※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何かと面倒な共有サーバーでのPEARのインストールを簡単に
行える方法としてgo-pear.phpがありますが
現在webの検索で引っかかるものでは古かったりするものが多いのでまとめました。

今回はロリポップで設置・動作をしましたが基本的に共有サーバーで動くはずです


(1)まずgo-pear.phpを用意する必要がありますが
よく出てくる http://go-pear.org/ はドメイン切れ。
http://pear.php.net/go-pear では古いためエラーとなって
動きません
http://d.hatena.ne.jp/tdoi/20111228/1325054820
の中で記述されている
http://test.fr-soft.com/files/go-pear.phps
を使う必要があります。
こちらをダウンロードしてgo-pear.phpという名前で保存してください

(2)これを適当なディレクトリにFTP等でアッフロードします。
今回は
/home/foo/bar/web/lib/go-pear.php とします

そしてブラウザから
http://xxxxxx/lib/go-pear.php にアクセスします

(3)下部のnextをクリックします。

(4)もろもろの設定します
Installation prefixがインストール先ののディレクトリ
php.exe path, optional (CLI command tools)がPHPのパスとなります
PHPのパスに関しては各サーバーのマニュアル参照のこと
だいたい /usr/local/bin/php になるはずです
あとはとくにデフォルトのままで問題ありません

(5)Installをクリックします
いくつか警告が出ることもあるようですが
Installation Completed !
と出れば問題ありません

(6)index.phpの修正
/home/foo/bar/web/lib/にindex.phpができているので
こちらをDLして下記の修正をします
$pear_dir = '@pear_dir@';

$pear_dir = ' /home/foo/bar/web/lib/PEAR';
※各自の環境にあわせてください

(7)各パッケージのインストール
http://xxxxxx/lib/index.php にアクセス

Quick-install a package
に欲しいパッケージ名を入れてinstallボタンを押すと自動的に
インストールされます。今回は
Net_URL2などをいれてます。

(8)インクルードパスの設定
最後にhtaccessで
php_value include_path ".: /home/foo/bar/web/lib/PEAR/"
を設定してあげると
phpで使う際には
require_once('HTTP/xxx.php');
で呼び出せます。

またPEAR内部ではrequire_once('HTTP/xxx.php');で
呼び出されているのでこれがないと動キません

ただし、ロリポップでは上記の記述が効かなかったので
phpに
ini_set('include_path', " /home/foo/bar/web/lib/PEAR/ ");
と書いて対応しました

※なお、ディレクトリの絶対パスをしらべるPHPを参考として下記に書いておきます
echo getcwd();