地獄の尚書長にしてサタンの衣裳係。基本的にはラバ的な姿をとっているけれど、孔雀の羽根をあしらったりしていてなんだかどことなくカマっぽい。よく知らないけどKABA.ちゃんとかいう人にみた目がすこし似てるね。
 しかし、みた目がカマっぽいとはいえいやしくも位の高い悪魔であるため、おろそかに扱ってはいけない。このひとを崇拝していたセファルヴァイムの人たちは、このひとに生贄として焼いた子供を捧げていたとさえ言われるぞ。

 というか、サタンの衣裳係などという仕事は果たして生業として成立するのだろうか。第一あのひと、コウモリみたいな羽が背中についていたり、身長が1万2000メートルあったりするじゃない。そんなおかしなひとに対して服のあつらえようがあんのかな。
 実際、サタンさまの描かれた絵を見ると基本的にマッパでいることが多く、要するにアドラメレク先生は仕事をしてないな。きっとこの「サタン衣裳係」という職務は天下りした堕天使が腰掛けるために作られた名前だけのポストなのでしょう。地獄は腐敗している。悪魔ってマジきたねーなー。





名前: