ウツボット

No.071 タイプ:くさ/どく
特性:ようりょくそ(天気が「はれ」の時、すばやさの値が2倍になる)
夢特性:くいしんぼう(きのみを使うのが早い)
体重:15.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
入手可能ソフト:LG/XD/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS
エリカ様皆勤賞 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ウツボット 80 105 65 100 70 70
モジャンボ 100 100 125 110 50 50
  • 第五世代まではD種族値が60だった


ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/こおり/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2) みず/でんき/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし ---

ひっそりとXYにて特防が上昇。もどこかしら強化されている

実は、BW2の教え技でちゃっかり虫食いを習得(HGSSでは覚えられなかった)
(2012/8/5現在)本家の奴らはまだ気づいてないようだ!
不意打ちと違って、不意打ちを読んで補助技を使ってきたエスパー相手にもしっかりダメージを与えることが可能だ!

DP時代からPt、HGSSにかけて桁違いの強化をされたポケモンの一匹
といってもコイツとハッサムぐらいしかいないけど
↑そういえばBWでせいちょうの効果が攻撃特攻↑に変わるらしい、ウツボットさらに強化されるな。
↑モジャンボも成長が使えるってことは黙っておこう
↑つウェザーボール。まあ、アンコールと両立不可だが。
しかしあっちはパワーウィップに加えてじしんやいわなだれも使えるという・・・
↑技マシンはBWで再利用可能になるみたいだから個人的に技マシンのリストの見直しとか習得ポケの見直しとかも同時にしてると思いたい(願望)。
↑4喜べ、遺伝でパワーウィップ習得だ。ウツボット始まりすぎ。
↑ただその場合だと、不意打ちとの両立ができない…(泣)
↑6しかも晴れ時だとせいちょうの攻撃特攻アップが2段階になるみたいだぞ!

新技「アシッドボム」はウツボットのために作られたような技なのに何故か覚えない
もし覚えたらアシッドボム→ギガドレインの超回復コンボができただけに残念である
↑XYのタマゴ技に追加されたぞ!遺伝経路はヤブクロン(レベル)→テッシード(新タマゴ技)→マダツボミ
タマゴ技の仕様変更によりギガドレインともしっかり両立出来るぞ!

本編ではまともな一致物理技がないという苦境にあったがプラチナではようやくこの状況が改善。
しかしポケダンではやたら冷遇されまくっており覚える技・種族値ともに凄まじいくらいの低さ。
ポケダンでもゼロ北に進化前のウツドンが登場し、レベルは90と高めだが
能力がレベル50のメリープすらに負けるというヤバさ。
某所でつけられた名前は「鬱ボット」。

ダイパ時代は一致物理技に恵まれず少々残念な子だったがプラチナでリーフブレードを習得。
ふいうちも教えてもらえるので不遇脱却に成功したといえる。
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
100 100 125 110 50 50

リーフブレードがあってもモジャンボと比べると若干厳しいか?
だが良い所はたくさん有るはずだ、頑張れウツボット。
↑本家でも何故かモジャンボと比較されてるけど何で?使い方全然違うし全く厳しくないんだけど・・・

HGSSでウェザーボールを習得との噂。これでグロスも返り討ち(虫や同属も)
晴れ時の加速性能も手伝い、特殊型の大幅強化の予感。だが対になるナゾノクサ系統は・・・
↑最近ウツボットの対はロズレイドになってる気がする
同じウェザボ持ちで、あっちは晴れ下よりも雨・砂嵐下の方でいい動きをするという意味で
↑↑ちょwwwめざパ炎粘った俺涙目ってレベルじゃねーぞw
↑↑↑あっちはあっちでフラフラダンス覚える。
↑↑↑↑日本晴れ使うと相手のほのおアタッカー呼びやすくなるから 
めざパ岩地面はあったほうがいいと思ったんだ
↑↑↑アンコとウェザボの同時遺伝不可だから気にするな。
↑↑よく考えたら 晴れ状態ウェザーボール めざパ岩 ふいうち で結構活躍できそうじゃね?

