飛び膝蹴り - Jumping knee kick


ダメージ 消費スタミナ スタミナダメージ 発生F 有利F 攻撃範囲 状態 備考
ヒット カウンター ガード ヒット カウンター ガード ヒット カウンター ガード
12.0% 18.0% 3.0% 11.8% 12.0% 18.0% % 9 +9 +23 -6 密~近(0~6) 空中・カウンター・カウンター時ふっとばし

飛び膝蹴りを放ちます。隙は大きいですが、高い威力を誇る攻撃です。
ver 3.0.0追加
ver 7.4からはヒットした場合、相手が大きく反り返るようになりました。
ver 8.0からはカウンター時に威力が増し相手を宙に浮かすようになりました。


フックという超えがたい壁があった技。
技の出の早さでは惨敗であり、隙もおおきいのでフックより使いづらくなっていたが
Jハイキックに負けじとver.7.4で超強化され、火力源のひとつとなった。
また、ver8.0に追加されたカウンターができれば特大ダメージを与えられるうえに相手を浮かすこともできるが、
狙ってやることは難しいのでハイリスクハイリターンと言える。
発生の遅さと隙の大きさは相変わらずなので、上手く(カウンター)ヒットさせたい所。


短所は発生の遅さと隙の大きさ、範囲の狭さ。
まず隙の大きさはガードされるとフック閃光三連腿などによる反撃が確定する程度。
数値上ガード時の有利Fは-6とそれほど高くはないが、フックを1発受けるだけで12%ダメージを受けてしまうので無視できない。
後につなげる技にもよるが、例えば飛び膝⇒ハイとして飛び膝がガードされるとボディーブローなどに割り込まれる。
仕様上フロントキック真・流影崩掌グラスバーグなど発生5,6Fの技の反撃は受けない点はプラス。

発生の遅さだが、ボディーブロー崩拳に割り込めず、真・流影崩掌をガードしても反撃ができない。
技をガードしてこの技で反撃が確定する技は、相手が単発で使ってくるとした場合、
崩拳流影崩掌ドラグフォーゼ貼山靠ソウルストレート(C)真・雷撃崩掌6技のみ
コンボの間に割り込める条件は、「-前の技の有利F+発生F≧飛び膝蹴りの発生F(9F)」なので割り込める技もかなり限られてくる。
ぶっぱするにも、同発生のブレイクアッパーと違って、ガードさせても何の旨味もないので発生の遅さは大きな短所となる。

攻撃範囲はフックと同等で、上段技ではないので避けられる心配もないが、空振りには一応注意しよう。


短所は大きいが、その分上手く(カウンター)ヒットさせたときは大ダメージを与えて追撃までできる長所を持つ。
単に、飛び膝⇒猛虎とするだけで28%(Ch時34%)ダメージを与え、
例えば 飛び膝(CH)⇒フックフロントキックフックがカウンターヒットで決まれば
47%ダメージを与えることができ、
飛び膝(CH)⇒ガード(短)⇒Bニーがカウンターヒットで決まれば
32%ダメージ+ふっとばしと莫大なリターンを得ることができる。
そのほかにも様々な連を組むことができるので、この技を使うときは如何に短所を補い長所を生かすかがカギとなる。


余談だが、極式には「膝蹴り」という技があるが、そちらは発生が早く燃費が並程度の上に隙も少なくCHまでついていると、
癖が強い無印版の「飛び膝蹴り」と違い、極式の技の中でも扱いやすい技の部類に入っている。
また、極式にも「飛び膝蹴り」という技があるが、
それの性能はver8.9以前のBニーキックに近い性能をしている。


ハイキックなど一部の技に繋げるときはカウンター時に隙時ロジックが誤爆してしまうので
そういうものには連の最後にガードなどを仕込もう。
ちなみに、猛虎はヒット時、カウンター時ともに安定してヒットする。
  • ジャブ⇒飛び膝蹴り (近距離時で使用)
ジャブはヒットさせる。 相手の隙時を誘って飛び膝蹴りでカウンターを狙う連で、ボディーブローなどをつぶすことができる。
47%ダメージを与えることができるが、飛び膝がカウンターヒットしたとき以外は最後までつながらなく
カウンターが難しいので浪漫連といえる。
飛び膝がカウンターヒットさえすればBニーにつながり、さらにさまざまな技につなげることができる。

対策

ジャブ後の飛び膝蹴りはフックで逆につぶすことが可能。
原理はボディーブローBニーキックと同様なので、Bニーキックのページも参照。

|
添付ファイル