アギルダー

No.617 タイプ:むし
特性:うるおいボディ/ねんちゃく
入手可能ソフト:ブラック・ホワイト
超高速 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
アギルダー 80 70 40 100 60 145
テッカニン 61 90 45 50 50 160
マルマイン 60 50 70 80 80 140
↑マルマインのライバルは虫タイプなのか…
↑↑上手い具合に一番高い能力が各々2つずつになっているんだな。

お前に足りないもの HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
情熱 85 60 65 135 105 100
思想 1 90 45 30 30 40
理念 70 77 60 97 60 108
頭脳 86 76 86 116 56 95
気品 60 69 95 69 95 36
優雅さ 70 80 102 80 102 40
勤勉さ 58 109 112 48 48 109
速さ 80 70 40 100 60 145
money 40 45 35 40 40 30


進化 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
アギルダー 80 70 40 100 60 145
チョボマキ 50 40 85 40 65 25

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/かくとう/じめん
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

チョボマキとカブルモを通信交換という少々変わった進化条件を持つ超速虫ポケモン。マルマイン涙目
イッシュ地方のチャンピオン、アデクの先鋒を務める。
不敵な目付き、覆面、たなびくマフラー、腕組みとペンドラーとは別のベクトルのカッコよさに
全国の虫ポケファンは身震いしたとかしないとか
↑コイツに限ったことじゃないが今作の虫ポケってぶっとんだやつ多くないか?w
シュバルゴとかウルガモスとかアイアントとか
↑↑マスクとあの立ち姿を見てシュバルツ・ブルーダーを思い出したのは俺だけでいい
なんかバイクのライダーみたいだな
↑↑↑チョボマキの図鑑に「カブルモとともに電波を浴びて進化する」と書いてあったがこういうことだったのね。
↑↑↑ジョーカーってNNで使ってるよ、俺ちゃんは。立木ボイスでw
↑↑↑いっそ、二匹合わせて、シュバルゴ・アギルダーとかにするとそれっぽくないか?

今作チート積み技、「からをやぶる」を体現したようなポケモン。本人はもちろん、進化前も覚えないけど。

初見じゃ虫ってわからんかったのは俺だけじゃないと信じたい。
↑第五世代の所見じゃタイプわかんねーよランキングではゴルーグに次ぐと思う。
虫と言われればわかるっちゃわかるけど……。
ちなみに俺はゴースト単だと思ってました。
↑タイプ間違えた挙句チョボマキの進化系とも気付かなかった。
アギルダーの見た目に惚れて
「ちょwwチョボマキ進化しないのかww にしてもアギルダーどこにいるんだぁぁぁぁっ!?」ってなったのはいい思い出。
↑↑アギルダーじゃなくてチョボマキを鋼タイプだと思って地面技撃ってたのは俺だけじゃないはず。
↑俺ははがねだと思って炎技打って抜群だったからずっとはがねだと思ってたw

クロバットと相性最悪である。最速先手でとんぼがえりしないと羽の錆にされる。

進化する姿逆じゃね?と思ったのはきっと俺だけじゃないはず
↑カブルモがマイマイカブリをモチーフにしてると思うから、間違ってはいない気がする。間違っては。
↑↑交換する時にチョボマキが殻を脱いでカブルモに渡すからお互いああなるらしい
↑つまりお互いの装備を交換してるって事か。あの電波(?)の中でどうやって交換してるのかは知らんが…
↑↑↑カブルモをずっとカブトムシだと思ってた俺が通りますよっと。
↑↑あの電波の中でカブルモが一方的に殻を剥ぎ取ってるんだと思ってたわ。
一番↑よく見ると鎧の中はカブルモが入ってる
一番↑変わる方の特性から考えるとちょっと悲惨だな。
カブルモは『だっぴ』した後『シェルアーマー』を装備する。
チョボマキは『シェルアーマー』を失って乾燥してきた肌を守る為、カブルモが脱皮した時の皮をかぶるけど足りなくて皮膚が『ねんちゃく』になるなんて…。
↑ねんちゃくってのは粘着質な性格を指し、鎧奪われたことを根に持ってぐちぐち文句言ってるという説はどうか

ドッチーニョ♪ギアル♪アギルダー♪

カタツムリモチーフのポケモンだが先輩とは逆にカラを脱いで進化する。
↑要するにこいつナメクジなんだよなあ、こんな素早いくせに
↑MTGでは、チート効果「超速攻」を持つのはナメクジのクリーチャー。
召喚すらせずに攻撃できるという効果を持つ。
↑↑↑チョボマキはマイマイポケモンと名乗っているけど生態的にはタニシに近いと思う。
↑↑↑↑うるおいボディにねんちゃく…とけるしのろいし吸血するしってこれじゃヒルか
↑全 XYのナメクジドラゴンなんて二段目でナメクジからカタツムリになって三段目でまたナメクジに戻るんだぜ…?
↑殻の無いことの良さがよくわかったんだろ。

汚いなさすが忍者きたない
↑マルマインさんオッスオッス
↑シュバルゴかも知れない
↑黄金のメタルコートの塊でできているナイトがマフラー装備のジョブに遅れを取るはずがない
↑でも進化するとき殻を奪ったのはナイトの方なのでござるよ^^汚いなさすがナイトきたないでござる^^
↑なんだおまえバラバラに引き裂くぞ
↑炎4倍の盾とかちょっと^^;時代は空蝉(影分身)の忍ブロでござるな^^
↑おれの怒りが有頂天になったこの怒りはしばらくおさまる事を知らない

サブウェイで出てきたチョボマキが硬くてびっくりしたが、物理耐久はサニーゴ並なんだな。
もっと硬ければ奇跡チョボマキも面白いかなと思ったんだが…。
↑確かに俺の剣舞積んだガブのドラゴンクロー1発耐えた。持ち物はオボンなのにどういうこと・・・
気になったのでダメージ計算してみたら特化すれば確2じゃねーかwww

図鑑で鳴き声を聞く時にアギルダーのドット絵に注目すると、ドット絵が伸びた時に何だか涙を流しているように見える。
↑かの仮面ライダーは歴代で『泣いている顔』を模してデザインされている。
赤く腫れた垂れ目を初め、よく見ると目の下や周りに涙のようなラインが走っていたりする。
悪と戦うといえ「あくまで暴力でしかない」「それでも大切な人を守る為に泣きながら拳を振るう」という隠れたメッセージだそうだ。
「ポケモンバトルといえど、所詮暴力でしかない」「それでも大切な主人のために泣きながら拳を振るう」アギルダー、もといゲーフリからの隠れたメッセージではなかろうか?
↑おいおいポケモンバトルはトレーナーとポケモンのコミュニケーションは図るための競技だぜ?
↑↑いい台詞だ、感動的だな、だが無意味だ。
↑やめてくれないか!ネタポケwikiにもニーサンが出てくるのは!

コイツ伝説のスタフィーのボスにいても違和感ない気がする
↑相方のシュバルゴは 星のカービィの中ボスとして出てきそう。倒すとソードをコピーできるような・・・
↑↑わかるwボス直前の道にチョボマキがずらりと並んでるのが容易に想像できるw
↑↑↑&↑↑スタフィーにでても違和感ないのはすげぇ納得できるわwでもカービィにシュバルゴがでるのはちょっと想像できんぜよ。
カービィにでて違和感ないのは・・・スターマンかなぁ
↑ワープスターですねわかります
↑↑こいつの進化前ってたしかカービィにいたよな
↑ XYのこいつなんてまんまファイアーライオンだぜ!

こいつの夢特性は「かるわざ」。これ以上素早くうなってどうするんだ・・・
夢特性がポケダンでも存在したらフワライド2号になれそうだが・・・
↑きっとあれだ、同じく夢特性「はやあし」のサンダースとのしのぎを削っているんだ。
↑↑一応スカーフやすいすいのポケモンの攻撃を襷で耐えて殴る→S逆転して倒す
という芸当が出来るようになったので、割と有用。無振りグドラは綺麗に確2のように、無振りの相手を2発殴って倒すくらいの最低限の火力はあるしね。
絶対に抜かれないため、先制技もち以外に欠伸などで嫌がらせをして、後続に任せられる点も優秀。
粘着や潤いボディと比べ、ずっとまともな特性を貰えた印象。

こいつに両手に剣を持たせてミュージカルに出してみたらかなり渋かっこよかったぜ

アデクの使うこいつの素早さ実値は220らしいが、素早さ逆Vでも補正無しで232。
よって、素早さ↓の性格で確定。(個体値Vでマイナス補正ありアギルダーの素早さ実値がちょうど220)。
おそらく冷静なんだろうが、先取りをうまく使うために冷静にした結果先取り使いにくくなってるじゃねーかw

アギルダーとチョボマキのレベル技の違いがちょっと面白い

      チョボマキ     アギルダー
Lv4  ようかいえき  アシッドボム
Lv8  がまん    かげぶんしん
Lv13 のろい    でんこうせっか
Lv25 あくび   スピードスター
Lv28 まもる   さきどり
Lv32 とける   こうそくいどう
Lv40 のしかかり   とんぼがえり
Lv52 ガードスワップ パワースワップ
溶解アシッドみたいにアギルダーの方が優秀だったり鈍い石火やスワップみたいにイメージや性能が正反対だったり
↑みづらいわwちょっと修正してみた
こういうふうにレベル技が変わるのってこいつだけだっけ?
シュバルゴ…は対だから除くとして、ドンファン系列がまるっきり変わってる
あいつゴマゾウのままだとレベルアップだと地面技覚えないんだぜ…
↑メラルバとガモスもそんな感じ。

コイツ、もう少し使われてもいいんじゃないか?
現状だと、相方の方が良く見る件
↑火力も耐久も中途半端なのが原因かと。シュバルゴのほうが分かりやすい種族値してるからな
第四世代でならもう少し活躍できたと思う



命を賭して型

性格:ようき
特性:ねんちゃく
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:スカーフ
確定技:いのちがけ とんぼがえり

ルギアだー!

スカーフを巻くことで誰も追いつけないスピードに達し、
文字通り命をかけて相手の先発をつぶす。
自分よりHPが多そうな相手なら一旦とんぼがえりで引っ込み、
じっとチャンスをうかがう。

私がしんでも代わりはいるもの。

「「本日の務めは!」
衛兵「「肉弾幸なり!」

これと似た型としてH252S調整残りCの控えめスカーフアギルダー作ってみたが、H無振りのほとんどのアタッカーを相性関係なく無理やり持っていけて便利だった
当然ゴーストは無理だが。
↑スカーフアギルダー使ってるけど、正直とんぼがえりといのちがけ以外あんま使わないな。変に迷わない分技2つだけの方がよかったり。

とんぼがえり→だっしゅつボタン持ち受けポケ→戻していのちがけで無理矢理ぶちのめすでござる

ヌケニン「命をかけてかかってこい!」

素早さに6振るだけでも最速113族スカーフまで抜かせるので攻撃に極振りでもいいかもしれない

さきどり型

性格:せっかち
努力値:素早さ252、特攻252
確定技:さきどり/むしのさざめき
選択技:きあいだま/ギガドレインorエナジーボール/とんぼがえり/フェイント/みがわり/アンコール

突出した素早さで安定してさきどりを使える。さきどりした技の威力を1.5倍にして放つ
しかし、能力はこちら基準、一致でない、基本的に弱点を付けずむしろ半減される可能性が高い等、安定して発動できても難点は多い
ゴーストやドラゴン対策くらいか

耐久チョボマキ型

性格:のんきorなまいきorずぶといorおだやか
努力値:HP252 防御か特防252
持ち物:しんかのきせきorたべのこし
特性:うるおいボディ推奨
選択技:むしのていこう とける じこさいせい ねむる どくどく あくび アンコール あまごい みがわり

チョボマキのほうが硬いみたいなので考えてみた。
ツボツボでやれよとか言われそうだが、こっちは防御をグーンと上げたり回復ができる。特性のうるおいボディで雨の中ならねむり放題。しんかのきせきも使えるとツボツボにはないものがたくさんある。ちなみにツボツボよりHPがちょっと高い。きせきがあればツボツボより守りが硬くなる・・のかな?

うるおいボディ推薦とはあるが、こいつシェルアーマーでもよくないか?進化の輝石はトリックやはたきおとすされるだけでめっぽう弱くなるわけだし。
それに、こいつは自己再生やギガドレインという回復技を持ってるわけだし、シェルアーマーでもいいと思う。
もちろん、どくどくなんかの状態異常の回復もさせたいなら話は別。耐久型だし、どくどくとかよく飛んでくるしな。
まあシェルアーマーも積んだのに急所で落ちるという不幸がなくなるからこっちでもいいな
自己再生を採用するならシェルアーマー、眠るを採用するならウルオイボディかな
ためしに抵抗、融ける、再生、アンコール@軌跡シェルアーマーの特殊受け特化で使ってみたら単純なアタッカーならけっこう受けられる
他でどくどくとか使ってもらわないと泥試合になるが


どこかできせきチョボマキがアギルダーとは全く違う働きが出来ると聞いたんだが、どうなんだ?
↑逆に鈍足で高耐久になってるから確かに違う働きはできると思うけど、特別硬いわけでもないから
他の耐久ポケ使えって事になっちゃうんじゃないかな?
↑実際に使ってるけど他の耐久とは少し違う働きをしてくれる。構成は自己再生、とける、虫の抵抗、アンコの穏やかHD。味方に毒びしを撒いてもらう前提。
味方の補助なしならアンコは毒毒でいい。アンコールのおかげで鈍足耐久を流せる。挑発されても相手が特殊ATなら虫の抵抗で対抗できる。
そして何より他の軌跡持ちと一線を画すのは、特性シェルアーマーのおかげで耐久ポケの恐れる急所を絶対喰らわないということ。
不一致ならエッジや大文字でも耐えて積みの起点にできる。しかもチョボマキの耐久を舐めてかかってそういうサブ技で攻撃してくる奴は多い。(当然かなり火力がある奴は無理だけど)
個人的には充分実用範囲内だと思う。
↑補正なし持ち物なしのサルのオバヒが80~99%でギリ確2で再生が間に合わない。
等倍だとひかえめ雨グドラのドロポンも55%~。
そして一般的に耐久の積み技は相手の負担にならないから「積みの起点」とは言わない。
輝石チョボマキつかうならこいつ中心の構成になってパーティに負荷かかるだけかと。
↑実際に使ってみたがかなり良い感じ。つかアンコが強いのと相手が油断しまくりんぐ。
一線級とは言わないが、Lv1ドーブルと似たようなところがある。
机上論だけじゃ分からない事もあるんだよ。

進化先勘違い物理型

性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:HP攻撃252
持ち物:こだわりハチマキ、オッカのみ、オボンなど
特性:どちらでも
確定技:とんぼがえりorきゅうけつ、のろい
選択技:すてみタックル、ギガインパクト、おんがえし、のしかかり、でんこうせっか、フェイント、おいうち、バトンタッチ

はい、シュバルゴの頁の二番煎じでございます。
エナボや気合球など、自タイプ一致技に恵まれないがまだ使えるレベルのサブウェポンがあるシュバルゴに対し、こっちはなんと虫無悪のみ。ウソッキー程ではないが結構無駄が無い技配分。何とかして鈍いを数回積み、威力が上がった蜻蛉帰りをぶちかませ!1回限りだけどな!
↑さきどりで一気に選択肢が広がるぜ。ノーマル岩ドラゴンなら一致打たれても半減されないし、タイプや型によっては相手の不一致を一致等倍で打ち返せる。
炎?逃げろ。

因みに最遅仕様でも135。最速グロスをギリギリ抜ける。

物理型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252or調整残り防御
持ち物:いのちのたまorこだわりハチマキorきあいのタスキ
特性:どちらでも
確定技:とんぼがえり
選択肢:すてみタックル/ギガインパクト/おんがえし/でんこうせっか/フェイント/アンコール/みがわり

上と被るようで被らない。こっちは最速仕様だし

アデク型

レベル:75
性別:♂
性格:解析によりれいせいと判定したが未確認
特性:ねんちゃく
持ち物:無し
技:さきどり/むしのさざめき/きあいだま/エナジーボール

冷静のくせにリーグ最速。
↑特性確認。

サブウェイ型

その1
性格:おくびょう
努力値:特攻素早さ255
持ち物:きあいのタスキ
確定技:むしのさざめき きあいだま アンコ-ル まもる

さざめきと気合玉の相性補完はなかなか良く若干火力不足が目立つものの最速での攻撃やアンコールでのサポートでそれなりに役に立つ。

ただこの型、パートナーの場合だと耐久重視で出てくるのだ。別に地雷ではないが自分の手持ちが全て死に手持ちがコイツだけになるとアギルダーの攻撃→火力不足で耐えられ→返り討ちで即死というパターンになることが多い。耐久重視なのに。


↑攻撃重視でも出てきたぞwしかもコイツはかなりの地雷だった。
何故か初手が絶対に決まってアンコール。コイツより先に動いてるポケなんているわけもなく「うまくきまらなかった!」になる。
7試合やって7アンコミスは当たり前。自分のときは7試合12アンコミスしやがったw

ちなみにPWTでももちろん使えるが、自分で使うには問題ない強さである。

その2
性格:おくびょう
努力値:CS255
持ち物:ヤタピのみ
技:エナジーボール/こらえる/ヘドロばくだん/むしのさざめき

↑と違い、攻撃重視で出てくる型。
別に地雷じゃないが、特攻100で全ての攻撃技の威力が90以下だといかんせん火力不足

その3
性格:おくびょう
努力値:HS255
持ち物:きあいのタスキ
技:むしのさざめき/いのちがけ/きあいだま/とんぼがえり

いのちがけをする型。
ただ撤退用の蜻蛉返りはともかく、C無振りなんだし無理に攻撃技2つ入れなくても・・・

その3
性格:せっかち
努力値:特攻と素早さ
持ち物:きあいのタスキ
技:アンコール/むしのさざめき/ギガドレイン/さきどり

アデクと同じさきどり型。
必ず先手アンコ撃ってきますw先取り狙ってくることも。

バーサーカー型

性格:おくびょう
努力値:CS全振り
持ち物:こだわりメガネ
確定技:むしのさざめき
選択肢:きあいだま/エナジーボール//めざパ(炎/氷あたり)/とんぼがえり/いのちがけ

高速虫であるバーサーカーテッカに対抗して。

アララギ博士(アニメ)型

性格:おくびょう
技:みがわり/じこさいせい/でんこうせっか/はかいこうせん
(以下進化前)ようかいえき/エナジーボール/まもる

チョボマキ時代にベルのポケモンとしてライモンジム戦で使用、
カミツレのゼブライカには全く敵わず育てが足りない。

再登場時には気弱で人見知りな性格だと判明するも
アララギ博士のカブルモと交換し進化する事で改善され
そのままアララギ博士のポケモンとなった。

まさかの砂撒き型

性格:素早さor耐久の上がるもの
努力値:S252or調整 残り耐久
持ち物:さらさらいわ/きあいのタスキ/だっしゅつボタン など
特性:ねんちゃく
確定技:すなあらし
選択技:とんぼがえり/いのちがけ/アンコール/アシッドボム/まきびし など

こいつでする意味があるかは分からないが、撒いた後にいろいろできるかもしれない。
スカーフで奇襲を受けても、タスキで耐える→砂嵐→砂ダメで退場で後続に繋げたり。

怪傑ア☆ギルダー型

性別:おそらく♂
努力値:S252は確定、残り特攻でも
技:こうそくいどう、かげぶんしん、スピードスター、むしのていこう

BW57話に登場したホドモエのローカルヒーロー、怪傑ア☆ギルダーのパートナー。
アニメ上の演出とはいえむしのていこうで絶対零度を相殺するありえん(笑)な展開を見せた。
余談だが、この回の敵役フリージ男のパートナーはフリージオではなくバニリッチだった。
理由はフリージオが強すぎて捕まえられなかったというショボイもの。
↑アギルダーの方がレベルが上だったのかも。
↑2 コイツ跳び蹴りが使えるようだな;
しかしフリージオが強いのには同意。アニメではともかくDSではネジ山からずっとオトモだった。

このアギルダーの声優は石塚運昇。ちなみにア☆ギルダーの声優は細谷佳正。ドンバトルでも審判(ドン・ジョージの弟子らしい)役として出演していた。


速さ追求型

性格:素早さアップならなんでも
特性:かるわざ
努力値:素早さ252 HP4n+1調整 残り攻撃
持ち物:カムラのみ
確定技:みがわり、こうそくいどう、フェイント
こうそくいどうを使い、相手の攻撃でカムラが発動しなかった場合はみがわりを使用し、
その後にフェイントをすることで誰も到達することのできない素早さで攻撃できる。

素早さは合計4段階アップすることとなる。
高速移動を2度することができれば6段階アップでまさに神速!

トリックルーム?やめてくださいしんでしまいます


ニンジャスレイヤー型

性格:おくびょう、むじゃき、ひかえめ他
特性:お好みで
努力値:C252 S252 S調整もあり?
持ち物:きあいのタスキ
確定技:むしのさざめき、めざパ岩、フェイント
アギルダー「ニンジャ殺すべし」
テッカニン:めざ岩で一撃、まもる連打やバトンで逃げようとしてもフェイントが一撃 慈悲はない
ヌケニン:やはりめざ岩で一撃 厄介な補助技を使うようならアンコ・ジツで縛ってしまうのもいいだろう
ゲッコウガ:むしのさざめきで一撃 ミズスリケンもフェイントの速さには及ばない

アギルダーが一番ニンジャスレイヤーに似てると思ったので



覚える技

レベルアップ

チョボマキ アギルダー タイプ 分類 PP 備考
1 1 きゅうけつ 20 100 むし 物理 15
- 1 アシッドボム 40 100 どく 特殊 20
- 1 でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30
- 1 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
4 - ようかいえき 40 100 どく 特殊 30
- 4 アシッドボム 40 100 どく 特殊 20
8 - がまん 1 - ノーマル 物理 10
- 8 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
13 - のろい - - ゴースト 変化 10
- 13 でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30
16 16 むしのていこう 30 100 むし 特殊 20
20 20 メガドレイン 40 100 くさ 特殊 15
25 - あくび - - ノーマル 変化 10
- 25 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
28 - まもる - - ノーマル 変化 10
- 28 さきどり 1 - ノーマル 変化 20
32 - とける - - どく 変化 40
- 32 こうそくいどう - - エスパー 変化 30
37 37 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
40 - のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
- 40 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20
44 44 むしのさざめき 90 100 むし 特殊 10
49 49 じこさいせい - - ノーマル 変化 10
52 - ガードスワップ - 100 エスパー 変化 10
- 52 パワースワップ - 100 エスパー 変化 10
56 56 いのちがけ 1 100 かくとう 物理 5

技マシン

マシン タイプ 分類 PP 備考
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技09 べノムショック 65 100 どく 特殊 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技76 むしのていこう 30 100 むし 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10

タマゴ技

タイプ 分類 PP
こらえる - - ノーマル 変化 40
バトンタッチ - - ノーマル 変化 40
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
アンコール - 100 ノーマル 変化 5
ガードシェア - - エスパー 変化 10
こころのめ - - ノーマル 変化 5
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
まきびし - - じめん 変化 20
フェイント 30 100 ノーマル 物理 10
おいうち 40 100 あく 物理 20

教え技

BW2 タイプ 分類 PP 備考
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
いえき - 100 どく 変化 10
シグナルビーム 75 100 むし 特殊 15
むしくい 60 100 むし 物理 20
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10

遺伝経路

こらえる カブルモ(Lv8)、ヘラクロス(Lv1)、クルミル(Lv29)
バトンタッチ ストライク(遺伝)、レディバ(Lv22)、アメタマ(Lv43)、テッカニン(Lv45)、ペンドラー(Lv30)
すてみタックル レディバ(Lv38)、クヌギダマ(Lv45)、バルビート(Lv45)フシデ(Lv43)、カブルモ(Lv56)、メラルバ(Lv50)
アンコール ツボツボ(Lv7)、バルビート(遺伝) (イルミーゼは♀のみなので不可)
ガードシェア ツボツボ(Lv55)
こころのめ ツチニン(Lv19)
どろかけ ツチニン(Lv31)
まきびし クヌギダマ(Lv28)
フェイント ヘラクロス(Lv49)、ストライク(Lv61)、ナックラー(Lv81)、メガヤンマ(Lv38)
おいうち スピアー(Lv22)、ストライク(Lv9)、ヤンヤンマ(Lv30)、フシデ(Lv15)

遺伝

タマゴグループ
孵化歩数 3840歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別 ♂:♀=1:1