____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとはデジカメで撮りたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも知識もないし
  |     (__人__)    |  どれを選んだらいいかわからないお…
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   だからここを見るお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


デジカメ

マクロ機能

 フィギュア撮り用に買うなら、一番重視したいところがここです。
必ずしも毎回、アップで撮るわけではないでしょうが、
小さいフィギュアなどは近づかなければそれないの大きさで撮れませんし、
アップの構図というのも良いものです。1cmまで寄れるものを。

液晶画面

 撮った画像を確認できれば良い、と特に意識することもないかもしれませんが
中にはピントが合ってないものがあったりするのです。そこでしっかり
ピントが合ってるかどうか確認できるのが高解像度の液晶画面を搭載したモデルです。
安い初心者向けなどだと、この液晶画面はたいてい23万画素ですが、
中級機以上のだと92.1万画素の液晶を搭載したりしています。
ピントの山を掴みやすいだけでなく、撮影した写真もより奇麗に確認できます。

ここで一つ注意ですが、それぞれ23万画素・92.1万画素と言っても、
単純に縦x横のドットを掛けた数字ではありません。
縦x横の数字を掛けた後、更にRGB分の「3」を掛けた数字がこの数値です。
23万画素は320x240x3で230,400画素、92.1万画素は640x480x3で921,600画素。
つまり解像度的にはそれぞれQVGAとVGAということ。見やすさは比べると段違いです。

ズーム倍率

 フィギュア撮りの場合は無視して良いと思いますが、外でも風景を撮りたいとか
水族館でイルカショーを撮りたいというなら話は別です。
その場合はズーム10倍などの高倍率モデルを買いましょう。

バッテリー

 昔よりも撮影枚数は伸びましたが、動画撮影などをするとすぐ無くなってしまいます。
予備バッテリーがあると安心できるので買うと良いです。ただし純正品は高いので、
節約したい人はROWAが出している互換バッテリーをお薦めします。
信頼重視の方は普通に純正品で。

暗所撮影

 これに関しては以前まで富士フイルムのカメラが文句なしに最強でしたが、
裏面照射型CMOSイメージセンサーが開発され、搭載された物がSONYから
登場してからはSONY一択と思います。最近のはSONY以外も同様に
裏面照射型CMOSを搭載していますが、SONYのカメラには6連写して
合成することでノイズを無くす機能があり、裏面照射型CMOSと相まって
暗所でも奇麗に撮影ができるのです。

価格

 何を差し置いても、最終的にこれが時に悩みの種となります。
ですが、自分の欲しい機能がやデザインを持っていたらいくらでも
良いと思います。予算の許す限り、限界の物を買いましょう。

ここまでなんだかんだ言いましたが、お薦めはリコーのCX4です。
10倍ズーム、3型92万画素液晶、裏面照射型CMOS搭載、1cmマクロ撮影など、
上で言ってたことが全部入っている機種です。値段も2万円ほど。
SONY製品にも同様の物はありますが、少し価格が上です。
6枚連写合成機能が欲しい場合はSONY製品を。

デジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラの場合、レンズの方が遙かに重要なので、
デジタルカメラほど本体の機能にこだわる必要はないです。

背景を究極にぼかしたい

 背景をぼかすことでメインの被写体以外の不要な物がボケて、
映したい物をしっかり主張・強調できます。ぼかす方法はいくつかあります。

【其の一、F値の小さいレンズを使う】

 キットレンズなどは通常、F値が3.5スタートで、思ったほどぼかせません。
デジカメと比べると大分ボケてはいるのですが。そこでF値の小さいレンズ。
 F値が小さいと被写界深度(ピントの合う範囲)が狭く、背景を驚くほどぼかすことができます。また、光を多く取り込めるので暗所でもシャッタースピードを落とすことなく撮影できます。どのカメラメーカーもF1.8程度のレンズを販売しているので、欲しい場合はそれを購入しましょう。

【其の二、広角よりも望遠で撮る】

 これはデジカメでもそうなのですが、広角よりも望遠で撮った方が背景をぼかす事ができます。望遠と言っても、撮影距離の問題もありますのでキットレンズの望遠端くらいでないと、離れていって意味が無くなるのでそこだけ注意。

【其の三、被写体と背景の間を開ける】

 フィギュアの場合、これは重要です。撮影スタジオなどの場合はそれほど間を取れないかもしれませんが、それ以外の場所で撮るなら間を開けましょう。そうすると背景がよりボケます。

マクロレンズを使おう

 フィギュアを撮るなら当然、おパンツも撮りますよね?そんな時は限界まで寄れて、大きく映せるマクロレンズ!フィギュア撮りだけに使うなら本体を中古で安く買い、マクロレンズだけ新品で買うのが一番良いかも。
 風景や人物も撮りたいなら、エントリーモデルのダブルズームキット購入がお勧めです。最近のエントリーモデルで選ぶのなら、CANON Kiss x4、Nikon D3100、SONY α55、PENTAX k-rあたり。