最大までたくわえてはきだせば威力300だぜ!!
こ、こら! 別にウツボットじゃなくてもできるとか言うな! たくわえる+こうごうせいはコイツだけだ!!
ぽわーお、マグカルゴ、ユレイドルがたくわえる+じこさいせいできる件
↑晴れさせれば葉緑素でスピードアップの上に光合成の回復量もアップするから自己再生とは違うのだよ自己再生とは!
炎技なんてしりません
こいつもたくわえる+こうごうせいできる
しかもコジロウの相棒という共通点もある!
葉緑素なんて知りません
↑HGSSでドダイトスまでたくわえる+こうごうせいができるようになったぜ!
↑↑↑ コイツの耐久じゃ 光合成なんてやってる暇が(ry

ちょっと待て、草・毒タイプで「毒づき」ができるのはロズレイドだけだ。
↑確かに。そういえばラフレシアもフシギバナも毒針すら覚えないな
↑と言うより、草毒自体がそれらの4系統しかない。
そして、草の毒づき持ちは上の+モジャンボ・ノクタスのみ。
草毒の種爆弾持ちは、フシギバナのみ。
↑ちなみに草内で種爆弾・リーフブレード・パワーウィップ・ウッドハンマーを覚える進化系は26匹中11匹、実は覚えるほうが珍しい。

こいつ、ポケダン時闇では悲惨な能力だな。Lv42でHP42……
↑前作(ポケダン赤青)のウツボットもかなり酷い能力だったぞ。
しかもマダツボミとウツドンもステータス激低。
↑前作ではマダツボミ達の生息場所がレベル1ダンジョンのみだったから
仕方ないのだろうけども、時闇でも(多少まともになったとは言え)同じく能力低いのは何の嫌がらせだろうな?
↑マダツボミに関しては願いの洞窟1Fから仲間に出来て、経験値与えて育てれば誰でもクリア余裕ってのを
阻止する意図があったのだろうけれど、ウツドンとウツボットに関してはちょっと意図が見えてこない。つまりは同意
↑ポケダンは進化後も進化前も能力同じだからしょうがない。
↑ちなみに赤青の野生のウツドンはLv31、ウツボットはLv40。同じ階層の他の敵に比べて飛びぬけてレベルが高いけど実はただの見掛け倒し。20レベル低いポケモンに普通に負けますwww

進化前マダツボミは伝説の技かかとおとしの使い手。だがベトベトンには全く効きません。
↑の書き込みを見て思ったけどスボミーとマダツボミの名前の元って「蕾」から来ているよな。
片や両手いっぱいにバラの花が咲き誇り、片や変形した葉っぱばかりが目立って肝心の花が見えない(元ネタも花は地味とあるし)……さて、花が咲いた分岐進化はいつ来るかな?

進化前のマダツボミは地味に(主にネタ方面で)優遇されている
アニメ:ポケモンリーグでサトシ相手に無双。でもベトベトンで止まります。
金銀:ダンジョンのモチーフに採用(マダツボミの塔)。ちなみにトレーナーはみんなマダツボミ持ち。
ポケスペ:マダツボミの塔の回でなぜか組体操を披露。しかもそれを逆手に取られて敗北。
ポケダン:赤青・時闇空と広場ポケモン皆勤。
HGSS:ポケスロンのイメージイラストで、本来なら間違っても手を出してはならない炎・飛行持ち最終進化系イジメ。

英名はVICTREEBL。victoryを連想させるカコイイ名前である。でも実態は・・・?
↑ビクトリーBL…それなんていう腐女子?
↑↑victoryとVICTREEって意味ちがうのか?よみかたは一緒だが
↑勝利+木+鐘で重ねてる名前なんじゃないか?
↑おそらくVictoria(スイレンのオオオニバス属)からだろう。

全ての世代でウツボットを使うエリカはウツボット愛好家と見て間違いない。
↑こいつの進化前の名前はマダツボミ ツボミとエリカ・・・あれれー?どっかで聞いたことある二人だよー?

そういえばどこかの図鑑でこんな恐怖のデータが発足されていた。
「ジャングルのおくちには ウツボットしかいないばしょがあり ふみいれるとにどとかえってこれない」
…(Д)゜゜<ぎゃー
↑・・・? ジャングルのお口?と思ってしまったのは俺だけか?
↑何という俺w
↑ある意味間違ってはいないw

ウツボットの歩んだ軌跡
第1世代初期:鬱凹(氷・エスパー天下のもとでフルボッコ的な意味で)
99カップ:討壷っ屠(度忘れヤドラン潰し的な意味で)
金銀:撃壷っ子(葉っぱカッター・ヘド爆をバンバン撃ってくる二刀流的な意味で)
RSE:乙慕勤(この時代も二刀流で多大な戦果をあげ、乙彼様と親しみを込める意味で)
DP時代:鬱没頭(物理技不足により強みの二刀流が使えなくなった意味で)
Pt時代:打壷っ徒(不意打ちやリーフブレードでぺちぺち打ってくる意味で)
HGSS時代:討壷っ塔(実際はマダツボミの塔だが)
BW時代:打壷っ賭(命中にやや難があるが威力大のパワーウィップを取得した意味で)
このようにウツボットの強さは短い冬と長い繁栄が交互に押し寄せており、
これをグラフに書き表した線が「乙」の字に似ていることから乙波と呼ぶことがあるかもしれない。
同時にウツボットの天下ももうしばらくの間は続く可能性があり、愛好家たちも安堵しているらしい。
こうしてみるとパルシェン並に激動の人生かも知れない。
↑BWではパワーウィップ取得でさらに始まりました。
そしてそのパルシェンはさらにさらに攻撃面で始まりまくりました。
↑↑ある意味うなぎのぼりな強化だな
ライバルの惨状とは対照的に……

マダツボミの初代説明文
ひとの かおのような ツボミから でんせつの マンドラゴラの いっしゅ ではないかと ささやかれている。
あいつをどう見たら人の顔に見えるんだ

HGSSでは踊る草となった。
ノクタス?知らん。

新しい本家にもコイツのページができたわけだが、教え技でフレアドライブを修得することになっていたり
技マシンでオーバーヒートやらふぶきやら放てるようになっている。一体誰のページを元にして作ったんだ
↑多分ワタルの弟子かと・・

微妙に実用性ある型をポケ録に移転
食いしん坊型に格上げ議論が起こってましたが、向こうで議論を続けて上がるようでしたら上げてください。


夢のかかと落とし型(別名カオルコ型)

性格:実力重視なら意地っ張りか陽気、無印重視なら無補正
努力値:AS252辺り。ピカチュウの電気技を耐えていたのでHA252やAD252もありかも
確定技:ものまね
その他の技:はっぱカッター/たたきつける
狙う技:メガトンキック
マダツボミ推奨。アニメ無印でカオルコがかかと落としを披露としていたのでどうにか再現してみようとした型。「かかとおとし」という技はもちろん無いので物真似に頼ることになる。
キック技は数あれど、雰囲気が一番近いのはメガトンキックか。飛び蹴りや飛び膝蹴りだとジャンプしなければならないし、ブレイズキックは自分が燃えちゃう。
こいつでフシギダネやピカチュウを叩きのめそう!!

バトルフロンティア型

性格:控えめ
努力値:特攻252素早さ252or調整 フロンティアではHP・特攻255
持ち物:ウタンのみ(フロンティア)
技:リーフストーム ねむりごな いえき ヘドロばくだん

妄想:胃液→ねむりごな でドンカラスやジュペッタやスリーパーを眠らせてやるぜ!
現実:ドンカラスのドリルくちばし! スリーパーのサイコキネシス!

バトルフロンティアにはこの技構成そのまんまのウツボットが存在する。
↑こいつに俺の最強ポケモンがやられたんだが..

あえてタネばくだんを使う型

性格:いじっぱり
努力値:攻撃252素早さ252HP6
持ち物:きあいのタスキ いのちのたま
技:タネばくだん 残りはお好きに

リーフブレードのせいで、こいつのメインウエポンとして日の目を見なかったので、
あえてタネばくだんを使おうというもの。
↑さめはだで襷消えない、ほのおのからだで攻撃力落ちない,せいでんきで素早さ落ちないのね。あとは・・・
↑ゆうばくのダメージ、メロメロボディ、ほうしの効果を受けずに済む。これくらいかな
↑エルレイドにリーフブレードを封印されずに済む!
↑さきどり ものまね へんしんされた時にリフブレよりリスクが低い・・・さすがに無理があるな

草ポケもどき型

その1.リーフィアもどき型
性格:いじっぱり等
努力値:攻撃252 素早さ調整で残りHP or 素早さ252でHP6
持ち物:きあいのタスキ/ピントレンズ/カムラのみ/弱点半減の実
補助技:つるぎのまい ねむりごな こうごうせい
攻撃技:はっぱカッター きゅうけつ はたきおとす

物理攻撃技のタイプだけを見ればあら不思議、剣の舞型リーフィアにそっくりではないか!※
でも技の威力どころか攻撃も素早さもリーフィアに負けてます。合掌。
……と、言いたいところだがプラチナで頑張ってもらおうか。
攻撃技(プラチナ型):リーフブレード きゅうけつ ふいうち
↑眠らせ技の性能は勝っているぞ!

