※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 姫路城の天守閣に居を構える妖怪です。お城の一隅を占拠する家賃代わりに、年に一度城主と面会して城の運命を教えていたそうです。
 その正体は、一般的には妖狐の類と言われています。八百匹の眷属や蝙蝠を使役し、人の心や世間の動きを自在に察知して弄ぶとのこと。猪苗代城の妖怪姫「亀姫」は長壁姫の妹であるという設定もあります。

 むかしお城のみんなで「妖怪のいる7Fまでおしっこ漏らさずに行けるか」という趣意の肝試しをすることになり、齢十八歳の森田図書が小姓代表として選抜されました。森田くんは周囲にただよう妖気と破裂寸前の膀胱に注意を払いつつもなんとか最上階に到達。するとそこでは十二単をまとった貴人とおぼしき女性が書物を読んでいて、文机に目を落としたまま「お前は何をしにここまで来たのじゃ」と威圧的な声で訊いてくるわけ。それを聞いた森田くん、恐怖でパニック状態に陥ったのか、あるいは単に阿呆だったのか、馬鹿正直に「いやその、ここにバケモノがいるというので肝試しにやってきました」とずけずけと言い放ちました。常識的にいって、レディーの部屋に勝手に侵入したあげく「肝試しにやってきたよ」なんてこと言うのはめちゃくちゃ失礼ですよね。ホットドッグ・プレスの「彼女の部屋で絶対言ってはいけないこと」特集のなかにもたしかそんなことが書いてあった。ホットドッグ・プレスが言うからには、もはやこれ三千世界の真理である。ここへきて森田くんの命運もついに尽きたかと思われた。
 しかし森田くんにとって幸いなことに、長壁姫さまは今でいうところの不思議ちゃんであったため、逆に森田くんの馬鹿正直ぶりを喜び、肝試し達成の記念品として兜の錣(しころ)をプレゼントしたのであった。なんだ君たちお似合いじゃん。もう付き合っちゃえよ。





名前: