ジバコイル

No.462 タイプ:でんき/はがね
特性:がんじょう/じりょく
夢特性:アナライズ(一番最後に攻撃すると技の威力が1.3倍になる。相手の交代時でも発動)
入手可能ソフト:RSE/FRLG/XD/DPt/HGSS/BW/PDW/BW2(ジバコイルへの進化はシンオウ・イッシュのみ)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ジバコイル 70 70 115 130 90 60
レアコイル 50 60 95 120 70 70
グレイシア 65 60 110 130 95 65
↑グレイシアの防御は110だぞ。ということで修正
↑グレイシアとジバコイルの能力を比べるとだな…
グレイシアはHPが5、攻撃が10、防御が5下がり、特防と素早さが5上がってる。特攻は同じ。
オクタンとバクーダの比較ほど近くは無いが、かなり近いな。
↑一番近いのはエーフィとゲンガーなんだがな。確か違うのは特防だけだったはず
まあ実は種族値が全く同じな炎御三家がいたりするんだがな
↑フィオネとオニゴーリもだよな。
↑↑HPも5だけ違うっぽい。あとムックルとスバメがさりげなく素早さ以外全部同じ。
↑同じ序盤ポジのグラエナとアリアドスも素早さ以外全部同じだった。
グラエナのほうが30も素早いんだぜ。

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
UFO 70 70 115 130 90 60
UFO 74 94 131 54 116 20
UFO 90 130 80 65 85 55
↑「ウフォッ Nice Boy!」…? …なんかフランスっぽい
UFOの特防間違えてたので修正

ばつぐん(4倍) じめん
ばつぐん(2倍) ほのお/かくとう
いまひとつ(1/2) ノーマル/でんき/くさ/こおり/エスパー/むし/いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/4) ひこう/はがね
こうかなし どく
※第五世代まではゴーストと悪がいまひとつ(1/2)だった

世代が移るごとに各特性の使用率が激しく変動するという珍しいポケモン…な気がする。
第4世代では頑丈が大した効果ではなかったため磁力一択で、よくエアームドが綺麗な抜け殻を持っていたのは有名な話。
第5世代になると頑丈が大幅強化され、磁力も受けループには強かったが頑丈の方が使用率は伸びていたと思われる。
一方で夢特性のアナライズが解禁されその強さは囁かれていたものの、無性別ゆえ厳選が鬼畜の所業であり対戦で見かける機会は少なかった。
第6世代ではアナライズが粘りやすくなり、頑丈でない代わりに後攻時や交換先に超火力を叩き出してくるジバコイルもよく見かけるようになった。

第6世代ではかみなりの威力低下により、決定力ランキングにて電気特殊決定力1位に返り咲いた。
参考扱いだが、アナライズ込みだと電気特殊決定力でコイル一族がトリプルフィニッシュを決めることが出来る。鋼特殊決定力ではジバコイルとレアコイルでワンツーフィニッシュを決められるが、コイルは残念ながらディアルガとギルガルドに抜かれる。

ここではノータッチだが夢特性でアナライズを手に入れた。
水タイプ等に繰り出し、複数回のボルトチェンジで相手に負担をかけられる。
C130族がアナライズを手にしたことは特筆に値することだが、ハイリンク厳選がキツイのは言うまでもない。
↑乱数調整でさえかなりの難易度だからなぁ・・・でもそれに見合った強さはある。ボルチェンだけさせてても相当な実力
↑↑しかし朗報。XYから夢性別不明×メタモンで夢特性が遺伝するらしい。
アナライズコイルさえ手に入れれば厳選可能になった。
↑オマケに夢レアコイルがフレンドサファリで捕獲可能、鋼のサファリ限定で電気のサファリには出ないので注意

9/4のダイレクトの中にはジバコイル♀がいる、探してみよう
↑公式で誤りでしたってお詫びが来たな。

BWでがんじょうの効果が オート襷 というチート性能に変更(加わった)されるようだ。
これでタイプ一致地面技も1発は確実に耐えられるぜ!やったねジバコイル!
大爆発を覚えるから、イバンの実を持たせて先制爆発も可能だぞ!
↑そうなると半減実がいらなくなって別の道具を持たせられるって事になるのかな。
ちなみに一撃無効は継続します。
先制技が少なく特殊の多い伝説戦で、頑丈ミラコ→イパン爆破のこいつは使えるかもな。

水以外が全て抜群・半減・無効に係わるある種恐ろしいタイプを持つ。
↑スキスワで特性を貯水にしたら等倍なくなるな!
↑つヌケニン(特性により等倍も半減もないポケモン)
カイロスオノノクスラムパルド「等倍も半減も効かないって?へえー^^」
イッシュ兄弟「我々を忘れてもらっては困る。」
一番↑もっといえば「貰い火」スキスワして電磁浮遊すれば
(5ターンだけ)2倍弱点格闘・等倍水以外全部半減と無効・・・タイプだけ見たら大要塞だな。
いよいよ第6世代で「タイプスワップ」みたいなのが出て、輝石ラッキーツボツボにジバコのタイプ与えられたら・・・うわぁ。
↑ヨプ持たせて晴れになれば、弱点無し等倍格闘のみだから要塞どころの話じゃないな。
一番↑第6世代では鋼がゴーストと悪技普通に効くようになるそうだ。
今まで半減で耐えれたやつらからの攻撃が耐え切れなくなるかもしれんので注意。

ロックカット、じゅうでん・・・もっと贅沢言えばメタルバースト・・・タイプや特性がかなりトリッキーなのに、今ひとつ戦術の幅を広げるのに
覚える技が足りない気がする。
充電はマルマイン、ロッカは銅鐸が覚えるし、ありな気がするのだが・・・

ポケダンでは警察。映画では悪役の手持ち。
何気にコイツもディアパルとダークライと同じようにポケダンと映画での設定が逆だったりする。

何気に初代から全作品に野生で登場している。
だが大抵の場合はストーリーに関わらない、わざわざ寄り道して行かないといけない場所にいるので、
他の皆勤賞の面子と比べると全作品登場しているという印象には残りにくい。
しかし育てると案外役に立つかもしれない。
特攻が高く、耐性も多い。電磁波を覚えておけば捕獲要員もこなせる。
↑イッシュ地方には進出できませんでしたとさ。個人的にはクリア後に電気石の洞穴で出ても良かったと思う。
↑つホワイトフォレスト
↑白森がありだと考えるならケーシィ、サイホーン、ワンリキーも該当するな。
ピカチュウ、メノクラゲは進出出来ませんでした…
↑BW2ではタチワキコンビナートに登場、ガントルに立場を譲った岩団子とその三匹を置いていき皆勤はこいつとゴルバットのみとなってしまった…
↑コダック「ちょっと待ったぁ!」
↑×5 XYでは荒れ果てホテルに登場する。発電所はエンカウントしないからか。

ポケダンでも一作目では最初の仲間、二作目では警察官として登場。
スマブラXの背景にまで登場するし、果てはプラチナのエンディングにまで出てくる。
貴方は気づいていないかもしれない、だが至る所にコイル族は潜んでいる。
↑ついでにポケレンでもボスとして出ている。
↑一応ポケパークWiiでもソニックブームが強力な大型のバトル相手になってる。

なお、HGSSでもコイルレアコイルをゲットする事は可能だが、ジバコイルに進化させるにはDP・Ptに送る必要がある(ジョウト地方にはテンガン山が存在しない為)。
↑BWでは進化できないので注意!
・・・というわけではなく電気石の洞窟でレベルアップすれば進化できる。
こいつも同じ。
↑気が早いが、ルビサファがもしリメイクされたら条件は「ニューキンセツでレベルアップ」になるのだろうか?ホウエンにはノズパスもレアコイルもいるし。
↑レアコイルとノズパスが進化できる場所にはマイナーチェンジだとノズパスが野生で出現する(テンガン山、電磁石の洞窟)
なのでリメイクでの進化する条件はノズパスが野生で出現する「いしのどうくつでレベルアップ」が適当だろう。
↑いや、正直ホウエンでは進化できないと思う。↑でも言われてる通り、カントーでもジョウトでも進化できないように。
それは過去にどこかでブラッキーについて言われてたけど、時代が変わったから進化できるようになりました。は理由にならないと思う。
ニューキンセツで進化だと、じゃあどうしてRSE時代は進化できなかったの?となって矛盾が生じる。
そのためにルリリたち孵化にもお香が必要だし、ブラッキーだって月の石進化じゃないと納得できる。
だからホウエンじゃノズパス共々進化できないんじゃないかな。
↑熱弁してるところ悪いんだがその矛盾については既にGBA時代に原始の力を覚えられたのに進化できなかった奴がいたんだけどな
レベル技じゃなくて卵技だけどそれでも覚えることが出来たってことに変わりはない
元々ポケモンは過去作との矛盾が多いゲームだし、進化できる場所が出来る可能性は大いにある
↑それはゲーフリの見逃しだってどっかで見たからスルーしてた。
たしかに進化できる場所が出来る可能性はあるけど、わざわざ矛盾させてまで進化出来る場所を作るだろうか?ってのが気になった。
特にノズパスはホウエンが初出なわけで、初出の地方で進化出来るのになんで進化しなかったの?って違和感がある。
正直、マンムーの例を出されたら反論のしようがないのは認める。
↑殿堂入り後に追加で行ける、隠しダンジョンなり、隠し部屋辺りで進化できるようになれば解決じゃね?

6世代ではカロス発電所の前の砂漠みたいなとこ(ミアレの荒野)で進化する。
「まあそうだよね」という感じもあるが、地味に洞窟の中に全く入らないで進化できるポイントは今回が初。
皆勤賞ポケモンなこともあり、ジバコイルファンにとっては世代が変わる度にどこで進化するのかを探すのが毎度の楽しみなのでは(?)

映画「ギラティナと氷空の花束シェイミ」では、ジバコイルの声はゴルゴ所長が演じていた。
ジバババババン ジバババババン
ラララ リリリ ルルル ペコペコー
↑レロレロー な。ペコペコーってなんだ?
↑一応ペコペコーと言った時もある。丁度ジバコイル声云々の時期

近所の友人の家に行った時に、ポケモンの全国図鑑完成ガイドとかいう攻略本をぺらぺら読んでみたら、こいつの有用な使い方が載ってた。
「わざ「ロックオン」で、めいちゅうりつが不安な「ミラーショット」を必ず当てる強いコンボを使いこなせるぞ!」
↑不覚にも盛大に吹いたwww
↑↑ロックオンしてる暇があったら素直にラスターカノン使うべきだよな、といいつつ自分は使ってない
↑↑↑命中不安定な技とのコンボならせめてでんじほうにしろよw
↑金銀の頃の攻略本にはポリゴン2のページにはロックオンでんじほうのコンボが載ってる。レアコイルのページには防御が高いとかなんとか…
↑電気の中では防御高いほうだから後者はあながち間違いじゃないかも
↑↑↑「はがね」最強だからそれはできない。同じ本のオムスターのところではげんしのちからを勧めている。
↑↑↑95あるんだから高いとはいえるんじゃないか?これでも当時の電気タイプのなかではトップだったんだし
↑↑↑↑↑↑↑↑その攻略本を買っていて読んだら書いてあって吹いたのとせめてデンジ砲にしろと突っ込んだwww

もし次回作が出たらこいつの扱いどうなるんだろ
わざわざテンガン山で進化させるのは面倒だ・・
↑多分別の場所で進化できるようになる、と思う。
↑ふしダンみたいにテンガンざんせきが手に入るとか。
↑電気石の洞穴で進化した。これでHGSSから始めた俺も安心

↑の影響か伝説ばかりの塗り絵にコイル衝撃の参戦。
すごいぞーかっこいいぞー ジバコイルはいないけど。

こいつの電磁砲はロマンなのか?
↑素の破壊力があり過ぎるから、麻痺らせてロマンを感じる前に倒せちゃう事の方が多いからなぁ・・・
↑HGSSで重力GET。しかし浮けなくなるので確実に地震で乙る
↑元々浮く暇ないけどな
まぁ重力+電磁砲でも大文字レベルだから結局雷使ったほうが・・・
↑浮遊を使うべきタイミングは銅鐸とかグロスとか縛ったときだから普通に隙はあるけどね

⊃◎⊂ ―Lv30→ 品 ―テンガンざんのパワー→ ~! ,,,, <●> ,,,, !~ < この廃人どもめ!
コイル系を表現してみようと思ったら何故かこうなってしまった。
↑レアコイル適当すぎwwワロタww
↑ ≧品≦ これで許して・・・
↑あなたのセンスに完敗です・・・

2010年幕開けのアニポケでは何とメタグロスと対決!
だが予告を見る限りメタグロスにビルに叩きつけられる等の猛攻を受けていたので
もしかしたら意外にやられ役なのかもしれない‥。
↑そもそも地震使われたら‥ゴメン。
↑そんなあなたに
ジバコイルLv50 → メタグロスLv50
技:かみなり [拘]
威力:120 でんき/特殊
特攻:200 (特防:110 HP:187)
天候:雨
倍率:1*1.5
ダメージ:187~220 [確定1]
(割合:100~117.6%)
拘るとH振りグロスを確1だ!
すごいぞーかっこいいぞー

ジバコイル「ヒトリデ シンデンヲ セメオトシテイル フトドキモノハ カエレ」
「光の軌跡」では過去ミッションで雷の神殿のボス3番手を務めているが、
1人で挑むと相当時間がやばい。
下手をするとここで延々とレベル上げをやる羽目になる。
↑あそこだけソロじゃ絶対Sとれねえんだよなwww アルセだって運+レベル+エルがあればいけるのに・・・
実はあれソロでやるのが間違いなんだけどな 攻略本にはオススメレベルはあくまで3~4人用とか・・・orz このゲーム、マゾい人向け
↑↑さらにそれだけでなく、ジバコ本体の強さも相当なものだからなあ
電磁球回転中に一人で囲むのは無理に等しいときた
ちなみにアルセウスのミッションで中ボスに出てくることもあったり
相変わらず強いしおまけにこのパターンだとビークインが追加出現!
↑俺はピヨピヨのアシスト無しで倒したこと一度もない。
アルセウスのミッションでもこいつのキャプチャに2分以上かかったことがある。
ジバコイルをピヨピヨにする前にアシストが失敗してるともう悪夢。
ぶっちゃけアルセウス並みに苦労した。

特攻全振り控えめジバコイルの10万ボルトを、HP振り控えめジバコイルは確定4発にする。
こいつはジバコイルに有効な技が殆どないので、こいつが再生回復を覚えた日にはかつてのソーナンスVSソーナンスのような泥仕合に発展する可能性が
↑特殊ハピナス(卵産み搭載)同士だとさらに泥仕合になるぜ
↑それは互いに逃げられるし、毒々を持っていればさっさと決着がつく分まだマシ。
ジバVSジバはお互い逃げられない・毒効かない・めざパ以外で相手に等倍以上なし
・・・・・・ということでハピVSハピよりはるかにカオス
↑まあ再生回復を習得したらゆっくり考えようぜ
↑↑↑↑金属音3発当てれば特防特化とかじゃない限り確1
金属音がなかったらヒメリサイクルと再生回復でねばれw
両方それだとオワタ\(^o^)/

脅威の零度スイクンを完全に止められるぞ!毒も効かないし、無振り波乗りは確定3発だ!
↑スイクンのミラーコート。ジバコイルは倒れた。
↑第5世代なら襷機能もつくから一発は耐えられる
イバン持ちかつ相手に神速なければ確実に倒せる
まあ神速もち以前にミラコもちもまずいないだろうが
↑今年度日本チャンピオンならやってくれるさ。

こいつなんで特性浮遊じゃないんだろ…磁力は納得できるけど頑丈って…
+-歯車「私たちなんてまともな特性ない上に”でんじふゆう”もできないんデスよ…」
↑ダブルだと使えないこともない
↑↑歯車さんはBW2の教え技で電磁浮遊を習得しました!やったね!

容量確保のために少し整理。コイルのAAはコイルのページにあるので削除

微妙に実用性ある型をポケ録に移転


死角だらけ型

特性:じりょく
技:ほうでん ラスターカノン めざめるパワー(氷) でんじふゆう

俺のジバコイルは
まず特性は「磁力」、理由は大体の人が考えてることと思うが一撃必殺を「無効化」するだけの
頑丈よりもエアームドやドータクンを「逃げられなく」する磁力の方が断然お得だから。

そして技は、一.ほうでん 二.ラスターカノン 三.めざパ氷 四.電磁浮遊
まず一のほうでんだが、10万ボルトの方が威力高いがこれを選ばなかった理由はもちろん
ほうでんのまひにする確率の高さが魅力だから。二のラスターカノンは覚えられそうな鋼タイプの特殊技が
これ位しかないから、まさか攻撃力の低いジバコイルにジャイロボールを覚えさせる人はいないだろう。
そして三と四は言うまでもなく唯一の弱点である地面潰しの為。まあほとんどの場合電磁浮遊する前に地震で乙
だろうが、相手がドサイドンか太い骨ガラガラの場合だあいつらには先制できるので攻撃する代わりに
電磁浮遊の地面技回避で相手の攻撃を封じてやろう、ってことで。逆に氷で効果抜群にならない地面タイプ
(マンムー・トリトドン等・・・もっともこいつらを使う人は多いと思うが)にはラスターカノンで。

これでもまだ死角だらけ!ある意味で最強のネタポケモンだなw
↑でも真面目に考えるとこれでも努力値とかをまともにすれば使える気がする。
↑↑やばい全くこの技構成この特性でパルシティ行って来たw
めざパは他のポケとの兼ね合いもあってゴーストだったけどw
↑なんという俺。もし攻撃型クロバットと組ませてるんなら間違いなく生き別れの兄弟。
↑あれ?書き込んだ覚えが全く無いんだけどなんでこんな所に俺がいるんだ?
↑×5どうでもいいがトリトドンはラスカ今一つだぞ
↑全 これ技が普通すぎて何もネタじゃないよね…放電を10万にかえたら俺のジバコになる

ゴルゴ型(ジバババン)

性格:何でもー
持ち物:なんでもぉー
技:かみなり ラスターカノン 十万ボルトでも ミラーショットでも

ゴルゴが映画でジババババババババババってやつだ
プラチナで使ってたし
そういえばこのビデオナンバープラチナで打ってみてくれ
00 65423 20065

2009.4.5放送のポケサンのバトルスペシャルで、ゴルゴ所長はジバコイルを3匹出していた。
NNはそれぞれジバババン、ジバゴルル、ジバッチェ。
その中で、最後に出したジバッチェは、ロックオンした後に何故か放電・・・。
おかげで、相方のしょこたんのハッサムが巻き添えを喰らいやられるハメに・・・。
一体、ロックオンして何がしたかったんだろ?
↑あれはしょこたんを自重させるためとしか思えなかったな

デンジ型

性格:デンジっぽいの
努力値:ご自由に
持ち物:ご自由に
必須技:でんじは/でんじふゆう/でんじほう

名前に「でんじ」が入った技を全部覚えるのはこいつとポリゴンZとダイノーズだけ(画伯除く)。

ひたすら壁貼り型

性格:耐久↑
努力値:耐久に
持ち物:ひかりのねんどとか?
技:ひかりのかべ、リフレクター、ミラーコート、バリアー


これだけ壁を貼りまくれば誰にも落とされないはず!
が、攻撃手段がミラーコートしかなくて物理アタッカーには何もできません。
↑どうでもいいけど、アニメではこの型無茶苦茶強そうだな…。

最強クラスの最強威力技型

性格:特攻↑
努力値:特攻252
持ち物:こだわりメガネ
技:かみなり ラスターカノン

妄想:鋼特殊最強クラスのラスターカノンや電気タイプ最強の特攻から繰り出される雷を食らえ!
現実:シュカ持てないので先手の地震であっという間に乙(注:第4世代の話です)

某攻略本の最強(?)コンボ型

性格:控えめなど
努力値:特攻252 素早さ調整など
持ち物:デフォでは食べ残し
技:ミラーショット ロックオン

妄想:「わざ「ロックオン」で、めいちゅうりつが不安な「ミラーショット」を必ず当てる強いコンボを使いこなせるぞ!」
現実:どういうことなの…

スカーフ電磁浮遊型

性格:おくびょう
努力値:特殊252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
技:でんじふゆう/10まんボルト/ラスターカノンorめざパ/みがわりorきんぞくおん

妄想:圧倒的早さで相手の地震が来る前に浮上することによって相手ざまぁwジバコ始まったな
現実:あれ?

ダブルでスカーフ電磁浮遊→素早いトリック持ちの味方からトリック→ジバコ無双
という他愛も無い妄想をしてしまった
↑同じ5ターンだし、味方のさしおさえで電磁浮遊が切れると同時にスカーフ状態に戻る!
状況によってスカーフアタッカーに戻ったり電磁浮遊したり!さしおさえはじま……ったらいいな

タワークオリティ封じ型

特性:がんじょう
性格:ひかえめorずぶとい
努力値:HP252 特攻or防御252
持ち物:ラムのみ
確定技:マグネットボム でんげきは スピードスター
選択技:ミラーコート みがわり リフレッシュ(XD) 普通の攻撃技

頑丈で一撃技で即死しない(BWなら更に強化)。
砂嵐での自滅で泣かされない。
必中技で影分身や光の粉でのどんでん返しを食らわない。
これであなたも涙を飲まずに済むぞ!
ちなみに、かの有名なネジギガスについても
恩返し半減、燕返し4分の1、電磁波・怪しい光はラムでガードと
後出しからでもそれなりに戦えるか?

トリルエレキボール型

特性:がんじょう
性格:れいせい
努力値:H252 C252
持ち物:くろいてっきゅう
確定技:エレキボール
後はお好みで。

あのジバコイルを最鈍にして、トリル上でエレキボールを先制で打とうというとんでもない型だ!
元々高い特攻から最大火力が150もあるエレキボールが放たれる!すごいぞー!かっこいいぞー!
↑ジャイロボールの間違いかと思ったんだが、エレキボールだと威力下がる一方じゃね?
↑この型作った者だが、ここはネタwikiだからあえて下がるようにしてみた。
だが、ジャイロボールと間違えたって意味でもおいしい型かもしれない。

攻略本のコンボ改良型

特性:どっちでも
性格:ひかえめ
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:攻略本に準ずるならたべのこし
技:ロックオン チャージビーム

上にある攻略本のコンボに改良を加えてみた。

わざ「ロックオン」で、めいちゅうりつが不安な「チャージビーム」を必ず当て、同時に高い特攻も上げる強いコンボを使いこなせるぞ!
↑改良じゃなくて改悪じゃねえかwwwとマジレス
せめて電磁砲じゃね?「わざ「ロックオン」でめいちゅうりつが不安な「でんじほう」を必ず当て、同時に相手をまひにできる強いコンボを使いこなせるぞ!」
ごめんネタにマジレスしちゃった☆大人げなかったかな?

やるならこうでないと。

サブウェイ型

その1
性格:うっかりや
努力値:HC255
持ち物:じしゃく
技:10まんボルト/ラスターカノン/きんぞくおん/でんじふゆう

普通のアタッカー型。
性格は置いといて火力はやや高め。頑丈(の場合)で耐えて一回攻撃を受けることになる。

その2
性格:れいせい
努力値:HC255
持ち物:シュカのみ
技:チャージビーム/ラスターカノン/ミラーコート/でんじは

電磁波で先手を取りチャービで火力を高め攻め込む型。
「地震で楽勝ww」なんて油断してると木の実で耐えて痛い目に合う。特殊技で攻めるときはミラコに注意。

その3
性格:ひかえめ
努力値:BC255
持ち物:ひかりのこな
技:チャージビーム/ラスターカノン/でんじふゆう/でんじは

普通の特功型。
特に言うことはないが、光の粉で外れたり特性が頑丈だった場合は反撃を許してしまう。

その4
性格:ひかえめ
努力値:BC255
持ち物:でんきのジュエル
技:10まんボルト/ラスターカノン/トライアタック/ボルトチェンジ

頑丈で(なければそれで良し)耐えてからのジュエル一致は脅威。二本柱の一致技があるので普通に強いがめざパがあっても悪くないと思う。

ジバコイル系列の歴史

第1世代

コイル→レアコイルの1段階進化ポケモンとして登場。
この頃は鋼タイプが無いのでコイル系列は純粋な電気タイプだった。
そのレアコイルはサンダース以上の特殊120という高い数値で、電気ポケの中では3鳥であるサンダーに次ぐ。
そのため特殊相手にはそれなりに硬く、また防御も並以上にあったが肝心のHPは低かった。
電気タイプとしては鈍足で、電磁波でカバーは可能だが、
打つ前にケンタロスやダグトリオの地震で致命傷を負ってしまいがちだった。
97カップの決勝大会にエントリーされ、初代ポケモンスタジアムで使える40匹のうちの一匹に抜擢された。
ポケモンスタジアムシリーズでは、瀕死になった時にバラバラになる演出に人気があった。

ポケモンカードで有名な「じばく」はなぜか覚えなかった。
きっとカードのレアコイルはチート使用してるんだ!

第2世代

新たに鋼タイプが付いた。前作からタイプを変更(追加)された唯一のポケモンで、
以後XY(第6世代)が発売されるまで10年以上もの間、タイプ変更があったのはこの系列のみだった。
鋼を得て地面技に圧倒的に弱くなってしまった反面、耐性もかなり増えた。
新たにロックオンと電磁砲を自力で習得。(実用性はともかく)自前で必中コンボが出来るようになった。
しかし特攻と特防の分離によって特防が120から70に下がり、特殊相手にも脆くなってしまった。
さらに、カビゴンなど地震持ちに弱い、ライコウやサンダースと言った他の電気が強すぎる、
などの理由から使用率は低かった(地方大会の決勝戦で登場するなど、皆無ではなかったようだが)。

シナリオではライバルがコイルから進化させて使用してくる。

しかし、自爆は……。

第3世代

ビリリダマ系、ピチュー系と共にルビサファから登場。特性として「磁力」と「頑丈」を獲得。
特に鋼タイプを逃さない「磁力」は、エアームドなどを狩るのに適している(当然ながら不利な相手もいる)。
金属音でハピナスやカビゴンを返り討ちにすることも一応可能だったが、鋼対策の大文字で焼かれるケースも多かった。
ポケモンコロシアムでは瀕死になった時の演出が変わってしまい、落胆する者もいた。

やはり、自爆は……。

第4世代

この世代からジバコイルが登場。遂に特攻がサンダーを超え、電気タイプ最強の座に。
4倍弱点の地面技も電磁浮遊で克服可能になり、新たに鋼の特殊技が追加されたりと使い勝手が向上した。
しかしレアコイルより遅くなったため浮遊する前にやられる危険性が有ったり、
2倍弱点の炎技や格闘技も強化されているなど、それなりにマイナス面もある。
そのため素早さ130族をぎりぎり抜けるスカーフレアコイルを使う好事家もいる。
また新アイテムに「きれいなぬけがら」が登場し、
当時は磁力ジバコイル対策のためだけにエアームドに持たせる者も多かった(特に6on6)。

名前に“ジバ”とついたためか遂に自爆……もとい大爆発できるようになった。

Ptで新シンオウ図鑑に登場し、辛うじて地方図鑑皆勤賞の名誉を保った。
「大乱闘スマッシュブラザーズX」では、ステージ「ポケモンスタジアム2」の背景、またフィギュアとしてジバコイルが登場。

第5世代

特性の点では頑丈に一撃死しないという効果が追加され地震で何もせず倒される事は減った。
技の点で追加されたのはエレキボールとボルトチェンジの2つ。鋼技はない。
エレキボールは相手より素早いほど威力が上がる技で鈍足なジバコイルにとっては死に技。少し速いレアコイルでも五十歩百歩。
ボルトチェンジはとんぼ返りの電気特殊版で鈍足なジバコイルと相性が良い。また磁力ダイノーズに安定して狩られず交替できる。
アイテムは風船により地面を一時的ながら無効化できるのでおいしい。
夢特性として後攻めで与ダメが1.3倍になるアナライズを獲得したが、無性故に卵で引き継げず厳選は困難。

BW2の新イッシュ図鑑に登場し、コイル種は全地方の図鑑に登場する数少ないポケモンとなった。
うかつに炎や格闘で戦うと仕様変更された頑丈で耐えられて電磁波の餌食になり易く、かなり鬱陶しい。
アクロマ戦で苦い思いをした人も少なくないだろう。
また、ボルトロス霊獣フォルムの登場により僅か1世代(1.5世代?)で電気特殊火力ナンバー1の座を譲る事になった。

覚える技

レベルアップ

コイル レアコイル ジバコイル
GBA 4th BW BW2 GBA 4th BW BW2 4th BW BW2 威力 命中 タイプ 分類 PP
- - - - 44 1 1 1 - - - トライアタック 80 100 ノーマル 特殊 10
- - - - - - - - 1 1 1 ミラーコート - 100 エスパー 特殊 20
- - - - - - - - 1 1 1 バリアー - - エスパー 変化 30
1 1 1 29 1 1 1 29 1 1 29 きんぞくおん - 85 はがね 変化 40
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
- - - - 1 1 1 1 1 1 1 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30
- - - - 1 1 1 1 1 1 1 ちょうおんぱ - 55 ノーマル 変化 20
- - - - - - - 1 - - 1 ソニックブーム - 90 ノーマル 特殊 20
6 6 6 7 6 6 6 7 6 6 7 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30
11 11 11 4 11 11 11 4 11 11 4 ちょうおんぱ - 55 ノーマル 変化 20
16 14 14 11 16 14 14 11 14 14 11 ソニックブーム - 90 ノーマル 特殊 20
21 17 17 15 21 17 17 15 17 17 15 でんじは - 100 でんき 変化 20
26 22 22 21 26 22 22 21 22 22 21 スパーク 65 100 でんき 物理 20
- - 27 32 - - 27 34 - 27 34 エレキボール - 100 でんき 特殊 10
32 27 30 46 35 27 30 56 27 30 56 ロックオン - - ノーマル 変化 5
- 30 33 18 - 30 34 18 30 34 18 マグネットボム 60 - はがね 物理 20
38 - - - - - - - - - - スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
44 33 38 39 53 34 40 45 34 40 45 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40
- 38 43 43 - 40 46 51 40 46 51 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15
- 43 46 25 - 46 50 25 46 50 25 ミラーショット 65 85 はがね 特殊 10
- 46 49 49 - 50 54 62 50 54 62 でんじふゆう - - でんき 変化 10
- 49 54 53 - 54 60 67 54 60 67 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
50 54 59 57 62 60 66 73 60 66 73 でんじほう 120 50 でんき 特殊 5

技マシン

レアコイルは下記の技をすべて覚える。
コイルははかいこうせん、ギガインパクト以外の技を覚える。

マシン タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技24 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 120 70 でんき 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10
技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技72 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10
技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15

※以下は第4世代までの技マシン

BW
技34 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 ×
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技67 リサイクル - - ノーマル 変化 10 BW2教え技/PDW
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 BW2教え技
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×

教え技

コイル・レアコイルはずつき、アイアンヘッド以外の技を覚える。

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP BW
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15 ×
ものまね - 100 ノーマル 変化 10 ×
でんじは - 100 でんき 変化 20 Lv./技マシン73
みがわり - - ノーマル 変化 10 技マシン90
4 2 2 32 ころがる 30 90 いわ 物理 20 ×
2 4 2 32 2 いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
いばる - 90 ノーマル 変化 15 技マシン87
12 ねごと - - ノーマル 変化 10
2 2 4 40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 ×
6 2 40 4 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
2 2 2 2 40 4 シグナルビーム 75 100 むし 特殊 15
4 2 2 40 2 てっぺき - - はがね 変化 10
2 4 2 40 4 でんじふゆう - - でんき 変化 10 Lv./BW2教え技
32 10 じゅうりょく - - エスパー 変化 5 BW2教え技/PDW
32 4 マジックコート - - エスパー 変化 15
6 エレキネット 55 95 でんき 特殊 15
10 リサイクル - - ノーマル 変化 10 BW2教え技/PDW

その他

タイプ 分類 PP 備考
リサイクル - - ノーマル 変化 10 PDW
じゅうりょく - - エスパー 変化 5 PDW

遺伝

タマゴグループ 性別不明
孵化歩数 5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ふめい
進化条件(第4世代) テンガン山でレアコイルをレベルアップさせる
進化条件(第5世代) 電気石の洞穴でレアコイルをレベルアップさせる

遺伝経路

タマゴ技無し。

外部リンク