※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

飛び蹴り - Flying kick


ダメージ 消費スタミナ スタミナダメージ 発生F 有利F 攻撃範囲 状態 備考
ヒット ガード ヒット ガード ヒット ガード
15.0% 3.7% 20.6% 15% % 18 -1 +8 密~遠(0~29) 空中

飛び蹴りを放ちます。
隙は大きいですが、技の性質上、遠く離れた相手にも攻撃することができます。
ver.4.2.0 追加
ver.6.4からはガードを崩す効果はなくなりました。



長距離を移動しながら攻撃する技。
旋風脚流影崩掌の中では威力が高く、その威力はカオスレベルのソウルフィストに次ぐ。
攻撃がヒットすればハイキック並みのダメージ、ガードされても相手より速く動けるため、
ガードされてもヒットしてもある程度有利な状況を作れる。
ただし、発生はあまり早くない上、すこしにじり寄ってから急接近するので反撃を受けやすい。
発生が遅くて隙が少ないタイプの突進技のような性能を持つ。

なお、ver.6.4以降ではガード崩しの効果がなくなり使えなくなった連が出来たが、
ガード時の硬直の長さを利用した新たな連が出来た。
SBアッパーだと飛び蹴りをガードしても反撃することができる。



ver.6.4以降に出来た連。 飛び蹴りをガードさせると確実に相手を浮かすか、相手のガードを崩す。
同じくver.6.4以降にできた連。 飛び蹴りをガードさせると確定でジャブ連が入り、ヒットしても1F不利でジャブ連ができる。


対策

  • 遠距離ガード時飛び蹴り
こちらがダークウォールを張っていると当たらない。
ヒットすると15%のダメージを受けるが、ガードしてしまうとブレイクアッパーによる
ガード崩しからの追撃を受け、後につなげる技によっては20%以上のダメージを受けてしまうこともある。
飛び蹴りの性質上、近~中距離では使いづらいので積極的に近づく。隙時または攻撃時に何らかの攻撃をして迎撃する。
飛び蹴りをガードしない。(飛び蹴りをくらうか、避けなどで攻撃を避ける。) 
または、近攻撃時SBアッパーリジェクトガード真・雷撃崩掌で避ける。
リジェクトガードだと、飛び蹴りをガードしても硬直を無視できるうえに、ブレイクアッパーを避けることもあるので有効。
|