※剣舞・カッター・シザー・草笛・かみつく・光合成とかの

その2.ユレイドルもどき型
性格:防御か特防↑系
努力値:252素早さ252or調整
持ち物:たべのこし
補助技:たくわえる リフレクター こうごうせい いえき くすぐる ねをはる
攻撃技:エナジーボール ヘドロばくだん しぼりとる めざパ(岩)

技だけ見るとあら不思議、物理受けユレイドルにそっくりではないか!※ 
でもすなあらしの恩恵を受けれないどころかダメージが入るわ、
防御も特防も弱点の突かれにくさもユレイドルに負けてます。合掌。

※リフレクター→バリアー こうごうせい→じこさいせい に見立てて

その3.ロズレイドもどき型
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こうかくレンズorしろいハーブ
確定技:エナジーボールorリーフストーム ウェザーボール
選択技:ヘドロばくだん ねむりごな みがわり

技だけ見るとあら不思議、雨パ型ロズレイドにそっくりではないか!
でも特攻も素早さも特殊耐久も小回りの良さもロズレイドに負けてます。残念。

葉っぱ型

NN:はっぱ、リーフ、リーフィア等
ソフト:LG産
おや:リーフ
性格:不定
努力値:任意
持ち物:金の葉っぱ、銀の葉っぱ……は無いからリーフの石やハーブ系で代用
技:はっぱカッター/リーフブレード/リーフストーム/マジカルリーフ

Ptの登場によりめでたく葉っぱ系の技が4つ埋まったので作ってみた。
実戦向けなら白いハーブか?尤も草技しかないが。
↑つまり「はっぱガッター」ということですね!…ごめん。

ポケスペ型

性格:まじめ、きまぐれ等能力に補正のかからないもの
努力値:なし
持ち物:なし
技:まきつく/どくのこな/ねむりごな/しびれごな

サファリゾーンの回より。
ニドキングにまきつく→どくのこなで攻撃しよう。
「このウツボット、どくのこなが使えるぞ!」
現実:毒タイプに「どくのこな」は効果がありません。

コジロウ型

性別:♀
性格:それっぽいの 
個性:(コジロウを)たべるのがだいすき
努力値:適当に
持ち物:無し
技:はっぱカッター/つるのムチ/ねむりごな/(たいあたり)/(♂のウツボットに)メロメロ

無かったから作ってみたコジロウのウツボット型

エリカ型

性別:♀
性格:適当
努力値:all85又は適当
持ち物:ネコブの実(強化版HGSS)
技:赤・緑・青 どくのこな/ねむりごな/まきつく/はっぱカッター
  黄     ようかいえき/しびれごな/ねむりごな/はっぱカッター
  ポケスタ2表 まきつく/しびれごな/メガドレイン/はっぱカッター
  ポケスタ2裏 まきつく/メガドレイン/はっぱカッター/どくどく
  金銀水晶  にほんばれ/こうごうせい/ようかいえき/はっぱカッター
  FRLG      どくのこな/しびれごな/ようかいえき/ギガドレイン 
  HGSS      リーフストーム/にほんばれ/ソーラービーム/ギガドレイン 
  HGSS強化版 リーフストーム/リーフブレード/ヘドロばくだん/しぜんのめぐみ 

何故かなかったので作ってみた。
上にも書いてあるように、ポケスタ金銀以外の全てで出てくるウツボ系統(黄・ポケスタ表はウツドン)。
多分、一番強いのは当時の仕様上、赤緑青ポケスタ2表だと思う。

サブウェイ型

その1
性格:れいせい
努力値:CDに252
持ち物:ウタンのみ
技:グラスミキサー/たくわえる/のみこむ/いえき

別名「まさかの耐久型っぽいけど耐久型と言うのもちょっと違うみたいだし結局なんて言っていいかわからない型」

その2
性格:うっかりや
努力値:CS255
持ち物:くさのジュエル
技:リーフストーム/ねむりごな/たくわえる/アンコール

突っ込み所アリアリ。
アンコ縛りやジュエルでリフストぶっぱは良いとするが一致技のヘドロ爆弾が未掲載、蓄えるのに何故特殊耐久下げてるのか不明。草技だけなので同タイプと草食で流せる。

その3
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:きあいのタスキ
技:ソーラービーム/ヘドロばくだん/ウェザーボール/にほんばれ

晴れパ型。
晴れになればソラビ打ち放題&ウェザボの威力が2倍になるぞーすごいぞー。
しかも襷持ちなのでこれまた面倒。

その4
性格:ひかえめ
努力値:CS255
持ち物:いのちのたま
技:ソーラービーム/ヘドロばくだん/ウェザーボール/いえき

特殊型。
火力上昇の道具装備してるためかなり凶暴。胃液で草食も消せるぞ!!ただし晴れパでもないのにウェザボ&ソラビ持ちって…せめてソラビはエナボかリフストにすればいいのに。

…物理型無しですか?

ウツボットの歴史

第1世代

緑にのみ出現する草ポケモンとして登場。対になる形で赤にはラフレシア系が出現した。
当時大半の草ポケモンが当てはまった草・毒タイプの1匹。
エスパー最強と言われた当時、このタイプは草の弱点の多さも相まって不遇で、
草ポケモンはエスパー複合のナッシーの独擅場だった。
ナッシーとフシギバナが禁止された99カップでは、エスパーや氷に弱いという短所が有ったものの、
高い特殊に加えヤドランの弱点を突け、更にド忘れも貫通する急所率抜群の葉っぱカッターで人気を得た。

対となるラフレシアは鈍足と技に泣かされたのか使われなかった。

シナリオではタマムシジムジムリーダー、エリカの先発として登場。
当時悲しい技構成の多かったNPCポケモンの中にあって、当時ほぼ絶対急所のはっぱカッター、
素早さで勝れば相手に行動を許さないまきつく、説明不要のねむりごなと、構成は別にしても、技には恵まれていた。
しかしピカチュウ版ではLVが少し上がってる代わりに、ラフレシアと共に二段階目のウツドンに退化している。

第2世代

命中と威力が安定した毒技のヘドロ爆弾を獲得し物理面で強化されたが、特防とはっぱカッターの急所率がガタ落ち。
ねむねごの凶悪さにより眠り粉の使い勝手も悪くなるなどマイナス面も多かった。
アンコール(と眠り粉)で相手を翻弄しつつ、剣舞→ヘドロ爆弾などの第3世代でも十分通用する戦法が使えたが、
やはり新勢力のワタッコやメガニウムが注目されていた感が有る。
この頃のウツボットの立場は地味だがそれなりに強い、というところ。

ラフレシアは特攻・特防分離の影響は小さかったが、素早さが低くこの時代でも特に目立つ存在ではなかった。

第3世代

特性に「葉緑素」を獲得し、晴天時に限り素早さを上積みできるようになる。
ヘドロ爆弾は剣の舞や元々高い攻撃力も相まってやはり強力だった。
ねむねごの弱体化による眠り粉の需要が上がったことも追い風となった。
なおこの時代まで、ベトベトンとともに毒最強の攻撃力の座についていた。

ラフレシアも同様の特性と強化が行われたが、攻撃はそこそこ程度で素早さは元が低く、恩恵を受けにくい。

第4世代

物理、特殊が技ごとに設定されることになりヘドロ爆弾が特殊化。
一応特殊面では強化されたのだが高い攻撃力が無駄となり、当初は特殊主体での戦いを強いられるように。
しかしプラチナでリーフブレードを自力習得したことで物理面でも改善され、
クセは強いが不意討ちで襷つぶしも可能に。さらにHGSSにて遺伝でウェザーボールを習得し、
晴れ前提だが止まりやすかった虫や鋼などに大きいダメージを与えられるようになった。
まともなタイプ一致物理技も無いDP時代よりは格段に強化されてきている。
弱点である炎ポケモンの大幅強化と技威力のインフレでウツボットを取り巻く環境は厳しいとも言えるが、
プラチナでの眠り弱体化を差し引いても眠り粉を使える点は大きく、上述のリーフブレード、
不意討ち、ウェザーボール習得から考えてもまだ伸び代はあるだろう。
しかし、毒タイプ最強の攻撃力の座は、ドクロッグに(僅差だが)明け渡すことになった。

一方でラフレシアの状態はあまり改善されず、ウツボットに後れを取った格好。
一応HGSSでフラフラダンスを習得したのだが…。

第5世代

念願のパワーウィップを手に入れたが、代償として不意打ちを諦めなければならないのが非常に痛い。
せいちょうの仕様変更により攻撃もあがるようになり、更に晴れならば二段階ずつ上がるので二刀型が強くなった。
ようりょくそと合わせて活躍させたいところだが、夢特性でようりょくそを得た同タイプの御三家フシギバナが壁として立ちふさがる。

夢特性はくいしんぼう。上記の不意打ちの件もあり、あまり注目されていない。

覚える技

レベルアップ

GBA DS BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
マダツボミ ウツドン ウツボット マダツボミ ウツドン ウツボット マダツボミ ウツドン ウツボット
- - 1 - - 1 - - 1 たくわえる - - ノーマル 変化 20 GBAはFLのみ
- - 1 - - 1 - - 1 のみこむ - - ノーマル 変化 10 GBAはFLのみ
- - 1 - - 1 - - 1 はきだす - 100 ノーマル 特殊 10 GBAはFLのみ
1 1 1 1 1 1 1 1 1 つるのムチ 35 100 くさ 物理 15
- - - - 1 - - 1 - せいちょう - - ノーマル 変化 40
- - - - 1 - - 1 - まきつく 15 90 ノーマル 物理 20
6 6 - 7 7 - 7 7 - せいちょう - - ノーマル 変化 40
11 11 - 11 11 - 11 11 - まきつく 15 90 ノーマル 物理 20
15 15 1 13 13 1 13 13 1 ねむりごな - 75 くさ 変化 15
17 17 - 15 15 - 15 15 - どくのこな - 75 どく 変化 35
19 19 - 17 17 - 17 17 - しびれごな - 75 くさ 変化 30
23 24 - 23 23 - 23 23 - ようかいえき 40 100 どく 特殊 30
- - - 27 27 - 27 27 - はたきおとす 20 100 あく 物理 20
30 33 1 29 29 1 29 29 1 あまいかおり - 100 ノーマル 変化 20
37 42 1 39 39 1 39 39 1 はっぱカッター 55 95 くさ 物理 25
- - - - - - - - 27 グラスミキサー 65 90 くさ 特殊 10
- - - 35 35 - 35 35 - いえき - 100 どく 変化 10
45 54 - 41 41 - 41 41 - たたきつける 80 75 ノーマル 物理 20
- - - 47 47 - 47 47 - しぼりとる - 100 ノーマル 特殊 5
- - - - - 47 - - 47 リーフストーム 140 90 くさ 特殊 5
- - - - - 47 - - 47 リーフブレード 90 100 くさ 物理 15 Pt以降のみ

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
※以下は第4世代までの技マシン BW
技09 タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 タマゴ教え技
技19 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 タマゴ教え技
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 教え技
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 タマゴ

タマゴ技

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
つるぎのまい - - ノーマル 変化 30 BW:技75
アンコール - 100 ノーマル 変化 5
リフレクター - - エスパー 変化 20 BW:技33
こうごうせい - - くさ 変化 5
きゅうけつ 20 100 むし 物理 15
ねをはる - - くさ 変化 20
マジカルリーフ 60 - くさ 特殊 20
なやみのタネ - 100 くさ 変化 10
くすぐる - 100 ノーマル 変化 20
HS ウェザーボール 50 100 ノーマル 特殊 10
タネマシンガン 25 100 くさ 物理 30 4th:技09
しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 4th:技83
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 4th:技19
クリアスモッグ 50 - どく 特殊 15
パワーウィップ 120 85 くさ 物理 10
同時遺伝不可
ウェザーボール & アンコール/リフレクター/きゅうけつ

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
みがわり - - ノーマル 変化 10
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10
いばる - 90 ノーマル 変化 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
ふいうち 80 100 あく 物理 5
こうごうせい - - くさ 変化 5
いえき - 100 どく 変化 10
タネばくだん 80 100 くさ 物理 15
なやみのタネ - 100 くさ 変化 10
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
しめつける 15 85 ノーマル 物理 20

その他

威力 命中 タイプ 分類 PP 詳細
マジカルリーフ 60 - くさ 特殊 20 XD
あさのひざし - - ノーマル 変化 5 XD
フラフラダンス - 100 ノーマル 変化 20 配布(ポケセン)

遺伝

タマゴグループ 植物
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

ウェザーボール ロズレイド(Lv.1)
アンコール ピッピ(Lv.4)→ワタッコ、エルフーン
タネマシンガン ウツボット(前作技マシン)、キマワリ(Lv.21)、など
ギガドレイン 教え技、マラカッチ(lv.26)、モンメン(Lv.26)
クリアスモッグ モロバレル(Lv.43)
パワーウィップ マスキッパ(Lv.51)、モジャンボ(Lv.54)、ナットレイ(Lv.40)

外部リンク