アガルマトフィリア(人形偏愛)
 ズーフェリア(動物性愛)
 フォーミコフィリア(昆虫性愛)
 オフィディシズム(爬虫類性愛)
 アヴィソドミー(鳥獣性愛)
 ミクソスコピック・ズーフィリア(動物の性行為をのぞき見て興奮する)
 デンドロフィリア(樹木性愛)
 ヒエロフィリア(聖物性愛)
 スペクトロフィリア(霊体愛好。神や天使との妄想にふける)
 マシン・セックス(機械性愛。愛車のマフラーといたしたりする)
 サイドロドロモフィリア(列車性愛)
 ピロラグニア(火炎にグッとくる)
 エストペクトロフィリア(鏡に映ったものに性的興奮を覚える)
 スードウズーフィリア(疑似獣姦。ネコ耳に絶賛大興奮)

 等々。世間には人間以外のものに性的な興奮をおぼえる倒錯者の方々がたくさんいらっしゃいますね。たとえば君なんかもネコ耳大好きなスードウズーフィリアだったりするし。

 めくるめく異常性癖の世界。少し珍しいところでは、むかし日本の東北地方にはつららを見て興奮するという奇態な百姓がおりました(シガマフィリア)。

 軒から垂れるつららを眺めていた百姓が、「あー、あのつららみたいに美しい女と結婚してーなー。萌えー。つらら萌えー」みたいなことを考えて、いろいろとエロい妄想を膨らませておりました。するとその晩、変態百姓ハウスの戸を叩く者がある。玄関先に立っていたのはつららのごとく透き通るような肌の美女で、開口一番「あ、こんばんはー。婚活中なのでめとってくださーい」みたいなこと言うわけ。つらら性愛症におかされていた百姓もこの女に限っては正常な男性反応を示し、結婚を即断します。

 ところがこの美女妻、なぜか風呂に入るのをものすごく嫌がる。これにはさしもの変態百姓も少し困ってしまいます。
「たしかにおらは変態だ」
「知っております」
「だが、おなごの汚れた体に興奮するような、そういうベクトルの変態嗜好は持ち合わせてねえだよ」
「はあ」
「変態にもいろいろあるだよ。おらはおめえ様の青っちろい柔肌とつららとを重ね合わせて欲情するっちゅう、つらら性愛の変態だから、おめえ様がきちんと風呂さ入って垢を落としてくれねえと、つららのように透明感のある肌の感触を存分に楽しめねえだよ」
などと、きわめて変態的な見地から女房を説得し、夜の営みの前に女房を無理やり風呂に入れさせたのでした。

 女房の入浴中、百姓は軒先のつららをいやらしい目つきで眺めることでテンションを高めていたのですが、それにしても女房の風呂が長い。かれこれ1時間以上は経っている。じらしすぎだ。待ち切れねえだ。もういい。風呂でしちまおう。そう考えた変態百姓が風呂場に乱入したところ、不思議なことに女房の姿はなく、浴槽には女房の櫛と氷のかけらのみがぷかぷかと浮いているばかり。変態百姓大ショック。要するに、女房の正体はつららの妖怪変化だったので、お湯で体が溶けてしまったのだね。

 とまあ、世の中は性的倒錯者が報われないように出来ているわけですよ。だからきみもほら、いつまでもネコ耳ネコ耳と騒いでいたところでどうしようもないじゃない。現実と折り合いをつけよう。しっかりするんだ。


名前: