※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 五島列島にある一家が住んでおりました。その家には丑松という幼児がおりまして、こいつが夜中に阿呆みたいに泣きくさるため、父親が「そんなに泣くとゲドガキのバケモンに食わしちゃうよ~」なんててきとうなことを言って脅したんだそうです(ゲドガキというのは近所に実在する地名)。
 そしたら家の外から「それなら俺に食わせろ!」という声が響き、ゲドガキのバケモンが屋内に乱入。まさかマジでGGBがやって来るとは思いもよらなかった父親は丑松よりも驚き、「あっ、はい。それじゃあ、こいつが大人になったらね~」と、思わずてきとうな返事をしてしまうわけです。

 そして数年後。阿呆の丑松も阿呆なりにきちんと成長しました。何の用事があったものか、酒樽を背負った丑松がゲドガキ近辺を歩いているとGGBが再登場。「お前の親父にお前を貰ったのだ」なんてこと言って猛然と襲いかかってくるわけです。しかし丑松は酒樽をしょぼいヒモでゆわえて背負っていたのが幸運でした。樽にしがみついたGGBの怪力で縄がぷつんと切れたものだから、その隙に丑松はダッシュで逃げて無事生還。家に帰って、本当に良かったと家族で喜びあったものでした。

 だけど丑松はしょせん阿呆なので、なんの学習もせずに同じ事を繰り返します。すなわち、夜に酒樽背負ってゲドガキ近辺を歩くという行動をまんまトレースしてしまう。しかもこの阿呆は過去の体験から余計なところだけ学習していて、あれ以来めちゃくちゃ丈夫な麻縄で酒樽を縛って背負っていたものだから、今度はGGBからうまく逃れることが出来ず、ぶっ殺されて食われてしまったのでした。

 その日も家では親父がぷらぷらしていて、あいかわらず「キミ、笑顔になると笑ってるように見えるね~」「キミ、クレオパトラに似てるね~。まぁ、オレはクレオパトラに会ったことはないけど」などといった高田純次風てきとう発言を乱発していたのですが、丑松を食い終わったGGBがわざわざ家までやって来て「お前の息子は貰ったぞ」と告げたので、それにはさすがにびっくりしたのだそうです。

 あんましてきとうすぎると息子が食い殺されるのでみんなも気をつけようね。そんな教訓がこめられている話かと思われます。




名前: