※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Glasses of Urza Cup 1stは、参加者17名、スイスラウンド4回戦にて行われました。
優勝は白赤ヒバリを駆使したタカハシヨシユキさんでした。おめでとうございます。
Champion:タカハシ ヨシユキ
 Deck:WR Lark
Maindeck
4《運命の大立者/Figure of Destiny》
3《モグの狂信者/Mogg Fanatic》
4《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
3《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
3《目覚ましヒバリ/Reveillark》
4《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》

3《流刑への道/Path to Exile》
4《精神石/Mind Stone》
4《幽体の行列/Spectral Procession》
4《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
2《神の怒り/Wrath of God》

3《平地/Plains》
3《山/Mountain》
4《風立ての高地/Windbrisk Heights》
4《反射池/Reflecting Pool》
4《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
4《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》

Sideboard
3《耳障りな反応/Guttural Response》
2《火山の流弾/Volcanic Fallout》
2《神の怒り/Wrath of God》
2《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
2《苦悩火/Banefire》
3《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》
1《炎族の先触れ/Flamekin Harbinger》

2nd:ヨシカワ ユウタ
 Deck:WR Lark
Maindeck
4《運命の大立者/Figure of Destiny》
4《モグの狂信者/Mogg Fanatic》
4《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
3《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
1《迎え火のしもべ/Balefire Liege》
2《目覚ましヒバリ/Reveillark》
4《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》

4《流刑への道/Path to Exile》
3《精神石/Mind Stone》
4《幽体の行列/Spectral Procession》
4《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》

4《平地/Plains》
3《山/Mountain》
4《風立ての高地/Windbrisk Heights》
4《反射池/Reflecting Pool》
4《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
4《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》

Sideboard
4《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
4《神の怒り/Wrath of God》
1《目覚ましヒバリ/Reveillark》
3《耳障りな反応/Guttural Response》
2《苦悩火/Banefire》
1《迎え火のしもべ/Balefire Liege》
■デッキ分布:
  • トースト系(注)…5
  • 白赤ヒバリ…4
  • キスキン…2
  • フェアリー…1
  • エルフ親和…1
  • 赤白コントロール…1
  • 黒白ゾンビ…1
  • 青白コントロール…1
  • 白黒緑コントロール…1
 (注)複数の《鮮烈/Vivid》系土地と《反射池/Reflecting Pool》を用いたコントロールデッキを便宜上"トースト系"と定義しています

■所感
トップ2のデッキを載せていますが、トップ3までデッキはすべて白赤ヒバリでした。
キスキンは白単とタッチ赤(《復讐のアジャニ》とサイドの《苦悩火》)、トースト系は個々のチューンが大きく違っています。
コントロールデッキ同士のマッチアップが多く、引き分けが非常に多く見られる大会でした。