で
やけに硬い上にスキリンとげキャノンを容赦なく放つ為、相当な難敵として恐れられている

覚える技

レベルアップ

RSE FL 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
シェルダー パルシェン シェルダー パルシェン シェルダー パルシェン シェルダー パルシェン
1 - 1 - 1 - 1 - たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
- - - - - 1 - 1 どくびし - - どく 変化 20
1 1 1 1 4 1 4 1 からにこもる - - みず 変化 40
9 1 15 1 8 1 8 1 ちょうおんぱ - 55 ノーマル 変化 20
- - 8 - 13 - 13 - つららばり 25 100 こおり 物理 30
- 41 - 43 - 40 - 13 とげキャノン 20 100 ノーマル 物理 15
25 1 29 1 16 1 16 1 まもる - - ノーマル 変化 10
33 - 36 - 20 - 20 - にらみつける - 100 ノーマル 変化 30
41 - 43 - 25 - 25 - からではさむ 35 85 みず 物理 10
- - - - 28 - 28 - こおりのつぶて 40 100 こおり 物理 30
- 33 - 36 - 28 - 28 まきびし - - じめん 変化 20
- - - - - - 32 - シェルブレード 75 95 みず 物理 10
17 1 22 1 32 1 37 1 オーロラビーム 65 100 こおり 特殊 20
- - - - 37 - 40 - うずしお 35 85 みず 特殊 15
- - - - 44 - 44 - しおみず 65 100 みず 特殊 10
- - - - 40 - 49 - てっぺき - - はがね 変化 15
49 - 50 - 49 - 52 - れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
- - - - - - - 52 つららおとし 85 90 こおり 物理 10
- - - - - - 56 - からをやぶる - - ノーマル 変化 15
- - - - - - 61 - ハイドロポンプ 120 80 みず 特殊 5
太字はシェルダーの時のみ覚えられる重要と思われる技

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技07 あられ - - こおり 変化 5
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技13 れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
技14 ふぶき 120 70 こおり 特殊 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技41 いちゃもん - 100 あく 変化 15
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技79 こおりのいぶき 40 90 こおり 特殊 10
技84 どくづき 80 100 どく 物理 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
秘03 なみのり 95 100 みず 特殊 15
秘06 ダイビング 80 100 みず 物理 10
※以下は第4世代までの技マシン BW
技03 みずのはどう 60 100 みず 特殊 20 タマゴ
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技55 しおみず 65 100 みず 特殊 10 Lv.
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技72 ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 タマゴ
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 ×
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×
秘05 うずしお 35 85 みず 特殊 15 Lv.

タマゴ技

GBA DS BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
バブルこうせん 65 100 みず 特殊 20
とっしん 90 85 ノーマル 物理 20
バリアー - - エスパー 変化 30
こうそくスピン 20 100 ノーマル 物理 40
いやなおと - 85 ノーマル 変化 40
つららばり 25 100 こおり 物理 30
マッドショット 55 95 じめん 特殊 15
HS ロックブラスト 25 90 いわ 物理 10
みずのはどう 60 100 みず 特殊 20 4th:技03
アクアリング - - みず 変化 20
ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 4th:技72
ダブルニードル 25 100 むし 物理 20

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5
みがわり - - ノーマル 変化 10
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10
いばる - 90 ノーマル 変化 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
じばく 200 100 ノーマル 物理 5
ダイビング 80 100 みず 物理 10
シグナルビーム 75 100 むし 特殊 15
てっぺき - - はがね 変化 15

その他

威力 命中 タイプ 分類 PP 詳細
とっしん 90 85 ノーマル 物理 20 XD
リフレッシュ - 100 ノーマル 変化 20 XD
バリアー - - エスパー 変化 30 PDW
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 PDW

遺伝

タマゴグループ 水中3
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化条件 シェルダーに「みずのいし」を使うと進化。

遺伝経路

バブルこうせん メノクラゲ(L19)/クラブ(L15)/サニーゴ(L25)/ヘイガニ(L20)
とっしん :自力(XD)
バリアー メノクラゲ(L26)など
こうそくスピン ゼニガメ(L19)⇒カブト(卵)/メノクラゲ(卵)/アノプス(卵)など
いやなおと メノクラゲ(L36)/カブト(卵)など
つららばり :自力(L13)など
マッドショット クラブ(L19)/オムナイト(L25)/カブト(L16)
ロックブラスト オムナイト(L46)/サニーゴ(L20)/アノプス(L49)
みずのはどう メノクラゲ(L33)
アクアリング サニーゴ(L37)
ゆきなだれ :パルシェン(旧技マシン)/シザリガー(旧技マシン)
ダブルニードル スコルピ(卵)
※HS以降でバリアーとロックブラストの同時遺伝はメノクラゲサニーゴ⇒シェルダーの経路で可能