※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 キリスト教でいう「七つの大罪」のうち「怠惰」を司る悪魔。旧約聖書に登場するモアブ人の崇拝していた神「バアル・ペオル」がその前身とされます。

 発見と創意工夫の魔神とされ、また同時に性愛・生殖・屁など、猥褻なものや不潔なものに関わりの深い悪魔とも言われます。そういったイメージがあるものですから、後世この悪魔の図像は洋式便器に座った姿で描かれることが多いです。(図1参照)

 なお、プランシーの『地獄の辞典』には以下のようなことが書かれています。
「人々はこの魔神に椅子式便器を捧げて敬意を表し、汚らわしい排泄物を奉献し、それが彼にはふさわしいのだという」
 すげえな。それって一歩間違ったら集団による陰湿ないじめだよ。
 あ、そういえば、似たような崇敬の受け方をしている人がもう一人いたよね(図2参照)




↑(図1)




↑(図2)



名前: