19世紀~20世紀初頭、アメリカのウィスコンシン州やミネソタ州あたりの木こりたちの間で大いにうわさとなった怪物。

 要はチャラい毒ヘビなんですが、やたら鮮やかな色彩をしていて、猛スピードで木こりを襲うと言われています。しかもこいつの移動方法がすごい。しっぽを自分の口でくわえて円形のフープ状となり、あたかも『機動戦士Vガンダム』のアインラッドのごとくギュンギュン廻転しながら坂道を転がってくるというザンスカールぶり。

 対策としては、高速移動するこいつの輪の中をくぐり抜けるとなにがなんだかわかんなくなって混乱するので、その隙に逃げればよいと言われています。そうはいっても、マルコンでNiGHTSを操作して空中のリングをくぐらせるのとはわけがちがうんだから、そんな離れ業が動きのとろい木こり各位に出来るはずがないような気がしますけどね。
 まあ、木こりの安否はどうでもよいけど、そんなことよりセガサターン版の『NiGHTS』は果てしなく名作でしたよね。音楽も最高だし。クリスマスナイツも買ったよ。





名前: