ゲッコウガ

No.658 タイプ:みず/あく
特性:げきりゅう(HPが1/3以下のときに水タイプの技の威力が1.5倍になる)
夢特性:へんげんじざい(技を使うときに自分のタイプが使う技のタイプに変わる)
体重:40.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
入手可能ソフト:XY
忍者+@ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
72 95 67 103 71 122
森蜥蜴 70 85 65 105 85 120
61 90 45 50 50 160
蛞蝓 80 70 40 100 60 145
能力値が似てたから勝手に森蜥蜴追加

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ/かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし エスパー

カロス御三家ケロマツの最終進化形、名前の由来は恐らくゲコ(カエルの鳴き声)+甲賀(忍術流派のひとつ)
当初は過去の水タイプ御三家であるたまラッコキモクナーイの様にネタ扱いされ
挙げ句の果てにケツマロだの言われてネタ画像が流出したりと散々な仕打ちを受けた
しかし、結果的には進化形のデザインや性能も合わさって落ち着いてきた模様

スマブラwiiU・3DSにまさかの参戦決定!見栄え良しと評判。
専用技のみずしゅりけんは溜め技飛び道具の模様。

挑発された時のモーションがちょっとかわいいかも。

今までの水御三家は早くても素早さ種族値が78という鈍足だらけだったが、ゲッコウガがその常識を打ち破り、
水御三家はともかく水タイプ最速の座を手に入れてしまった。
それはいつぞやの猿を思い出すかのよう。6世代はゲッコウガの時代だ。

水ポケモンの代表格である御三家でありながら水ポケモンとして運用する必要すらないというある意味凄まじいポケモン。
当初の『変幻自在って何このチート特性www』みたいな評価は影を潜めつつあるが、
水パや悪パからは『水じゃない枠』とか『悪じゃない枠』として引っ張りだこのようである。
ムーバー後は御三家パ等でも同様の役割を持たされることが多くなるのだろうか。

対戦で使うならへんげんじざい一択……と思いきやそうでも無いようだ
積み技を搭載しない特殊型ならげきりゅうでいいという声もある
また、使いたいけどへんげんじざい特有の読み合いに自信が無い人はあえてげきりゅうを選んでもいいだろう
↑初心者や仮想敵を考慮するプレイヤーはげきりゅう、特殊な立ち回りが好きな上級者はへんげんじざい、って感じじゃない?
無理にへんげんじざい使おうとしてやられて帰ってきて「ゲッコウガは弱い」とかいう人も多いくらいだし
ポテンシャルは高いがプレイヤースキルが如実に出てしまうポケモンだと思う。
↑たとえ激流型でも、変幻自在のイメージのお陰で(初ターン限定だが)技が読まれにくいのも地味な利点だな。

専用技の「みずしゅりけん」は期待値で威力40を超えて、最大75というそこそこの先制技。
ダブルでは一転して「きゅうこん」もちのポケモンに先制で水技を打ち込み、最低で2段階、最高5段階の特功上昇させる、、、
↑とはならず「きゅうこん」は使い捨てになった
↑使い捨てってことは「かるわざ」発動できるな。ジュカインと組んでみるか?

こいつにじしんや大地のちからを与えたら壊れというものだろう
せめてじならしを覚えてくれたら……いや、じならしですら高望みというべきか
マッドショットだ。マッドショットをこいつにくれ
↑穴を掘るで土遁の術だ!パワフルハーブと組み合わせてアクロバットも使いやすくなる
↑その時の相手はゲコガシラだったんだが、バトルハウスで本当にパワフル穴を掘るをやってきて驚いた。しかも特性は変幻自在というんだからね
↑そいつは私も遭ったwwサーナイトで10万を撃とうとしたら変幻パワフル穴を掘るで無効化されて思わず変な声が出てしまった。
あと飛び跳ねるもしてきたように思う。

「ドーモ。テッカニン=サン。ゲッコウガです。」「ドーモ。ゲッコウガ=サン。テッカニンです。」
↑「ヌケニン殺すべし。慈悲は無い」悪タイプなので実際可能である!
↑↑「ドーモ。ゲッコウガ=サン。アギルダーです。」
↑↑↑「ドーモ。ゲッコウガ=サン。シルバーキーです。」
↑↑↑↑「ドーモ。ゲッコウガ=サン。フォレトス・サワタリです。」
↑↑↑↑↑ジュカイン「アイエエエ!?スバヤサ122!?スバヤサ122ナンデ!?」
↑しかもヘンゲンジザイ・アクロバット=ジツで草弱点を無くしてくる!ゴウランガ!
ゲッコウガのウォータースリケンを急所に受け、野生化したバイオマグカルゴが即死!コワイ!
エルフーンのせんしは光った。

覚える技は煙幕や分身、身代わりに手裏剣と、忍者を彷彿とさせるものが非常に多い。
相手を爆発四散させそうな技を覚えないのが残念か。

英語:Greninja(忍者)
ドイツ語:Quajutsu(術)
フランス語:Amphinobi(忍び)
徹底して忍者である。むしろ日本語が一番忍者から遠い気さえしてくる。
↑確かに。日本語名だけでは忍者だってわからないよ。

ローブシン「ローブシンバスター!」
シッショー!
↑ちょうど6文字いけるしそれにしてみるか。
…「たたみがえし」が使える以上ピンク髪の隻腕隻眼女剣士のほうがいいんだけどさ。
↑↑↑シッショー!で思い出したがアーク格ゲーの忍者はもう一人いたでござるね。カッコいい奴が。

自身の舌をマフラーにしている。…人の身で考えるとすごい芸当である。さすがNINJA。

アニメXY1話ではソーナンスのミラーコートに苦戦するサトシ達に助太刀する。
首の泡を飛ばして攻撃するのだが、「ケロムースは技じゃないから反射されないんだ!」と早くもアニポケクオリティをかましてる模様

「月光ガ」という名前だが、月の光は覚えないようだ
↑たぶんゲコ甲賀だから月光とは何の関係もないんだろうね
↑↑月の光を覚える蛾「呼ばれた気がしたので」
↑あなたがいましたか
↑上から二つ目「忍者部隊月光」という特撮作品がある。懐かし特撮ネタの多いポケモンだから掛かってそうな気がするんだけど

なんかジャンヌダルク(アーティストの方)から怒られそうな名前だな
↑ブラックジャックのアニメのOPですね分かります

ケロマツがTシャツについているあのカエルにしか見えない
↑それのせいで男主人公があのカエルの飼い主(?)に見える
↑↑夢特性は根性だろうと思ってた

ケロマツ「から揚げにレモンかけといたぞ」
↑ファッキューマッツ
↑↑アサナンイワークさんの唐揚げを取り分けておきました。あとは食べるだけです」
イワーク、唐揚げを落とす


ゲッコウガ忍法帖、10VS10のハイパーニンジャ群れバトル!
↑へびにらみ覚えてほしかった…
↑↑伊賀の者に全滅の天命下ると知れ!
↑↑↑ちなみに初代のジムリーダー、キョウは伊賀者の子孫だったりする。

こいつのドロポン、冷ビのモーションを見てウルトラマンのスペシウム光線を連想したのは俺だけではないだろう。

色を見てまさかと思ってポケパルレで撫でてみてやっぱりだと思った。こいつのマフラーは舌だ。
いつか全力で舌を前に伸ばすモーションとか見れるのだろうか……

ポケパルレでは目が細目になり手足の白い部分を触ると怒っているのか\ /になり舌マフラーを触ると><になる
舌を触られると><なので嫌がると思ったがそんなことはなく喜んでいる、可愛い

手裏剣の他にもかげぶんしん、なりきり、まきびし、えんまく、みがわりなど多くの忍者っぽい技を自力で習得できるのだが
火遁の術や雷迅の術は覚えられないのであった・・・
↑めざパで代用・・・は無理があるかw

