溝出(みぞいだし)。
 とある貧乏人が亡くなった時のこと。残された身内もとうぜん貧乏人なわけで、葬式をあげる金もない。貧すれば鈍すとはよく言ったもので、せめて簡素な墓でも建ててやればよいものを、貧乏遺族たちは故人の死体をつづらに入れてそのへんにほっぽり捨ててしまいます。
 後日。打ち捨てられたつづらがガタガタと鳴り出したかと思うと、とつぜん白骨がつづらを破って飛び出し、そしてその白骨は子門真人の「ホネホネ・ロック」もかくやとばかりに皆の前で踊り狂ったのだそうです。こんなにも滑稽で悲しい踊りを、君は見たことがあるかい。

 こんな話もあるよ。

 鎌倉時代、戸根八郎という武士がいたのだけれど、このおやじが『北斗の拳』の中ボスみたいなメンタリティの持ち主で、つまり自分の部下の命をなんとも思っていないようなくされ外道だったわけ。ある家来が死んだ時などは、その持前の冷酷ぶりをいかんなく発揮し、負櫃に死体を詰め込んで海へと投げ捨ててしまうのでした。
 ところが潮の流れの関係か、打ち捨てられた負櫃は元の浜辺へと流れ着きます。しかも櫃の中から異様な歌声が漏れ聴こえるというのでたちまち近隣の噂となり、それを聞きつけて近所の寺の坊さんが浜辺にやって来ました。坊主が耳を澄ますと、たしかに櫃の中から「博物館の恐竜が いっしょに浮かれておどったぜ ホネホネロック ホネロック」といったかんじの、伸びのあるソウルフルな歌声が聴こえてくるではないか。これには坊主も驚いた。なんとソウルフルな歌声じゃろうか……坊主はその類まれなる歌唱力にいたく感動し、しばしいっしょに浮かれて踊ったのち、櫃をお寺に持ち帰ってねんごろに弔ったところ、その後は櫃の中から張りのある歌声が聴こえることはなくなったのだとか。
 いっぽう、悪の侍・戸根八郎はどうなったであろうか。彼はその後、負け戦で敗走しているところを敵に射殺されてしまうのですが、彼の死んだ場所は由井の浦辺。奇しくもそこは、かつて彼が家来の遺体を海へと投げ捨てた地でありました。きっとバチが当たったのだね。だからみんなも、自分の部下や後輩が死んだ時はつづらに入れてそのへんに捨てたりしないようにしようね!




名前: