ヒトカゲ

No.004 タイプ:ほのお
特性:もうか(HPが3分の1以下になるとほのおタイプの技の威力が1.5倍になる)
夢特性:サンパワー(天気が晴れの時、ターン終了時HPが8分の1減るが特攻が1.5倍になる)
入手可能ソフト:FR/LG/HG/SS/PDW(配布)
草結びの威力:20
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
39 52 43 60 50 65

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2) ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

巨大ポケモンのしまを見るとわかるがサトシのヒトカゲは純情な子
フシギダネ「(巨大フシギバナにビビって)俺は天涯孤独。親戚なんていないのさ」
ヒトカゲ「(疑うことを知らない目で)かっこいいですねー」
なんで進化してグレたんだろう

BW2に特別技持ちのカントー御三家のタマゴをプレゼント!
とおせんぼう・みねうち・各タイプ究極技までが共通で、ヒトカゲの残り技は「アクロバット」
↑なんか一番ヒトカゲが残念な感じだな、りゅうのまいも使えないし。アクロバットの技マシンがあるにも関わらず特別な技扱いってのもなんかね…
↑アクロバットこいつは普通覚えないっぽいから特別でいいんじゃない?
↑↑ヒトカゲが一番嬉しかった自分は異端なのか・・・
↑むしろヒトカゲが一番優遇だと思うぞ。ダブルでは知らんがシングルでこの指は死に技だし、ウェザボは葉緑素や遺伝技と両立できない
対してリザードンはフレアドライブにニトロチャージ、ドラゴンクロー、シャドークロー、つるぎのまいなどと両立可能。

ポケモンスタジアム金銀ではエリートトレーナーのケンイチが
「ヴィザード」と名づけたリザードを使用する
「ヴ」おまえどうやってつけたんだ…(ヴが使えるようになったのは第五世代から)
↑ケンイチじゃなくてケイスケだったと思う。

今まで存在が地味で、地味に腹の色を間違われ続けていたゲームのリザードだが
BWで地味に公式のものに変更された(腹の色が黄色から地味な白に)。
この地味な変化に気付いた者はリザード愛に満ち溢れたいい人に違いない…
あとドククラゲの触手なんかも黄土色から公式のグレーに変更されている
↑そういえばリザードは前姿と後姿で構え方が違うポケモンの一匹だよね
↑↑ジュプトルなんかも変わってるね。

やっぱりリザードでは無くヒトカゲなのか…。本当に地味なんだなリザード。
爪とか大きくて格好いいと思うんだけどな。やっぱりアニメですぐ進化してしまったり
炎5倍パラスカウンターでガチ負けしちゃったのが悪かったのか…
↑見た目も名前もリザードンの手前感があるからな。今調べたけど、ヒロシのリザートとかユキナリのリザードとかそれなりに出番があるじゃん。個人的には図鑑で「青白い炎」が何故か出てくる印象とポケモンスナップで(ヒトカゲ軍団から離れて)1人で火口を走り回ってる印象。まぁスマブラ出場前のフシギソウ並み。

セパルトラのひっかくこうげき!
…セパルトラって一体何なんだろう?
↑セパルトゥラはブラジルのヘビメタバンドの事。
開発に洋楽好きがいたと思われる。
↑↑めでたくオリジンでそのネタ拾われました
↑↑↑XYの21番道路とエイセツシティの間のゲートでも拾われました


お誕生日ヒトカゲ型

性格:おっとりorむじゃきorやんちゃ
努力値:特攻252 攻撃or素早さ252
持ち物:襷orカムラor弱点半減の実等
技:おんがえしorオーバーヒート/めざめるパワーorメロメロ/でんこうせっか/とおぼえ

ポケモンセンタートウキョーで自分の誕生日にもらう事が出来るヒトカゲ。
特殊な技を持ち技欄をとある読み方をすれば、
何とも感動を与えてくれる素晴らしいポケモンとして登場しているのである。

でも唯一王の劣化に見える?
遠吠えと特性で差別化と思うんだ!

なお、おっとり以外にもむじゃきややんちゃのヒトカゲがプレゼントされた事がある。

ちなみに何気に二刀流出来る性格なので、
しっかりと厳選し育成すればかなりの活躍をする事が出来るだろう。

新たな性格のヒトカゲがプレゼントされたので追加。
後一応型と技の欄の記載をネタバレ防止を兼ねて変更。
やはり此処は自分の目で確かめてほしい。

もしヒトカゲがスマブラXに出ていたら型

性格:それっぽいの
技:かえんほうしゃ/えんまく/つばめがえし/だいもんじ

もしリザードンでなくヒトカゲが出てしまったらの型。
えんまくは浮身のような感じ。

ひとかげ型

技:ひのこ/とおぼえ/かえんほうしゃ/げきりん

ひっかく/かいりき/かみつく/かみくだく/かみなりパンチ/げんしのちから/でも可
全てひらがななのがウリ
↑カウンター「先輩チーッス」

炎御三家の歴史

第1世代

炎御三家初陣を飾ったのはリザードン。
赤版のパッケージに描かれたこともあって知名度は高く、全ポケモン中でもかなり人気のあるポケモンだった。
しかしシナリオにおいては序盤のジムから相性が悪く、洞窟で出るイシツブテにも苦労する。
仲間のサポートが必須であり、人気とは裏腹に扱いに苦労するポケモンだった。
一方で、安定した性能のかえんほうしゃや、ほぼ急所確定のきりさくを自力で習得し、技マシンでじしんを覚え、
素早いのでじわれで一撃必殺を狙える、ほのお「のうず+どくどくコンボで遅い相手をハメられる点など、
対戦において炎タイプの中では相当扱いやすい方であった。
とは言え当時の大会では炎技が有効な相手が少なく、炎タイプ自体が不遇であった。

99カップでの使用率はそれなりに高く、優勝者のPTにも入っており、決勝戦でも活躍した。
進化前のヒトカゲも、ファンシーカップにおいて切り裂くや竜の怒りが使えたのでそこそこ活躍していた。

ちなみにこんな容姿をしながら、そらをとぶを覚えられるようになったのはピカチュウ版以降。
赤緑青までの時代では、ゼニガメ、フシギダネと同様に、こいつとは別に空を飛ぶ要員を作る必要があった。

「ニンテンドーオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ」でリザードンがモンスターボールから登場。
「かえんほうしゃ」で対戦相手を攻撃した。
また、ステージ「ヤマブキシティ」ではヒトカゲがギミックとして登場。

第2世代

ジョウト炎御三家バクフーンの登場。
リザードンと完全に同じ種族値のポケモンで、積み技には乏しいものの、きしかいせい、かみなりパンチなどリザードンには覚えられない優秀な技も多かった。
しかし全盛期だったカビゴンが突破できず、対戦での評価は微妙だった(当時はふんかもスカーフもない)。
一方シナリオでは有利なジムが多く、前作とは打って変わって御三家では最も扱いやすかった。

鋼の追加により炎タイプが冬の時代を脱出。リザードンは特攻・特防の分離によって特攻が上昇した。
にほんばれ→だいもんじや、はらだいこを絡めた戦法が可能になった。
じわれを使える点も意外と大きく、以前よりパーティに入れやすくなった。

「大乱闘スマッシュブラザーズDX」ではヒノアラシ、そして前作に引き続きリザードンがモンスターボールから登場。
ステージ「ポケモン亜空間」ではヒトカゲが足場として登場。
フィギュアとしてもリザードン、ヒノアラシが登場している。

第3世代

ホウエン炎御三家バシャーモ登場の時代。
炎御三家で最鈍だが当時先制技はさほど普及していなかったため、こらカム起死回生は今に比べ使いやすかった。
後述の「もうか」との相性も良く、ゴウカザルもいないためこの世代当初は需要が高かった。

FR、LGのシナリオではヒトカゲのメタルクロー習得などが有ったが、岩技を覚えたタケシにはやはり分が悪かった。
しかしリザードンに進化した瞬間、威力PP共に優れた一致技のつばさでうつを獲得。
第1世代に比べれば改善された。
対戦においては、ダブルバトルでこの指ピクシーと絡めての腹太鼓戦術を使うリザードンが登場。
2004年全国大会ベスト4にまでのし上がったのも印象深い出来事だった。

バシャーモやリザードンが話題を作ったことに加え、入手が微妙に難しかったバクフーンはこの時代影が薄い。

特性は三体共通でピンチ時に炎技の威力が上がる「猛火」。
特攻が高く、安定した技の有る炎御三家はこの特性の恩恵を受けやすかった。

外伝作品の「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊/赤の救助隊」では3系統が揃って主人公候補に選ばれた。
そしてそのうちリザードンは「FLB」のメンバー、にしのどうくつの雑魚として登場。
大幅に強化されたねっぷうで救助隊を容赦なく葬る強敵および優秀なLv1ダンジョン特攻隊の1匹と中々の活躍を見せた。

第4世代

シンオウ炎御三家ゴウカザルの降臨。
メジャーキラーとしての評価を高め続けていった結果、一躍炎ポケのスターに躍り出た。

一方ゴウカザルと同属性、同特性のバシャーモは、バトンタッチやブレイブバードを得たものの
先制技の爆発的普及によりこらきしの株が暴落。
更にエビワラーですら獲得したインファイトを覚えられず、上述のゴウカザルの登場により後退を余儀なくされたが
プラチナで馬鹿力を習得したことにより決定力は向上した。

御三家唯一炎単のバクフーンは、最高威力150の噴火と新アイテムのこだわりスカーフを組み合わせ、
HPMAXで先制の噴火を放つ戦術が編み出された。
逆を言えばこれ以外に特徴が無くこの戦術は簡単に読まれてしまうため、
現在は炎御三家の中で一番やりづらいという声も(事実「DP当初は過大評価されていた」という意見が多い)。
ダブル晴れパなら威力250オーバーの全体攻撃になるので下火となった今でも使い道はありそうだが。

そして元祖御三家リザードンは、エアスラッシュ、りゅうのはどうなどを習得したことで特殊型の使いやすさが向上。
またプラチナの教え技で炎御三家中唯一使えなかった雷パンチを習得できるようになった。
上述のゴウカザルが目立つものの、状況はだいぶ良くなった。

「大乱闘スマッシュブラザーズX」では、ポケモントレーナーの重量級ポケモンとしてリザードンが登場。
重量級ゆえに小回りが聞きにくいが、ダッシュが早く、決定力が高い。
最後の切り札「さんみいったい」では「だいもんじ」を発射する。
モンスターボールからは、アチャモが登場。
フィギュアとしてリザードン、ヒトカゲ、ヒノアラシ、アチャモ、バシャーモ、ヒコザルが登場。
「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊/闇の探検隊」でも炎御三家が揃って主人公候補に選ばれた。
「ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊」にもパッケージに登場。

第5世代

バシャーモ、ゴウカザルに続く三代目の炎/格闘の御三家、エンブオーが登場。
これまで炎御三家にいなかった鈍足重火力タイプ。
反動技をはじめ攻撃技は非常に豊富。その代わり一致技(特に格闘)が他の2匹より劣る。
シナリオ面では、新技ニトロチャージを早い段階で覚えるため長い間主力になる。
使い放題になった技マシンを駆使すればシナリオの要となれるが、一致技の自力習得が乏しく、
中盤で手に入る高速超火力なヒヒダルマに乗り換える人もいる。
また、準御三家的な役割として三色猿の単炎バオッキーが登場。
対戦ではあのゴウカザルを意識せねばならず、苦しい立ち位置にある。

第5世代の目玉の1つ「夢特性」により、これまでもうか一筋だった炎御三家にも様々な特性が与えられ、一喜一憂する事になった。
リザードンはあの太陽神と同じサンパワーを獲得。
晴れ時の炎技はすさまじい火力になったが、打たれ弱さに拍車をかけることになるので注意が要る。
バクフーンの夢特性は解禁待ち。
また、新技ワイルドボルトを得たが、基本的にできることは第4世代と変わらない。
バシャーモはまさかのかそく獲得で覚醒した。
とびひざげりが大幅強化され、ばかぢからに代わる連発できるメインウェポンを手に入れた。
ゴウカザルはてつのこぶしを獲得。マッハパンチやかみなりパンチくらいしか適用されず、現時点ではもうかが推奨される。
ゴウカザル以上の素早さを持つ者も増えたが、有利な相手もまた多い。第4世代と同じく、豊富な技で狩っていくスタンスは同じ。
エンブオーも解禁待ち。
上2匹とは全く違った運用が不可欠。また炎御三家で最鈍の素早さとアームハンマーを生かし、トリパにも対応できる。

覚える技

レベルアップ

RSE FL 4th BW 威力 命中 タイプ 物理 PP
ヒトカゲ リザード リザードン ヒトカゲ リザード リザードン ヒトカゲ リザード リザードン ヒトカゲ リザード リザードン
- - - - - - - - 1 - - 1 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
- - - - - - - - 1 - - 1 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
- - - - - - - - 1 - - 1 エアスラッシュ 75 95 ひこう 特殊 20
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ひっかく 40 100 ノーマル 物理 35
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 なきごえ - 100 ノーマル 変化 40
7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 7 ひのこ 40 100 ほのお 特殊 25
- - - 13 13 13 - - - - - - メタルクロー 50 95 はがね 物理 35
13 13 13 19 20 20 10 10 10 10 10 10 えんまく - 100 ノーマル 変化 20
19 20 20 - - - - - - - - - いかり 20 100 ノーマル 物理 20
43 48 54 43 48 54 16 17 17 16 17 17 りゅうのいかり - 100 ドラゴン 特殊 10
25 27 27 25 27 27 19 21 21 19 21 21 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
- - - - - - 25 28 28 25 28 28 ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
- - - - - - - - - 28 32 32 はじけるほのお 70 100 ほのお 特殊 15
- - 36 - - 36 - - 36 - - 36 つばさでうつ 60 100 ひこう 物理 35
37 41 44 37 41 44 28 32 32 34 39 41 きりさく 70 100 ノーマル 物理 20
31 34 34 31 34 34 34 39 42 37 43 47 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
49 55 64 49 55 64 37 43 49 43 50 56 ほのおのうず 35 85 ほのお 特殊 15
- - - - - - - - - 46 54 62 れんごく 100 50 ほのお 特殊 5
- - - - - 1 - - 59 - - 71 ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
- - - - - - - - 66 - - 77 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技43 ニトロチャージ 50 100 ほのお 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15
技50 オーバーヒート 140 90 ほのお 特殊 5
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技58 フリーフォール 60 100 ひこう 物理 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技61 おにび - 75 ほのお 変化 15
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン 5th
技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 タマゴ
技23 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 教え
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技47 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 ×
技51 はねやすめ - - ひこう 変化 10 教え
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技59 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 教え/タマゴ
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 教え
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×
秘05 きりばらい - - ひこう 変化 15 ×

タマゴ技

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
はらだいこ - - ノーマル 変化 10
げんしのちから 60 100 いわ 特殊 5
いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 BW:技80
かみつく 60 100 あく 物理 25
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
ふくろだたき 10 100 あく 物理 10
つるぎのまい - - ノーマル 変化 30 BW:技75
りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20
かみくだく 80 100 あく 物理 15
ドラゴンダイブ 100 75 ドラゴン 物理 10
メタルクロー 50 95 はがね 物理 35 FL:Lv.
フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15 Lv.
HS カウンター - 100 かくとう 物理 20 GBA:教
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 4th:技59
きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 4th:技01

教え技

FL Em XD DP Pt HS BW BW2 威力 命中 タイプ 分類 PP 5th
メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20 ×
つるぎのまい - - ノーマル 変化 30 技75
メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 ×
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 ×
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15 ×
カウンター - 100 かくとう 物理 20 タマゴ
ちきゅうなげ - 100 かくとう 物理 20 ×
ものまね - 100 ノーマル 変化 10 ×
いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技80
みがわり - - ノーマル 変化 10 技90
ばくれつパンチ 100 50 かくとう 物理 5 ×
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10 ×
いばる - 90 ノーマル 変化 15 技87
ねごと - - ノーマル 変化 10
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 ×
まるくなる - - ノーマル 変化 40 ×
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
れんぞくぎり 20 95 むし 物理 20 ×
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15 (タマゴ)
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20 ×
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10 (Lv.)
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15
あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5 ×
エアカッター 55 95 ひこう 特殊 25 ×
おいかぜ - - ひこう 変化 30
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15 ×
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15
はねやすめ - - ひこう 変化 10
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 (タマゴ)
ほのおのちかい 50 100 ほのお 特殊 10

その他

タイプ 分類 PP 詳細
でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30 ポケモンセンタートウキョー誕生日プレゼント
とおぼえ - - ノーマル 変化 40 ポケモンセンタートウキョー誕生日プレゼント
みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 ポケモン集めてもらおうキャンペーン
とおせんぼう - - ノーマル 変化 5 ポケモン集めてもらおうキャンペーン
ブラストバーン 150 90 ほのお 特殊 5 ポケモン集めてもらおうキャンペーン
アクロバット 55 100 ひこう 物理 15 ポケモン集めてもらおうキャンペーン

遺伝

タマゴグループ 怪獣/ドラゴン
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=7:1
進化条件 ヒトカゲ L16→ リザード L36→ リザードン

遺伝経路

はらだいこ カビゴン(L17)
げんしのちから ズガイドス(L33)/タテトプス(L28)
かみつく ゼニガメ(L16)/アーボ(L9)/ギャラドス(L20)/ワニノコ(L13)/ヨーギラス(L1)/ドゴーム(L20)/ハブネーク(L10)/タツベイ(L5)/ナエトル(L21)/クリムガン(L9)/モノズ(L9)
げきりん ミニリュウ(L55)/キバゴ(L56)/クリムガン(L62)/モノズ(L62)
ふくろだたき アーボ(卵)/ニドラン♂(卵)
りゅうのまい タッツー(L38)/ギャラドス(L44)/ミニリュウ(L51)/チルタリス(L39)/キバゴ(L32)
かみくだく アーボック(L22)/カビゴン(L49)/ワニノコ(L27)/ヨーギラス(L41)/バクオング(L40)/ハブネーク(L28)/タツベイ(L46)/ナエトル(L37)/ガブリアス(L48)/ズルッグ(L38)/クリムガン(L25)/モノズ(L25)
ドラゴンダイブ ミニリュウ(L41)/フカマル(L37)/モノズ(L42)
メタルクロー ココドラ(L15)
フレアドライブ 自力(L77)
カウンター ニドラン♂/サイホーン/カビゴン/チコリータ/ミズゴロウ/タテトプス/ズルッグ/キバゴ(全員卵)
りゅうのはどう タッツー(L42)/チルット(L50)/キバゴ(L41)/モノズ(L32)
きあいパンチ ズルッグ(L49)

外部リンク