どこぞのロボゲーにおける忍者みたいに経験値を掻っ攫ったり敵を人質もろとも爆殺したりはしない…はず。
たちエルシャンクのHPが半分削られたらコイツに交換して3タテだ!
↑デーデレデー デーデレデー デンッ デデデンッ♪ ひかるゲッコウガの色が白ベースだったら完璧だ

こいつの登場のお陰でようやくカエルパーティが組めるな。
メガ枠:メガフシギバナ
初代カエル:ニョロボン
二代目カエル:ニョロトノ
三代目カエル:ドクロッグ
四代目カエル:ガマゲロゲ
……そしてゲッコウガ。結構バランス良さげ?
↑水4匹か・・・バランスがいいとは言えないな
↑ゲッコウガは好きにタイプを変えられる上、草はフシギバナとドクロッグ、電気はバナとゲロゲで受けれるので意外と悪くはない。
全員が雨を活かせるのも高評価。

アニメのケロマツの声優は約3年ぶりにアニポケに復帰したうえだゆうじさんらしい。糸目繋がりである
↑BWシーズン2のシズイもうえだゆうじさんじゃなかったっけ?

物理 特殊・変化
ギガインパクト、おんがえし はかいこうせん、りんしょう
× ×
たきのぼり、みずしゅりけん なみのり、ハイドロポンプ
×
× くさむすび
× れいとうビーム、ふぶき
いわくだき、グロウパンチ (たたみがえし)
× どくどく、どくびし
あなをほる まきびし、あなをほる
とびはねる、アクロバット、つばめがえし ×
× じんつうりき、なりきり、ねむる
とんぼがえり ×
いわなだれ、がんせきふうじ、うちおとす ×
したでなめる、かげうち ×
× ×
つじぎり、どろぼう あくのはどう、ちょうはつ
× ×
× ×

微妙に実用性ある型をポケ録に移転


4天候型

性格:むじゃき、せっかち
努力値:S252、残り特攻か攻撃
特性:へんげんじざい
持ち物:何でも
確定技:めざめるパワー炎/ハイドロポンプ/ふぶき/いわなだれ

ポワルンはお天気ポケモンとして有名だが実は岩フォルムはない
だがゲッコウガはちゃんと全ての天候に対応できる!Dアップするし砂ダメージも受けないぞ
炎技の火力が無いのが短所

擬似フルアタスターミー型

性格:おくびょう
努力値:CS252
特性:へんげんじざい
持ち物:きあいのタスキ、いのちのたま、こだわりめがね
選択技:めざめるパワー電気/ハイドロポンプorなみのり/れいとうビーム/くさむすび/じんつうりき

バトルタワー等で使いやすかったフルアタスターミーとほぼ同じ技構成。
めざ電はタイプ一致かつ特攻の差でスターミーの10万ボルト以上、
冷凍ビームは眼鏡スターミー以上の威力にさらに持ち物補正。
エスパー技は負けるがそもそも需要が少なかった。
状態異常に若干の耐性があるのも共通。
素早さは一回り上、特功は僅かに上、耐久はちょい下。
前作までのスターミー同様、使いやすいが火力不足、特に今作は。
↑フルアタならチョッキもありじゃね、耐久は低いけどタイプ変更で受けられるし。

ラス1潰し型

性格:おくびょうorひかえめ
努力値:素早さ252 特攻252
特性:へんげんじざい
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ
確定技:ハイドロポンプorハイドロカノン(両立もあり)/ふぶき/はかいこうせん

せっかくすべての技をタイプ一致で使えるんだから威力の高い技を使って決定力をあげようじゃないか!
でも、ハイドロポンプと吹雪以外に100以上の威力のある特殊技が反動ありのしか無い…
じゃあ相手が最後の1匹の時にぶっ放せばいいじゃないか!
…という思いつきでした。

手裏剣王者型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:S252 A252
持ち物:王者の印
確定技:みずしゅりけん

先制連続技!これを活かさずしてナニが忍者か!!
百発のスリケンで倒せぬ相手だからといって、一発の力に頼ってはならぬ。一千発のスリケンを投げるのだ!


覚える技

レベルアップ


技マシン


タマゴ技


教え技


その他


遺伝


遺伝経路


外部リンク